映画『アダムス・ファミリー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「アダムス・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

アダムス・ファミリーの概要:今も尚ランキング上位に君臨し続ける伝説のホラーコメディ映画。誰もが耳にしたことがあるであろう印象的な音楽、奇想天外なストーリー展開、愛嬌のあるキャラクターたちなど、どれをとっても素晴らしいの一言。

アダムス・ファミリーの作品概要

アダムス・ファミリー

公開日:1991年
上映時間:100分
ジャンル:コメディ、ホラー
監督:バリー・ソネンフェルド
キャスト:アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド、ダン・ヘダヤ etc

アダムス・ファミリーの登場人物(キャスト)

ゴメズ・アダムス(ラウル・ジュリア)
アダムス一家の家長。人間とは思えない圧倒的身体能力を誇る。
モーティシア・アダムス(アンジェリカ・ヒューストン)
ゴメズの妻。魔女の血を引き、強い生命力を持つ。
ウェンズデー・アダムス(クリスティーナ・リッチ)
アダムス家の長女。常に陰鬱な空気を見にまとっている。
パグズリー・アダムス(ジミー・ワークマン)
ウェンズデーの弟。ウェンズデーによく虐められている。
フェスター・アダムス / ゴードン・グレイヴ(クリストファー・ロイド)
行方不明になっているゴメズの兄。ゴードンはそんなフェスターに瓜二つで……?
グラニー・アダムス(ジュディス・マリナ)
モーティシアの母親で魔女。
ラーチ(カレル・ストルイケン)
アダムス家の使用人。フランケンシュタインのような外見をしている。
タリー・アルフォード(ダン・ヘダヤ)
アダムス家の顧問弁護士。腹黒い人物。
アビゲイル・クレイブン(エリザベス・ウィルソン)
ゴードンの母親。アダムス家の財産を奪おうとする。

アダムス・ファミリーのネタバレあらすじ

映画『アダムス・ファミリー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アダムス・ファミリーのあらすじ【起】

とある場所に、その地域一帯において非常に有名な、巨大な屋敷が建っていた。その屋敷の持ち主はアダムスファミリー。アダムスファミリーは資産家で、莫大な富を所持していた。

しかし、その屋敷に暮らすアダムスファミリーの面々は、どこか一般の人とは変わった雰囲気を醸し出していた。一家の大黒柱であるゴメズは、髭を蓄えた雰囲気のある紳士だったが、明らかに人間とは思えない身体能力を誇っていた。そんなゴメズが溺愛する妻、モーティシアも同様である。モーティシアはなんと魔女の家庭に育ち、その影響で今まで何度も命を落としてきたが、その度に生き返るというとんでもない女性だった。

そして、そんな2人の間には2人の子供がいた。長女のウェンズデーと弟、パグズリーである。ウェンズデーはこの世の不幸を全て集約したような陰鬱な雰囲気を常に漂わせており、パグズリーは他人の楽しみをめちゃくちゃにするのが好きという、悪意に満ちたとんでもない子供達だった。

アダムス・ファミリーのあらすじ【承】

そんな彼らに、魔女の血を引いている祖母のグラニー、フランケンシュタインのような相貌をしている執事のラーチ、そして、ゴメズの幼馴染で、右手しかないという明らかに人間ではないハンドを含めた7人が屋敷で暮らしていた。

彼らは不幸や暗い雰囲気、邪悪なことを好み、外の世界の活気に満ちた、希望あふれることからはなるべく避けて暮らしていた。しかし、そんな傍から見れば陰鬱な毎日を送っているアダムスファミリーであるが、本人たちにとってそれは日常のことで、むしろ大切な家族に囲まれて日々幸せを感じていた。

しかし、ゴメズには今でも夢に見る辛い過去があった。それは、もう1人いるはずの家族の存在だった。かつて、ゴメズにはフェスターという名の兄がいたのである。ゴメズとフェスターは非常に仲の良い兄弟だったが、25年前のある日を境に、フェスターは行方不明となり、一切音信不通となっていたのである。そして、ある晩再びフェスターに関する悪夢を見たゴメズは、モーティシアに背中を押され、この度本格的にフェスターの行方を探すため調査に乗り切ることとしたのであった。

アダムス・ファミリーのあらすじ【転】

そして、フェスターを見つけるためにゴメズが掲載した写真を見て、ある人物が驚きの発見をする。その人物とは、タリーという弁護士だった。資産家であるアダムスファミリーには専属の顧問弁護士がおり、タリーはアダムスファミリーの顧問弁護士を長年勤めていたのだ。

しかし、このタリーという人物は中々に悪い人物だった。彼は、知り合いであるクレイブン夫人という、意地悪い女性の息子に連絡を取る。なんと、彼女の息子であるゴードンが、その写真のフェスターとそっくりだったのだ。

クレイブン夫人とタリーは、協力してアダムスファミリーの資産を横取りする計画を立案する。まず、彼らはゴードンをフェスターに仕立て上げ、アダムスファミリーへと送り込んだ。ゴードンの姿を見たゴメズは、その瓜二つな容姿から彼がフェスターであることを疑わず、喜んで彼を迎え入れるのであった。そして、クレイブン夫人は、ゴメズが現在持つ財産や権力は、本来長男であるフェスターのものであると主張し、それらを全てゴメズたちから奪い取ってしまうのだった。

アダムス・ファミリーのあらすじ【結】

意地の悪い母親と違い、ゴードンは純粋無垢で悪意のない子供のような男だった。彼は最愛の人であるクレイブン夫人に捨てられることを何よりも恐れており、彼女のためなら何でもしよう、とアダムスファミリーへの潜入も頑張っていた。しかし、ゴードンは徐々にアダムスファミリーと心から打ち解けていくのだった。

そして、そんな時ゴードンが雷に打たれてしまう。その衝撃で、失われていたゴードンの記憶が蘇った。なんと、ゴードンはフェスター本人だったのだ。25年前のあの日、ゴードンは事故に巻き込まれ記憶喪失となっていたのだ。そして、家族とはぐれてしまったフェスターは、たまたま会ったクレイブン夫人に拾われゴードンとして生きてきたのだった。

記憶を取り戻したフェスターは、再びアダムスファミリーと共に生きていくこととなる。そして、クレイブン夫人とタリー顧問弁護士の悪い企みは失敗に終わるのだった。家族が全員揃ったアダムスファミリーは、今度こそ本当の幸せを手に入れるのだった。

Amazon 映画『アダムス・ファミリー』の商品を見てみる

関連作品

次作 アダムス・ファミリー2

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    家出したフェスターが、バミューダトライアングルという魔の海域を通って、漁船の網に引っかかったところを拾われた、という荒唐無稽な設定には驚きです。
    しかも、クレイブン婦人のでまかせかと思えば、真実だというオチがあるのは裏をかかれたようなものがあります。

    タリーがアダムス家の書斎の「風と共に去りぬ」を開くと風が吹き出してくるシーンが、後のハリケーンと雷によってフェスターの記憶が戻るシーン、それによって悪者が命を落とすシーンに繋がっている設定は興味深いです。

    ペットのような家族のような存在の「手」のハンドは、当時の映像技術の最先端とも思われます。
    多少の違和感はありますが、スピード感でうまくごまかしています。

    ただ、ストーリー上で一家の誰がフェスターを疑っているのか、すぐにあやふやになったり、25年前にフェスターが失踪した理由が曖昧なままになっているのが残念です。

  2. 匿名 より:

    1991年の作品ですが、ゴシック調の服装や屋敷がメインなので、時代をあまり感じさせない魅力がある作品です。
    わざわざ汚い言葉を使うなど、一般的な価値観とはズレている、奇妙な一家のキャラクターが濃くて面白いでしょう。
    その濃さを見事に演じ切るキャスティングも、独特の世界感に深みを持たせています。

    能面のように表情が変わらないウェンズデー役のクリスティーナ・リッチは、子役ながらも素晴らしい演技力を発揮しています。
    モーティシア役のアンジェリカ・ヒューストンの色っぽいスタイル、執事のラーチ役のカレル・ストルイケンの台詞の無い表情だけの演技も、味わいがあり素晴らしいでしょう。
    記憶を失ったフェスターことゴードン役のクリストファー・ロイドは、アダムス家のフェスターとママに泣きつくゴードンの切り替えが見事です。

  3. 匿名 より:

    コミックスから始まり、テレビドラマ「アダムスのお化け一家」、アニメ、ミュージカルと、幅広い展開を見せた「アダムス・ファミリー」の映画第一弾です。
    不吉なことを好む奇妙な一家の話としても有名ですし、テーマソングもよく知られているものです。

    家族のキャラクターそれぞれがとても濃く、誰の話をとっても笑ってしまいます。
    ウェンズデーがナイフを持って歩いていると、彼女を咎めたモーティシアが鉈を渡すシーンは、何度見ても笑ってしまいます。
    ラストでフェスター伯父さんが白熱灯をせがまれて、口にくわえると光がつくシーンは、一家の奇抜さを最後まで表していて面白いです。

    どんなに不謹慎な行いをしていても、アダムスファミリーだから仕方ない、と思わせるほどの存在感もあり、何度見ても楽しめる、名作といえる作品でしょう。