映画『グラン・トリノ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「グラン・トリノ」のネタバレあらすじ結末

グラン・トリノの概要:孤独な偏屈老人が隣家で暮らすモン族の娘スーと弟のタオと交流を深めていき、心の安らぎを取り戻す。そして彼らの未来を守るため、老人は大きな決断をする。クリント・イーストウッド監督が自ら主演を務めて、武骨だが心優しい元軍人の生き様を描く。

グラン・トリノの作品概要

グラン・トリノ

公開日:2008年
上映時間:117分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:クリント・イーストウッド
キャスト:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー etc

グラン・トリノの登場人物(キャスト)

ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)
朝鮮戦争に出兵し、多くの敵を殺して勲章を授与された過去がある。口の悪い偏屈オヤジで、2人の息子ともうまくいっていない。引退前は自動車修理工をしており72年型のヴィンテージ・カー「グラン・トリノ」を大切にしている。
タオ・ロー(ビー・ヴァン)
アメリカ生まれのモン族の少年。ウォルトの家の隣で暮らしている。頭はいいが内気で、同じモン族の不良グループから嫌がらせを受けている。
スー・ロー(アーニー・ハー)
タオの姉。しっかり者で社交的な性格をしており、不良グループに絡まれてもひるまない。ウォルトの優しさを一番に見抜く。
ヤノヴィッチ神父(クリストファー・カーリー)
地元の教会の27歳の神父。亡くなったウォルトの妻からウォルトのことを頼まれ、何かとウォルトを訪ねてくる。

グラン・トリノのネタバレあらすじ

映画『グラン・トリノ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

グラン・トリノのあらすじ【起】

ウォルトの愛妻ドロシーが亡くなり、教会で葬儀が行われていた。しかしヘソ出しルックで葬儀に出席する孫娘を見て、ウォルトは顔をしかめる。短気で口の悪いウォルトは息子夫婦ともうまくいっておらず、孫たちからも嫌われていた。

教会のヤノヴィッチ神父は、ドロシーから“私が死んだら主人に気を配ってやってほしい”と頼まれており、ウォルトを訪ねてくる。ドロシーは“懺悔に行かせてほしい”とも頼んでいたが、ウォルトは若い神父をバカにして追い返してしまう。

ウォルトが暮らす地域には移民が多く暮らしており、隣の家にもモン族の一家が住んでいる。何かと同族で集まって賑やかにお祝いをするモン族の人々をウォルトは嫌っていた。移民が住み始めてから地域の治安も悪くなっており、ウォルトはいつも不愉快だった。

隣家のタオは気の強い祖母や母親や姉のスーの言いなりになる気弱な少年だ。モン族の不良たちはそんなタオを悪の道に誘い込むため、ウォルトが大切にしているグラン・トリノを盗んでこいと命令する。タオはそれを断れなかった。

グラン・トリノのあらすじ【承】

夜、ウォルトは何者かがガレージに侵入していることに気づき、銃を持ってガレージへ向かう。驚いたタオはウォルトを突き飛ばして逃走する。

タオはもう二度と泥棒する気はなかったが、不良グループはしつこくタオに絡んでくる。隣家の庭先でもみ合っていた少年たちが自宅の敷地内に入ったのを見て、ウォルトは銃を突きつけ気迫で不良グループを追い返す。

モン族の人々は不良を追い払ってくれたウォルトに感謝し、次々とお礼の品物を玄関先へ置いていく。ウォルトは迷惑がっていたが、モン族の人々には通じない。姉のスーはタオに泥棒したことを謝罪させ、それを許したウォルトに親近感を持つ。

ある日、ウォルトは街角で黒人の不良少年たちに絡まれているスーを目撃する。気の強いスーは少年たちに反発し、連れ去られそうになっていた。ウォルトは車から降りてスーを助け、スーに気をつけるよう注意する。

ウォルトの誕生日。老人ホームの資料を持ってきた息子夫婦を追い返し、ウォルトはひとりぼっちだった。スーはウォルトを自宅パーティーに招待する。ウォルトは賢いスーのことを認めるようになっており、初めて隣家を訪れる。最初は警戒していたモン族の人々とも徐々に打ち解け、ウォルトは久しぶりに楽しい時間を過ごす。この日を境にウォルトは隣家と交流を深めていく。

グラン・トリノのあらすじ【転】

母親とスーはいろいろと迷惑をかけた償いをさせてほしいと言い出し、ウォルトの家へタオをよこす。ウォルトは断るがモン族の女はしつこくて気が強い。何か仕事をくれと困っているタオに、ウォルトは自宅前の空き家の修理をやらせてみる。まじめなタオはよく働き、ウォルトもだんだんタオが可愛くなってくる。

タオやスーのおかげで日々は充実していたが、ウォルトは最近咳をして血を吐くようになっていた。病院で検査をしてもらった結果、ウォルトは自分がそう長くは生きられないことを知る。しかし息子にそれを打ち明けることはできなかった。

貧困のため大学へも行けず、働き口もないタオの将来をウォルトは真剣に心配する。タオもウォルトの体調が良くないことに気づいており、タバコを吸うウォルトを本気で注意する。毎日顔を合わすうち、2人は強い絆で結ばれていく。

ウォルトは友人にタオを建設現場で雇ってくれるよう頼んでみる。現場監督をしている友人は賢明なタオを雇ってくれる。ウォルトは必要なものを買ってやり、自分の大切な工具も貸してやる。

グラン・トリノのあらすじ【結】

ところがモン族の不良たちはしつこくタオに絡み、タオの顔に根性焼きをする。タオの火傷を見てウォルトは激怒し、不良少年を痛めつけ、二度とタオに手を出すなと脅しつける。

不良たちは報復としてタオの家にマシンガンを撃ち込み、外出先から帰宅途中だったスーをレイプする。タオは軽傷で済んだが、スーは酷い暴力を受けており、心身ともに深い傷を負ってしまう。不良たちは警察で無言を貫き通し、証拠不十分で早々に釈放される。ウォルトは自分の行動がこんな結果を招いたのだと自戒し、タオやスーが安心して暮らせる方法を考える。

ウォルトは密かに身辺整理を始め、教会で懺悔を済ませる。復讐心に燃えるタオを落ち着かせ、地下室で自分の戦争体験を話して聞かせる。ウォルトは戦争で人を殺した過去に苦しみ続けており、タオには絶対にそんな思いをさせたくないと考えていた。ウォルトはタオを地下室に閉じ込め、愛犬を隣家に預けてひとりで不良たちの家へ向かう。

不良たちとウォルトは睨み合う。近所の人々は恐々とその様子を見ていた。タバコをくわえたウォルトは思わせぶりに懐へ手を入れ、何かを取り出す。それを見た不良たちはウォルトを撃ち殺す。しかしウォルトの手に握られていたのは銃ではなくライターだった。警察は現場へ駆けつけたタオとスーに目撃者も多数おり、丸腰のウォルトを撃ち殺した不良たちは全員長期刑になるだろうと話す。

ウォルトは自らが犠牲になることでスーやタオの将来を守った。そして大切なグラン・トリノは友人タオに譲るという遺書まで残していた。ウォルトは死んでしまったが、彼の魂は愛するタオやスーの心の中で生き続けていく。

グラントリノの解説・レビュー

イーストウッドの表現する哀愁感

どんなに良い映画も説得力の無い人物が演じていたり、作っていたりするとそれだけで何だか感動出来ない。
特に本作のような、人生の最後を探している気難しい老年の男の役は尚更である。

近年クリント・イーストウッドという俳優は深みを増している。
そして彼の作る映画はこんなに良かっただろうか?と、はっとさせられることも多い。
これは単純に彼の才能という訳ではなく、恐らく彼自信の人生経験の豊かさやそれに伴う感情の変化がそうさせているのだろうと勝手に思っている。
ミリオンダラー・ベイビー』からの主役の哀愁が絶妙で、死に場所を探している男の悲しさと誇りのようなものが見事に表現されている。
これこそがイーストウッドが作る映画の説得力なのであろう。

バランスの良い社会派シリアス

本作品は一言で言うとヒューマンだが、感動を誘うだけではなく現代のアメリカにおける社会問題を随所に取り入れリアルに描きあげている。
祖母の葬儀でさえ携帯をいじっている血が繋がっているのに愛着のわかない孫。
何の繋がりも無かったのにほだされた隣人のモン族一家の家庭の温かさ。
そしてちょっとしたことで命の危険にさらされる銃社会。
どれをとっても今のアメリカを想像させる出来事であり、背景としては決してドラマティカルでは無いがその等身大の描き方が妙に心地よい。

また薄暗い映像と映画の内容がマッチしていて、何とも言葉にしづらい心のやるせなさが付きまとう。
一貫して男のまっすぐさを貫いた主人公に羨ましささえ感じてしまうのだが、やはり老年の寂しさを感じずにはいられないのだ。
でもこれもイーストウッドだからこそできる技なのである。

グラントリノの感想まとめ

クリント・イーストウッドは晩年に芽が出たアーティストであると言っても過言では無い。
もちろん若い頃から人気はあったが、良さが全面に出てきたのが晩年である。
作風が変わったと言うのか、心の中の葛藤や人の老い、生きていく悲しみのようなものを映画のなかで表現するようになったのだ。
ウェスタン映画で拳銃を使ってどんぱちやるのも魅力的ではあるが、個人的には最近の重いテーマを作らせたら右に出るものはいないと思っている。
監督としてももちろん、俳優だからこそわかるアングルや台詞回しなど全てが彼の経験が物を言っているのである。
随分歳を重ねたが、今だからこそ魅了させてくれる素敵な俳優の一人である。

Amazon 映画『グラントリノ』の商品を見てみる