映画『キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX」のネタバレあらすじ結末

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAXの概要:結婚式の準備をしていたエルは、愛犬のブルーザーの母親も招待しようと思いつく。捨て犬だった為、探偵を雇い探して貰う事にするが、化粧品会社のテスト犬をしている事が判明する。ショックを受けたエルは、母犬を助け出す為の新たな法律を作る事を思いつく。

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAXの作品概要

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX

公開日:2003年
上映時間:95分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:チャールズ・ハーマン=ワームフェルド
キャスト:リース・ウィザースプーン、サリー・フィールド、ボブ・ニューハート、ルーク・ウィルソン etc

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAXの登場人物(キャスト)

エル・ウッズ(リース・ウィザースプーン)
ハーバード大学を卒業し法律事務所で働く。婚約者もおり順風満帆な生活を送る。ファッションやメイクが大好きで、とにかく明るい女性。周りと少しずれた言動をする事もありその度に驚かせる。動物を化粧品のテストに使う事を禁止する、ブルーザー法案の成立に尽力する。
ヴィクトリア・ラッド下院議員(サリー・フィールド)
ハーバードの先輩議員で、“ブルーザー法案”を支持しエルを助ける。
グレース・ロシター(レジーナ・キング)
ラッド下院議員の元で働くスタッフ。突拍子もない言動をするエルの事を疎ましく思っている。
ポーレット(ジェニファー・クーリッジ)
エルの友達で美容師。
マークス議員(ブルース・マッギル)
エネルギー商業委員会の議長。犬を飼っている。エルと出会い自身の犬がゲイ犬だった事を知る。
ハウザー議員(ダナ・アイヴィ)
エネルギー商業委員会の議長。データと数字が好き。
リーナ(メアリー・リン・ライスカブ)
ラッド下院議員の元で働くスタッフ。エルの事を気に掛けているがグレースの手前なかなか言い出せない。大人しく地味な女性。
シド・ポスト(ボブ・ニューハート)
ドアマン。仕事柄、議会の内情も詳しく度々エルの事を助ける。
エメット・リッチモンド(ルーク・ウィルソン)
エルの婚約者。野球好き。ハーバード法科の教授。
マーゴット(ジェシカ・コーフィール)
エルの友達。
セリーナ(アラナ・ユーバック)
エルの友達。
ブルーザー
元は捨て犬。エルの愛犬。ピンクの服を着ているが雄。

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAXのネタバレあらすじ

映画『キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAXのあらすじ【起】

エルはハーバード大学を卒業し、法律事務所に勤め、素敵な彼氏と婚約し順風満帆な生活を送っていた。友達はエルが結婚したら専業主婦になると思っていたが、彼女は結婚後も働き昇級試験を受けるつもりだった。

エルはフェンウェイ球場で挙式を挙げる予定を立て大切な人を全て招待する為、ブルーザーの母親も招待しようと思いつく。しかし、ブルーザーは捨て犬だった為、母親がわからない。探偵に依頼し母親を探して貰う。

見つかった母犬は化粧品会社のテスト犬だった。ショックを受けたエルは、母犬を救い出そうと画策する。

化粧品のテスト会社セ・マニフィーク社は自身の法律事務所のクライアントだった為、母親犬を解放するよう重役会で提案する。しかし、重役達はエルの主張を取り合ってくれず、法を犯さない限り動物を救い出す事は無理だと言われる。その対応に納得のいかないエルはここではもう働けないと言ってしまうが、逆に事務所側からクビを宣告される。

落ち込むエルだったが友達との会話で法律から変えてしまう事を思いつく。動物を化粧品のテストに使う事を禁止すれば良いのだ。そして、法律を作る為ワシントンにいるハーバードの先輩議員の元へと向かう。エルは法律の改革と結婚式の準備の二つを同時に行う事になる。

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAXのあらすじ【承】

エルはラッド議員のスタッフとして働く事になる。しかし、全身ピンクの服を身に纏ったエルの事を他のスタッフは冷たい目で見ており、その中でもグレースからは特に酷く、エネルギー商業委員会に連れて行かれたエルは意地悪をされる。

落ち込むエルだったが、ドアマンのシドから励ましと助言を受け再度立ち上がる。まずは、ハウザー議員とマークス議員に提案する為の資料作りを始める。

議会や法案の事をシドと共に勉強し、作った資料を手にハウザー議員とマークス議員のスタッフに声を掛けるが全然相手にしてもらえない。

ラッド議員らとスタッフ会議を行うが、グレースにまた馬鹿にされてしまう。だが、エルは自分の方法でハウザー議員に訴える手段を思いつく。ハウザー議員が行きつけの美容院に向かい、そこで法案の事を直接訴える。最初は邪険にされてしまうのだが、議員もエルと同じ「女子社交クラブ・デルタヌウ」の指輪をしていた事で仲良くなり、後日、話を聞いてもらう事になる。

エルは公園で犬を連れ困っていた男性を助ける。その後、犬をペットスパに預けシドと作戦会議を行うが、スパから緊急の呼び出しがかかり慌てて犬の元へ向かう。すると、公園で会った先ほどの男性も呼び出されており、犬同士が激しくじゃれ合っているという話だった。犬達は雄同士でじゃれ合っていた。なんと二人の犬はゲイ犬だったのだ。新事実に驚き、二人は公園で静かにその事実を受け入れる事にする。お互い自己紹介をすると、エルはその男性がマーカス議員だと知る。

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAXのあらすじ【転】

事務所ではグレースが、4週間後にマーカス議員との面談を取りつけた事を祝っていた。そして、エルがいつ辞めるか話していたが、ちょうどその時、エルがやって来る。エルは皆の前で議員に話を取付け議会に法案を提出できるようになった事を発表する。

だが、議会では反対の意見も多くエルは不安を感じる。しかし、シドがまたしても現れエルの為に役立つ資料を渡す。

エルは婚約者から励ましの電話を受ける。

シックな服を着たエルは公聴会に挑む。議員達を説き伏せ、“ブルーザー法案”を見事に通過させた。しかしその時、その法案の反対を申し出る人物がいた。ラッド議員だった。

グレースが根回しを行い自身の法案を通させる為にエルの法案を反対させたのだ。そして、ラッド議員はグレースの法案を通させる事にしたのだ。

裏切られた事にショックを受けたエルは、リンカーンの像の前で一人落ち込んでいた。その時、リーナ達が現れエルを励ます。まだやれる事は残っており、218人の議員の署名を集め回避申請書を提出する事を提案される。

リーナ達はラッド議員のスタッフを辞めエル側に就く。一人残されたグレースは落ち込む。

申請書にはハウザー議員とマークス議員の名前しかまだ書かれておらず、エル達は作戦を練る事にする。

キューティ・ブロンド2 ハッピーMAXのあらすじ【結】

マーゴットとセリーナ、ポーレットもやって来て、無料でヘアカットを行ったり、見習い議員達を集めチアリーディングをしたり、斬新な方法で議員達を捕まえ署名をして貰う。

着実に署名をしてもらっていたが、署名を降りる議員もいた。エルはグレースの仕業と思い文句を言いに行くが部屋におらず、ラッド議員からセ・マニフィーク社が動物を解放する話を聞かされる。そして、セ・マニフィーク社がエルの今までの行動力を評価しており、法務顧問への仕事について欲しいとの話だった。法案はスタッフに引き継げば良いと言われ、エルは腑に落ちないが帰る決心をする。

エルはグレースを見かけ今まで邪魔をされた文句を言いに行くが、法案の事も邪魔をした覚えもないと言われる。ラッド議員が邪魔をしていたことに気付き真相を確かめに行く。

ラッド議員は自身の立場と政治資金の為に、エルの法案を潰そうとしていた。エルは正々堂々と勝負をする事を宣言する。二人の会話をこっそり傍で聞いていたグレースはショックを受ける。グレースはTVインタビュー用のサウンドチェックのテープが回っていた事を発見する。

エルはデルタ・ヌウの連絡網を使い、各州の女の子達を集める。エメットも到着し法案についてのデモやチラシ配りを皆で行う。

後15人署名が足りなかったがグレースが協力をしてくれる。ラッド議員をテープで脅し、上下両院がいる場で演説を行う。

最後はラッド議員の署名も得て、エルは見事ブルーザー法案を成立させた。動物達は解放されブルーザーは母親と再会する。多くの友人たちに見守られ、エル達は結婚式を挙げる。

Amazon 映画『キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX』の商品を見てみる

関連作品

前作 キューティ・ブロンド