映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」のネタバレあらすじ結末

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生の概要:バットマンとスーパーマン、どちらも正義の為に戦うヒーローでありながら、彼らは敵として相対することとなる。何故彼らは戦う事になったのか。そこには巨大な陰謀が隠されていた!

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生の作品概要

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生

公開日:2016年
上映時間:152分
ジャンル:アクション、サスペンス、SF
監督:ザック・スナイダー
キャスト:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ etc

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生の登場人物(キャスト)

ブルース・ウェイン / バットマン(ベン・アフレック)
表の顔は大企業の社長。しかし裏では20年間という長きに渡ってゴッサム・シティの平和を守り続けているスーパーヒーロー。
クラーク・ケント / スーパーマン(ヘンリー・カヴィル)
超人的な力を持つスーパーヒーロー。実は人間ではなく、クリプトン星から来たクリプトン星人。
レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)
大企業の社長。スーパーマンに恨みを持ち彼を陥れようとする。
アルフレッド(ジェレミー・アイアンズ)
長年ブルースに使える執事。ブルースの一番の理解者。
ワンダーウーマン(ガル・ガドット)
突如スーパーマンとバットマンの前に現れたスーパーヒーロー。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生のネタバレあらすじ

映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生のあらすじ【起】

海外の地では、日々起こる様々な犯罪を食い止めるべく、数多くのスーパーヒーローたちが活躍しています。その中でもスーパーマンは、知名度、歴史共にトップレベルのヒーローです。

そして、今日もヴィランの魔の手が平和な街に忍び寄っていました。2013年、狙われたのはメトロポリスでした。大都会であるメトロポリスで暴れられては、甚大な被害が出る事が目に見えています。メトロポリスを狙ったのはゾッド将軍という人物で、彼を止める為姿を現したのがスーパーマンでした。スーパーマンはその超人的な力でゾッド将軍に立ち向かっていきますが、ゾッド将軍もそう易々とはやられません。彼らの戦いは熾烈を極めます。そして、彼らの戦いの余波によって街は深刻な被害を受けてしまいました。

その影響を受けたのは、ブルース・ウェインが経営する世界的な企業も同様でした。市街地にそびえ立つ彼のビルは、二人の強大な力によって倒壊してしまいます。そして最悪な事に、そのビルの倒壊に巻き込まれ自身の部下が命を落としてしまったのです。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生のあらすじ【承】

このブルース・ウェインという人物も正体は隠しているものの、実はスーパーヒーローとして活躍している一人でした。彼のヒーローネームは「バットマン」、主にゴッサム・シティで生じる犯罪を何度も食い止めてきたベテランのヒーローです。彼は幼少期、自分の両親を殺害された事をきっかけに悪に対して強い嫌悪感を持つようになっていました。そして父親の会社を継ぎ金と名声を手に入れたブルースは、スーパースーツやヒーローアイテムを開発、約20年間に渡って第一線で活躍してきたのです。

一方、スーパーマンにも普段普通の人に紛れ生活をする表の顔がありました。普段のスーパーマンことクラーク・ケントは、普段は出版社で勤務をしていました。彼は実は人間ではなく、クリプトンという惑星から来た所謂宇宙人です。しかしこれまで彼はうまく人々の中に紛れ生活を送る事ができていました。

しかし、そんなスーパーマンに対して悪い運動が起こり始めます。政府が、近年スーパーマンとヴィランの戦いの中で生じた街への影響を、スーパーマンに責任を取ってもらおうと、バットマンに責任をなすりつけようとしてきたのです。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生のあらすじ【転】

そんな時現れたのが、レックス・コーポという大会社を率いるレックス・ルーサーという男でした。彼はスーパーマンの力を弱体化させる方法として、クリプトナイトという鉱石を提示して来ました。その鉱石を使えば、クリプトン星人の力を弱める事ができるというのです。

一方、ブルースは部下の命を失った例の件から、スーパーマンに対して危険意識を持っていました。また、ブルースはレックスに対して少々引っかかる部分がありました。バットマンとして自分が以前取り締まったヴィラン集団とレックスに関わりがあるのではないかと考えたのです。ヴィランの手にスーパーマンの力をコントロールできる鉱石があっては、平和は脅かされてしまいます。ブルースは自分がその鉱石を保管しようと、レックスが主催したパーティに忍び込みます。

また、レックスは更にスーパーマンを陥れようと計画を進めていました。彼はスーパーマンを公聴会に招きます。そして事前に自分が仕掛けた爆弾を起動させ、その場にいたスーパーマン以外の全ての人間を殺してしまうのでした。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生のあらすじ【結】

益々立場が悪化したスーパーマンに更なる試練が襲います。レックスがスーパーマンの恋人、ロイスと育ての親であるマーサを拉致したのです。二人を解放する条件は、バットマンを倒す事でした。しかし生まれつきの超人であるスーパーマンに対して、バットマンはスーツやアイテムでヒーロー活動を行なっている、謂わば常人です。そんな二人の戦いは一方的にも思えましたが、ブルースが手に入れた鉱石を使用した為戦いは互角なものとなりました。

しかしスーパーマンが抱えているものを知ったバットマンは、共にレックス撃退の為に手を組みました。レックスは、ゾッド将軍の死体を用い作り出した最終兵器、ドゥームズデイを彼らの元に放ちます。圧倒的な力を振るうドゥームズデイに苦戦を強いられる二人でしたが、そこに更なるヒーロー、ワンダーウーマンが助っ人に現れます。

そして最後、弱体化しながらもスーパーマンがドゥームズデイにとどめを刺しました。しかし、結果相打ちとなったスーパーマンもまたその場に力尽きてしまいました。ワンダーウーマンとバットマンは、待ち受けているであろう試練を乗り越える為、更なる超人達を探しに出るのでした。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生の解説・レビュー

バットマンのファンとして

先に言っておくと、私はバットマンのファンである。歴代の映画も見てきたし、心もバットマン寄りだ。そんな私が楽しめたのだから、バットマンファンにとってはいい映画だと思う。とにかくよく苦悩するブルースの姿も見れるし、素敵で有能すぎる執事もいれば、かっこよすぎるバットモービルも大活躍。ただ、スーパーマンファンの目線はわからないし、前作も見ていない。裏を返せば、前作「マン・オブ・スティール」の知識がなくても十分楽しむことができた。

まず、バットマンは人間でスーパーマンは異星人なのだから敵うわけないだろう、という先入観は正しかった。バットマンはどちらかというとガチンコ勝負は避けて、きちんと武器などの工夫でスーパーマンと戦う。最後のドゥームズデイとのバトルは、人外のパワーすぎてバットマンがそれほど活躍しないが、ある意味それで良かったと思う。

スーパーマンのテイストを知らないけれど、どちらかというとダークなヒーローものなので、最初から最後まで雰囲気は暗い。悪者を倒してスカッと爽快、とはいかないのでご注意を。どちらかというと、正義の逆は正義であり、正義と正義がぶつかることで犠牲も出ることをシビアに描いた作品だ。そういう意味では「ダークナイト」的な雰囲気が好きな私は楽しめたのかもしれない。

決して爽快な作品ではない

スーパーヒーローものに勧善懲悪のスッキリ感を求める人にとっては面白くないだろうし、最後のバットマンの役に立たない感じがつまらなく思える人には物足りないかもしれない。ただ、個人的には戦ったら絶対うまくいかないだろうしどうやってまとめる気なのか、パワーバランスがおかしすぎるだろうというマイナスな印象から入った映画だったので、「なるほどそうきたか」と大満足だった。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生の感想まとめ

バットマンファンとしては楽しめると思う。スーパーマンの明るくて爽快な感じが好きな人はもしかしたら暗くてスッキリしないかもしれない。人間と宇宙人なのに、という点に関してはきちんと辻褄はあっているので安心して見てほしい。前作「マン・オブ・スティール」を見ていなくても十分楽しめた。バットマンの知識も恐らく無くて大丈夫だと思う。

とにかく「正義と正義がぶつかったら犠牲も出てしまう」という答えのないテーマが一貫して描かれているので、とても考えさせられる作品であることには違いない。

Amazon 映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の商品を見てみる

関連作品

次作 スーサイド・スクワッド
前作 マン・オブ・スティール