映画『アポロ13』あらすじとネタバレ感想

アポロ13の概要:「ダ・ビンチ・コード」(06)のロン・ハワード監督がアポロ13号の実話に基づいて描いたSFドラマ。緊張感あふれる映像が魅力。出演はトム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン、ビル・パクストンなど。1995年アメリカ映画。

アポロ13 あらすじ

アポロ13
映画『アポロ13』のあらすじを紹介します。

月探査のために打ち上げられたアポロ13号が、度重なる事故や困難を乗り越え、無事に地球へ帰還するまでを描いた感動のストーリー。試練は、打ち上げ前から始まっていた。アポロ13号に搭乗予定なのは、ジム・ラヴェル船長(トム・ハンクス)、フレッド・ヘイズ(ビル・パクストン)、そしてケン・マッティングレー(ゲイリー・シニーズ)。
ところが、ケンに風疹感染者との接触があり搭乗は認められない。代わりに予備チームのジャック・スワイガード(ケヴィン・ベーコン)と交替することに。

そうして迎えた、1970年4月11日、13時13分。アポロ13号は打ち上げに成功。順調な飛行を続けていたが、月に到着する直前(4月13日)にトラブルが発生。まず、酸素タンクが爆発し、船外に酸素が漏れ始めます。ここまではまだ、月面着陸への希望を持っていたが、次第に船内の生命維持が難しい状態へと追い込まれてゆきます。
二酸化炭素濃度の上昇や電力の不足で船内は凍りつきそうだった。地上の管制センターとの緊迫したやり取りが続き、3人の乗員たちも必死に対応します。搭乗できなかったケンも仲間を救うべく、”電力を節約するためのベストな方法”を提案します。

今度は、宇宙船の進路が外れていることが判明。手動噴射で姿勢を制御し、なんとか切り抜けるが、月面着陸は絶望的になってしまう。その後、無事に地球へ帰還することを目指します。またまたトラブルが発生。月面着陸で得られるハズだった月の石100kgの重量が足りないことが発覚。なんとか不用品の重さで解決します。
最大の難関は、”大気圏再突入”。緊迫する約4分間に耐えられるか?無事、交信は復活し、3人の乗員は地球へ帰還できるのか?緊迫の141分。

アポロ13 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1995年
  • 上映時間:140分
  • ジャンル:SF、ヒューマンドラマ
  • 監督:ロン・ハワード
  • キャスト:トム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン、ゲイリー・シニーズ、ビル・パクストン etc

アポロ13 ネタバレ批評

映画『アポロ13』について、感想批評です。※ネタバレあり

3人が演じる、宇宙船を舞台にした密室劇

本作は、アポロ13号で起きた実際の事故を基にした映画です。結末を知っていても、スリリングな展開と命を賭けたミッションにドキドキします。宇宙では本当に何が起きてもおかしくはないということ、生と死を大きく分けるものは何なのか?

アポロ13号の事故は運命的なものに思えてくるのです。トム・ハンクスをはじめとした3人の俳優が紡ぐ迫真の演技、管制センターとのやり取りなど全てがリアルで手に汗をかきました。この映画を観ると、宇宙には行きたくないと強く思います。

本作の見どころは、ロケット内部やアポロ13号の打ち上げのシーン。NASAの全面協力のかいあって、実物と変わらない迫力があります。また、宇宙には行けなかったが、3人を地上で支えるケンの働きには感動しました。宇宙飛行士を支えるスタッフこそ、もっと光を当てるべきです。本作ではその辺も丁寧に描けていたと思います。

ロン・ハワード監督&トム・ハンクスコンビ~必ずヒットする予感

トム・ハンクスの出世作といえば、「フォレスト・ガンプ/一期一会」(94)です。「アポロ13」はその翌年に製作されていますが、この2人なら大ヒット間違いなしだと思います。トムが映画デビューを果たしたのも、ロン・ハワードの映画「スプラッシュ」(84)への出演がきっかけです。

なかでも、人気作品は、ダン・ブラウン原作の「ダ・ビンチ・コード」(06)や「天使と悪魔」(09)。トムは、主人公ロバート・ラングドン教授を演じています。筆者も大好きなシリーズなのですが、待望のシリーズ最新作「インフェルノ(原題)」が来年の秋に公開予定です。

知的さとちょっと女性にほれっぽい性格の教授を演じていますが、トムにぴったりです。昨年には、短編小説を出版したそうです。これからも多くの分野で活躍が楽しみです。

アポロ13 感想まとめ

アメリカの宇宙開拓史を語るのに欠かせない映画「アポロ13」。事故と困難に立ち向かい、地球に生還した宇宙飛行士や彼らを支える管制センターのスタッフ、飛行士の家族など多くの人の絆と運命を感じます。アメリカはまた月を目指すでしょうか?

きっとそんな日も来るのではと思います。本作の魅力は、実話の再現性だけではなく、しっかりとした人間ドラマが形成されている点です。トム・ハンクスやケヴィン・ベーコンらの熱演の賜物です。映像の見どころとして、ロケット内部やアポロ13号の打ち上げのシーンにも注目して下さい。

特に管制センターとの緊迫したやり取りや、宇宙に行けなかったケンが裏方で3人を支える姿に感動しました。宇宙に憧れる全ての人に観てもらいたい作品です。

Amazon 映画『アポロ13』の商品を見てみる