「夕陽のあと」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

夕陽のあとの概要:自然豊かな島に住む二人の女性。里親として育ててきた子供と養子縁組を目指す女性と、一度手放してしまった子供を取り戻したい女性。理解し合うことのない二人は対峙し、それぞれに考えを巡らせていく。

夕陽のあとの作品情報

夕陽のあと

製作年:2019年
上映時間:133分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:越川道夫
キャスト:貫地谷しほり、山田真歩、永井大、川口覚 etc

夕陽のあとの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『夕陽のあと』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

夕陽のあとの登場人物(キャスト)

佐藤茜(貫地谷しほり)
移住プロジェクトで島にやってきた女性。ハツラツとした姿からは想像がつかない重い過去を抱えている。五月と対峙することになり、長年の想いをぶつけていく。
日野五月(山田真歩)
生まれたときから島に住む女性。夫・優一の営むブリの養殖場で働き、家族を支えている。0歳の豊和を里親として育て、本当の家族になることを望んでいる。
日野優一(永井大)
五月の夫。島を離れていたが、親の家業であったブリの養殖場を継ぐために戻って来た。五月と共に豊和を育て、養子縁組が上手くいくように懸命にサポートしている。
新見秀幸(川口覚)
五月と優一の同級生。役所に勤めていて、養子縁組の手伝いもしていた。茜に好意をよせているが、過去の事実を知ってしまいどう接するべきか頭を抱える。
日野ミエ(木内みどり)
優一の母親。忙しく働く優一と五月の代わりに、豊和の世話をすることも多い。予想外の出来事に困惑する五月をなだめながら支えてくれる存在。

夕陽のあとのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『夕陽のあと』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

夕陽のあとのあらすじ【起】

鹿児島の漁師町、長島町。妻たちは漁に出た夫たちの帰りを待っている。7歳の豊和もその一人だ。朝食は祖母と済ませる。両親は日が昇る前から漁業に勤しんでいるのだ。同級生と楽しそうに通学する豊和に声をかける茜。1年前から町の食堂で働く女性であった。

豊和は里子である。両親は長年の不妊治療の末、豊和と巡り合ったのだ。父親の優一は親からブリの養殖場を引き継ぎ、島の住人達から感謝される存在である。仕事もようやく軌道に乗ってきたことから、母親の五月は特別養子縁組を検討していた。0歳で引き取り、豊和も7歳になる。「本当」の家族になれることを信じ、優一と五月は胸を躍らせていた。

ある日五月は、仕事終わりの茜を夕陽が良く見える場所に連れていってあげた。いつもハツラツとしている茜が、数日元気がない様子を気にかけていたのだ。「悩みがあれば聞く」という五月の言葉に、茜は何も返す言葉が見つからない様子であった。

島の子供たちの中でも特に豊和を気にかける茜。小学校のキャンプで一緒にカレーを作る最中に徐に一緒に写真を撮ってみたり、豊和にだけ子守唄を歌ったり、いつも茜の視界の真ん中は豊和だけが写っていた。その頃、優一と五月は久しぶりに二人きりのデートの最中であった。会話の内容は豊和のことばかりであった。

夕陽のあとのあらすじ【承】

キャンプから戻った豊和を迎えに行った五月は、まるで母親のように振る舞う茜の姿に違和感を覚える。さらにキャンプの夜は茜が付き添ってくれたと豊和から聞き、なんとも言えない不安を抱くのだった。

役所に勤める秀幸は茜が仕事を休んでいると知り、見舞いに行った。島のプロジェクトに参加し移住した茜。単身の若い女性は珍しく、嬉しい反面秀幸には疑問もあった。さらに幼児用のおもちゃを見つけ、疑念は深まるのだった。

豊和が島太鼓の練習で家を空ける隙に、特別養子縁組の面談を受けた優一と五月。生みの親の消息が掴めずにいると聞き、焦りを隠せなかった。特別養子縁組は8歳までと決まっているのだ。さらに、この日初めて豊和の境遇を聞いた二人。生後3か月の豊和はネットカフェに置き去りにされ発見されていた。そして生みの親の名前を聞き、茜の思惑を知ってしまうのだった。その頃、豊和は茜の家で夕食を食べていた。

全てを知り、茜の行動を思い返した五月は不安がる。茜の家を訪ねた五月はすぐに豊和を連れ帰る。その後、秀幸は茜の本音を聞くのだった。翌日、茜と対峙してしまった五月は思わず逃げ出した。しかし追いかけてくる茜に「島から出ていけ」と、豊和を奪われる不安をぶつけてしまった。それでも正直に気持ちをぶつける茜。「豊和の母親に戻りたい」という茜の言葉に、五月は拒絶反応を示してしまうのだった。

夕陽のあとのあらすじ【転】

茜は親権を取り戻そうと動き出した。養子縁組を諦めきれない五月は、茜の職場まで押し掛け「島から出ていけ」と掴みかかった。豊和の全てを知りたい五月は、置き去り事件のあった東京に行く決心をする。

当時の児童相談所の保護司に話を聞いた五月。茜は酷いDVの末、一人で豊和を育てていたという。精神的にも経済的にも追い詰められた茜には、助けを求める手段すらなかった。豊和を置き去り、大きな夕陽を前にビルから飛び降りようとしたのである。しかし、豊和のお気に入りのおもちゃがポケットから落ち、思いとどまったのだった。

五月は、茜が出所後に働いていた工場も訪ねた。丁寧な仕事ぶりを認められていたが孤立していたことを聞き、豊和に対しての想いを綴った記録を見せてもらった。子供を産む経験を知らない五月は、茜の苦悩を一部分だけ知ることができたのだった。

茜の過去を知っても豊和と離れるつもりはない五月。しかし茜が書き残した記録は持ち帰ってしまった。豊和に事情を知られたくない優一は記録を捨てようとするが、祖母は島で育てる以上いつか別れは来ることを諭すのだった。

夕陽のあとの結末・ラスト(ネタバレ)

秀幸は全てを知ったことを茜に告げた。「もう一度チャンスをください」と頭を下げる茜。その姿を目の当たりにした秀幸は「一緒になって豊和の成長を影ながら見守ろう」と声をかけるが、茜は何も言わずその場を立ち去るのだった。

茜の元を訪ねてきた豊和。五月と茜が喧嘩したと思い込み、代わりに謝りに来たという。ブリの子育て同様、島はみんなで子育てをすると優一から聞いた豊和は「茜もお母さん」だと言い残し帰宅した。

茜は五月に会いに行った。五月は茜を船に乗せ、二人きりの時間を作る。豊和を産んだ傷は7年経っても痛むと話す茜。その痛みはわからない五月だが、豊和を愛していることに自信はあった。茜もまた、豊和がいかに五月を愛しているか痛感していた。茜と五月は互いに感謝を伝え、共に大きな夕陽を見つめるのだった。

茜は島を出る決心をした。それは豊和が島を出ても居場所を作ってあげられるよう、五月と約束したからだった。最後に豊和の顔を見に行った茜は「きばれ、豊和」と呟くのだった。

夕陽のあとの感想・評価・レビュー

地域おこしプロジェクト「長島大陸映画」として製作された当作。子役はほとんど町民で構成されているというから驚く。実にのびのびとした表情が印象的。ロケーションを最大限に生かした見せ方であった。一方で「大人の事情」は実に複雑である。穏やかな自然が恐ろしく感じるほどだった。「母親になりたい」という感情ストレートに交差する模様が丁寧に描かれすぎていて息をすることも忘れそうになる。「一度の失敗」を否定しない展開には感謝する一作であった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする