映画『悪魔のいけにえ(1974)』あらすじとネタバレ感想

悪魔のいけにえ(1974)の概要:1974年にアメリカで公開されたホラー映画。監督はトビー・フーパー。出演はマリリン・バーンズ、アレン・ダンズィガー、ポール・A・パーティン、ウィリアム・ヴァイル、ガンナー・ハンセン、エドウィン・ニール、ジム・シードー、ジョン・ドゥーガンなど。

悪魔のいけにえ あらすじ

悪魔のいけにえ
映画『悪魔のいけにえ』のあらすじを紹介します。

舞台はアメリカ・テキサス州。サリー(マリリン・バーンズ)、ジュリー(アレン・ダンズィガー)、フランクリン(ポール・A・ パーティン)、カーク(ウイリアム・ヴァイル)、パムの5人は、田舎町のドライブを楽しんでいた。しかし一人のヒッチハイカーを拾った事から彼らの悪夢は始まった。

そのヒッチハイカーである若い男は、車に乗るなりいきなりナイフで自分の手のひらを切り始めたのだ。そして今度はフランクリンの手を切りつけた。驚いた彼らはその男を追い払って逃げ出す。

夕方になって彼らはとある一軒家を見つける。だがそここそは、ヒッチハイカーを始めとする狂人一家の住み家なのであった。突然、皮の仮面をかぶった大男に襲われる一行。チェーンソーを振り回して追いかけて来る大男によって、次々と血祭りにあげられていく一行。最後に生き残ったサリーも、ついには大男に捕まってしまう。

サリーは一家の面々に拘束される。そこでは狂人一家が勢ぞろいをしていた。一家が「おじいちゃん」と呼ぶミイラのような老人が現れ、サリーの生き血を啜ろうとしていた。こうして地獄の晩餐会が始まった。果たしてサリーは生きて逃げ延びる事が出来るのだろうか……。

悪魔のいけにえ 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1974年
  • 上映時間:84分
  • ジャンル:ホラー
  • 監督:トビー・フーパー
  • キャスト:マリリン・バーンズ、ガンナー・ハンセン、エド・ニール、アレン・ダンジガー etc

悪魔のいけにえ ネタバレ批評

映画『悪魔のいけにえ(1974)』について、感想批評です。※ネタバレあり

映画史に残るホラー映画

今作「悪魔のいけにえ」は、ホラー映画ながらもなんとその芸術性の高さゆえにニューヨーク近代美術館に永久保存されているという一品。低予算ながらも、全編を通じたショック描写が凄まじく、観客を恐怖のドン底に叩き落す事は間違いないだろう。

この映画の素晴らしさとは、観客を怖がらせるためには必ずしも流血シーンや残虐なシーンが必要ではないという事を証明した事だろう。スプラッター映画が氾濫している現代から見ると、今作では直接的に描かれた残虐シーンは皆無とさえ言える。だが、突如襲いかかるレザーフェイスの衝撃、耳に残るチェーンソーのうなり音、超アップで写す女主人公の目のカットなど、トラウマ級の演出による緊迫感は今でも古びる事はない。低予算を逆手にとった疑似ドキュメンタリー風の作りもナイスアイディアであり、後のホラー映画界に与えた影響は計り知れないであろう。

ホラー映画史に残るキャラクター

今作で登場するのは田舎町テキサスに潜む食人一家である。その中でも特筆すべきはやはり人の皮を被った大男レザーフェイスであろう。恐らく知能指数は低いか、ほとんど言葉は発さない。しかし、チェーンソーを振り回しての突進の恐ろしさは尋常ではない。トビー・フーパーが生み出したこのキャラクターは、歴代ホラー映画の中でも最も人気の高い一人と言えるだろう。「ハロウィン」のマイケル・マイヤーズ、「13日の金曜日」のジェイソン・ボーヒーズ、「エルム街の悪夢」のフレディ・クルーガーと並べても、レザーフェイスの異様さな目立っている。トビー・フーパー監督自身は意識をしていなかったらしいが、実在した連続殺人鬼エド・ゲインを彷彿とさせるキャラクター設定は、リアルな恐ろしさを観客に喚起させるだろう。彼の内面が一切描かれない以上、我々は彼から逃げるしかないのかもしれない。

悪魔のいけにえ 感想まとめ

「悪魔のいけにえ」は続編が後に4本、リメイク作品が2本も作られているほどの人気シリーズである。この作品の魅力とはもちろん殺人鬼レザーフェイスの造形とチェーンソーのうなり音なのだろうが、それ以外に彼を養う狂人一家の存在も大きい。狂人一家が協力して犯罪を犯しているという設定は、70年代のウェス・クレイヴン監督が得意としたところだが、それをここまで昇華しているのはこの「悪魔のいけにえ」シリーズだけであろう。ホラー映画界だけではなく、ホラーゲーム界においてもこの映画の影響力は大きい(例えば人気ホラーゲームシリーズ「バイオハザード4」など)。そしてこの1作目こそが、恐怖の原点であり頂点と言える存在なのだ。

Amazon 映画『悪魔のいけにえ(1974)』の商品を見てみる