『天使と悪魔』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2009年のアメリカ映画、「ダ・ヴィンチ・コード」の続編、秘密結社イルミナティが現代に姿を現しヴァチカンへ挑戦状をたたきつける。監督は前作に続きロン・ハワード、出演も同じくトム・ハンクス。

あらすじ

天使と悪魔』のあらすじを紹介します。

数人が教皇の印“漁夫の指輪”を砕く儀式を行っていた。その指輪は教皇の死後直ちに壊され部屋は9日間喪のために封鎖される。その9日間はセーデ・ヴァカンテと呼ばれる空座の時、全世界からカトリック教会の指導者が集まり教皇への祈りをささげる。そしてその喪が明けると“プレフェリーティ”と呼ばれる次期教皇候補者達はシスティーナ礼拝堂にこもりコンクラーベという会議を行って新教皇を選出するのだ。

スイスのセルン研究所である実験が行われようとしていた。危険すぎるため反対する者もいたのだが強行され結局実験は成功した。それを見たチームの一員シルヴァーノは困惑しながら“ここから先は神のご意志だ”とつぶやく。ヴェトラ教授はシルヴァーノのいる部屋へ行くが網膜スキャンを通過した後床に目玉が転がっているのをみて悲鳴を上げた。そしてシルヴァーノも実験の成功物“反物質”もないことに気付いた。慌てて別の部屋に行くと床に横たわるシルヴァーノを見つける、その顔からは片目が失われていた。

ロバート・ラングトン教授の元にヴァチカン警察が訪れた、枢機卿4名が誘拐され不思議な文字が描かれた手紙が届いたというのだ。ラングトン教授はそれがアンビグラムだと即座に見破る、そして捜査に協力してほしいと要請されヴァチカンへと向かうのだった。

評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2009年5月15日
  • 上映時間:138分
  • ジャンル:サスペンス
  • 監督:ロン・ハワード
  • キャスト:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファビーノ etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『天使と悪魔』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

アンビグラムとは

イルミナティは単語をアンビグラムにして象徴的に使っています。アンビグラムとは簡単にいうと“単語を違う角度から見ても読めるようにデザインされたもの”をいいます。つまり180度や45度など角度を変えても読めるようにするものなのです。さらにいわゆる“鏡文字”とよばれるものもアンビグラムの一種です。鏡文字は左右が反転しています、あのレオナルド・ダ・ヴィンチは鏡文字を書いたことで有名です。

このアンビグラムの名手と言われたのがジョン・ラングドンという人物で、劇中のアンビグラムも彼の作品です。主人公のロバート・ラングドンは彼の名前からきていると言われています。

イルミナティとは

1785年に当時のローマ教皇ピウス六世が異端としたため活動を終えたとされているが現在でも活動がささやかれている秘密結社です。劇中では“ラ・プルカ”という事件から組織は過激化したとされています。1688年教会はイルミナティの科学者4人を罪を清めるため(ラ・プルカ)と称して胸に十字架の焼印を捺して処刑し、その体を路上に放置するという事件があったそうです。その報復のため科学の頂点ともいえる反物質を使ってキリスト教の総本山ヴァチカンをその事件になぞらえて消そうとします。

まとめ

映画では「ダ・ヴィンチ・コード」の続編として作られていますが、こちらの方が1作目でラングドン教授がその知識を使って解決する初めての事件になっています。宇宙の起源“神の素粒子”ともいわれる反物質が宗教を壊すという科学対信仰を描いた作品です。何度も問いかけられるのは科学と信仰は対立するものなのか?ということです。私達にはいまひとつピンとこないのですがキリスト教では相反するものだという考えがあるのでしょうか。

「ダ・ヴィンチ・コード」はもちろんのこと、イルミナティとヴァチカンを扱ったこの「天使と悪魔」も謎ときの楽しさを味あわせてくれます。映画はもちろんのこと原作が本当に読み応えあって夢中になってしまいます。もし映画で色々興味がでたらぜひ原作を読んでみてください。

Amazon 映画『天使と悪魔』の商品を見てみる