映画『グーニーズ』あらすじとネタバレ感想

グーニーズの概要:リチャード・ドナー監督、スティーブン・スピルバーグ原案・総指揮の海賊冒険物語。出演は、ジョシュ・ブローリン、ショーン・アスティン。シンディ・ローパーが歌うエンディング曲も心に残ります。1985年米国映画。

グーニーズ あらすじ

グーニーズ
映画『グーニーズ』のあらすじを紹介します。

アメリカ、オレゴン州の田舎町グーンドッグ。マイク(ショーン・アスティン)は、喘息持ちの少年だが、父が話す冒険物語に憧れていた。マウス(コリー・フェルドマン)やチャンク(ジェフ・コーエン)、データ(キー・ホイ・クアン)の愛称で呼ぶ親友達とグーニーズを結成します。
ある日、父の屋根裏部屋で偶然見つけた、”片目のウィリーの宝の地図”とメダルを手掛かりに冒険の旅へ。弟マイクを捜しに来た兄ブランド(ジョシュ・ブローリン)、アンディ(ケリー・グリーン)、ステフ(マーサ・プリントン)らも一緒に同行することに。

海の近くのひなびたレストラン。”ウィリーの宝の地図”によると、地下に宝が眠っているようだ。マイクはその痕跡を地下で見つけるが、レストランを根城にしていたのはフラッテリー一家だった。彼らに追われたため、食欲旺盛なチャンクを1人残し、マイク達は暖炉から地下へ。
冒険家チェスター・コパーポットの骸骨を見つけた後、仕掛けを引いてしまい、マイク達を巨大な石が襲う!また骨で作られたオルガンで正しい和音を奏でたりと難問に挑戦してゆきます。マイク達は宝を見つけることができるのか?

一方、チャンクは警察に届けるつもりが、フラッテリー一家に捕まってしまう。しかし、フラッテリー一家の末弟・スロースと仲良くなり、脱出に成功。グーニーズの危機を救う。マイクは、宝石を見つけて、借金のために売られようとしている自宅をなんとか残したかったのだがフラッテリー一家に奪われてしまう。

保安官達が到着し、子供達は両親と再会した。そこでスペイン語しか話せない家政婦ロザリータが、偶然、宝石を見つけたことから、マイクとブランドの一家は、家を売らずに済むことができたのだった。少年達の、はるか遠くに海賊船が見えていた。

グーニーズ 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1985年
  • 上映時間:114分
  • ジャンル:アドベンチャー、コメディ
  • 監督:リチャード・ドナー
  • キャスト:ショーン・アスティン、ジョシュ・ブローリン、ジェフ・B・コーエン、コリー・フェルドマン etc

グーニーズ ネタバレ批評

映画『グーニーズ』について、感想批評です。※ネタバレあり

個性豊かなグーニーズ!片目のウィリーの宝を捜せ!

少年達の夢が詰まった作品です。本作を観ると、実は身近に冒険の種はたくさんあるのではという気がします。個性的なグーニーズのメンバーもいい。喘息持ちだったり、食欲旺盛な男の子、ヘンテコな発明好きにスペイン語が話せるがヘンテコに訳して騒ぎを起こす男の子など面白い。

何か1つの事に一生懸命になるには子供であろうと大人であろうと関係なく素晴らしいことです。再見して気になったのは、アンディのキス。高校生はませてるなぁ。冒険よりもキスというのがアメリカ人の考えらしい。またプロの冒険家が途中で死んでしまうなんてと思うけど、複雑な迷宮だったのか?
いぇ、少年だから仲間と協力して解けたんです!少年ジャンプ誌の合言葉のように、”友情、努力、冒険”が大切!この3点がしっかり描けているから、「グーニーズ」は名作なんです!

犯罪者のフラテリー一家をかわすために、中国系の少年がヘンな発明で対抗するシーンがコミカルで面白い。弟を心配して捜していたら巻き込まれてしまう兄など、登場人物の行動が際立っていて、何度観ても楽しい映画です。子供の視点で観るとより面白いのではないでしょうか。

「グーニーズ」の子役たちがここまで成長しました!ジョシュ・ブローリン、ショーン・アスティンの魅力

旧作を観る楽しみの一つに、子役の成長があります。「グーニーズ」の子役たちのその後と作品について紹介します。本作で主人公マイキーの兄ブランド役を演じていた、ジョシュ・ブローリン。本作がデビュー作でした。彼は40才の頃に「ノーカントリー」(07)で元ベトナム帰還兵の役でブレイクしました。
その後も「メン・イン・ブラック」(12)等で活躍しています。肉体派の印象が強い彼ですが、私生活では最近、3度目の結婚を発表。今度こそ上手くゆくといいですね。ジョシュ・ブローリンの最新作「エベレスト3D」が11月6日から公開されます。

次に主人公マイキーを演じていた、ショーン・アスティンは「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のサム役で復活しました。子役の時と顔が変わっているのでびっくり!ただ、繊細な印象は少年の頃と変わりません。フロドを献身的に支えるサムの姿に感動しました。その後も、「50回目のファースト・キス」等に出演しています。
振り返ってみれば、彼らが子役であった80年代の映画が1番輝いていたのではないでしょうか。大人になり、素晴らしい成長を遂げた彼らにこれからも注目して下さい。

グーニーズ 感想まとめ

今、1980年代にヒットした映画が見直されています。シリーズものも多く、未だに人気が衰えません。「グーニーズ」にも続編を望む声があり、良い脚本があれば実現させたいと製作総指揮のスティーブン・スピルバーグは考えているようです。

なぜ、今、80年代のヒット映画への回帰なのか?CGやVFXを駆使した映画よりも、脚本や配役がしっかり整った作品の方が愛されるのでしょうか。大切なのは、物語や役者が未完成で未知数であること。「グーニーズ」の魅力も、”友情・努力・冒険”の3点がしっかり描けている点にあるのではないか。
なによりも、瑞々しい子役の演技が素晴らしい。こんな冒険がしたいという想いを叶えてくれる作品です。少年の頃に観た映画はその後の人生を大きく変える力を秘めています。ぜひ、ご家族でご覧下さい。

Amazon 映画『グーニーズ』の商品を見てみる