映画『グリーンマイル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「グリーンマイル」のネタバレあらすじ結末

グリーンマイルの概要:『ショーシャンクの空に』のスティーブン・キング原作×フランク・ダラボン監督コンビによる感動作。時は大恐慌時代、刑務所の死刑囚棟を舞台に、奇跡の力を与えられた死刑囚と看守たちの交流をトム・ハンクス主演で描く。

グリーンマイルの作品概要

グリーンマイル

公開日:1999年
上映時間:188分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ファンタジー
監督:フランク・ダラボン
キャスト:トム・ハンクス、デヴィッド・モース、ボニー・ハント、マイケル・クラーク・ダンカン etc

グリーンマイルの登場人物(キャスト)

ポール(トム・ハンクス)
死刑囚棟の看守長。冷静でまじめな性格。ひどい尿路感染症を患っている。ジョン・コーフィの奇跡の力を体験し、彼の無実を信じるようになる。
ジョン・コーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)
無実の罪で死刑判決を下された、黒人の大男。他人の苦しみや邪悪さを感じ取り、病気やけがを癒す不思議な力を持っている。優しく純粋な性格で、実はとても長い年月を生きている。
ブルータル(デヴィッド・モース)
死刑囚棟の看守。ポールと特に仲が良い。屈強な大男で、激しやすい性格。新人のパーシーの横暴に怒りを募らせている。
パーシー(ダグ・ハッチソン)
死刑囚棟の新人看守。愚かで残忍な性格で、死刑囚たちを見下し、ひどい仕打ちばかりしている。伯父が州知事という強力なコネを盾にしている。
ハル所長(ジェームズ・クロムウェル)
ポールが勤務する刑務所の所長。ポールとは上司・部下であるとともに、家族ぐるみの親しい関係である。妻のメリンダが脳腫瘍を患っていることを知り、ひどく悲しんでいる。
デル(マイケル・ジェッター)
死刑囚の1人。死刑囚棟に現れたネズミのMr.ジングルスを、誰よりもかわいがっている。パーシーからよく暴力を受けている。
ビリー(サム・ロックウェル)
死刑囚の1人。数々の罪を犯してきた極悪人で、死刑囚棟でも看守をコケにし問題ばかり起こしている。実はジョンが逮捕された事件の真犯人だった。
メリンダ(パトリシア・クラークソン)
ハル所長の妻。ひどい脳腫瘍を患っており、その影響でそれまでの穏やかな性格が一変、ひどい言葉を口走るようになってしまった。
Mr.ジングルス
死刑囚棟に現れたネズミ。囚人のデルにかわいがられ芸を覚える。ジョンから力を受け継いでしまい、驚くほど長寿なネズミとなった。

グリーンマイルのネタバレあらすじ

映画『グリーンマイル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

グリーンマイルのあらすじ【起】

老人ホームに住むポールは、トーストを持って朝の散歩に出かけるのが日課だ。ある日古い映画を見たポールは、ある過去を思い出して涙が止まらなくなる。ポールを心配する友人のマーガレットに、ポールは自分の過去の打ち明け話を始める。

ポールは大恐慌時代、刑務所の死刑囚棟で看守長をしていた。そこには死刑台にむかう緑色の通路、通称「グリーンマイル」があった。ポールが尿路感染症を患ったある年、死刑囚棟にジョン・コーフィという大男が移送されてきた。

ポールは医者に行くのを渋っていた。問題児の新人・パーシーが来たばかりというのも理由の1つだった。パーシーは愚かで、死刑囚たちにひどい仕打ちばかりしていたのだ。ポールはジョンを死刑になるような人間とは思えずにいた。しかし彼の罪状は血も凍るものだった。幼い姉妹をレイプし惨殺したのだ。ジョンは死んだ姉妹を両脇に抱えて泣き叫んでいるところを逮捕された。ジョンは「元に戻そうとしたが手遅れだった」と意味不明の事をつぶやいていたそうだ。

刑務所長のハルは、ポールにパーシーの扱いについて注意する。パーシーは州知事の甥だったのだ。パーシーが念願の死刑を見て、精神病院の事務に転職するまでの間、パーシーに対し穏便に接する必要がある。

ある日死刑囚棟に1匹のネズミが迷い込んできた。人間を恐れない様子のネズミに、看守たちは興味津津だ。物置化している拘禁室へ逃げ込んだネズミを、ポールたちは3人がかりで探す。しかしネズミは見当たらず、してやられてしまった。それ以来ネズミは死刑囚棟に住み着いてしまった。

グリーンマイルのあらすじ【承】

死刑囚の1人が死刑執行となった。死刑の方法は、水を含ませたスポンジを通して頭に電流を通すというものだ。罪を償った囚人にポールはひどい言葉をかけ、看守のブルータルにひどく怒られる。パーシーは自分が死刑囚棟から移る代わりに、死刑執行の役目を自分にさせてくれと言いだした。そうしなければ死刑囚棟に居座ると言われ、ポールには断ることができなかった。

囚人の1人デルが、例のネズミを飼いならした。彼はネズミにMr.ジングルスと名付け、芸を仕込む。

ハル所長がポールを呼び出した。用件の1つは問題児の死刑囚が移ってくることになったこと、もう1つは妻のメリンダが治療不能の脳腫瘍とわかったことだった。夫妻と仲の良いポールは彼らを心配するが、ポール自身の尿路感染症もどんどんひどくなっていた。

新入りの死刑囚ビリーが移送されてきた。しかし彼は看守達を出しぬき暴れまわる。ポールはビリーに股間を蹴られて症状が悪化してしまった。後始末のため他の看守が牢を離れ、ポールはその場に倒れ込んでしまう。ジョンがポールを近くに呼び寄せた。ジョンはポールをつかむと、不思議な力を使ってポールの病気をすっかり取り去ってしまった。ジョンの口からは、大量の羽虫が飛び出し、悪いものを浄化するように消えていった。ジョンはたった今起こったことに目を疑うが、尿路感染症は完全に治っていた。

グリーンマイルのあらすじ【転】

ビリーは問題を起こしては拘禁室に閉じ込められる、というパターンを繰り返していた。そんな中、デルの死刑執行日が迫る。死刑執行人の役をもらったパーシーは、デルをばかにする。その直後、パーシーはビリーに牢越しに捕まり、小便を漏らしてしまう。デルがいつもの仕返しにとパーシーをあざ笑い、パーシーはデルへの復讐を誓う。

ジングルスの受け入れ先を憂慮するデルに、ポールとブルータルはネズミのサーカスがあると嘘をつき安心させてやる。しかし直後、パーシーがジングルスを踏みつぶしてしまった。泣き叫ぶデルを見て、パーシーは悦に入ってその場を離れる。ポールが瀕死のジングルスをジョンに渡すと、ジョンがポールにしたのと同じことが起こった。ジョンの口からは悪いものが羽虫となって飛び去り、ジングルスは息を吹き返したのだ。

デルの死刑の日が来た。ジングルスは処刑の間ジョンが預かることになった。デルを恨むパーシーは、わざとスポンジを水にぬらさず、電流を流す。そのせいでうまく電流が通らず、デルは生きたまま焼け焦げて亡くなり、火事騒ぎに発展する。その苦しみは牢で待つジョンに伝わり、彼越しにジングルスにも伝わってしまった。ジングルスはどこかへ逃げて行ってしまう。パーシーはこの期に及んで責任逃れをしようとしていた。

ポールはパーシー以外の看守達に、メリンダの病気をジョンに治してもらう計画を打ち明ける。ビリーを眠らせ、パーシーを拘禁室に閉じ込めると、ポール達はジョンを牢からだした。しかし牢から出る時にビリーに触れられたジョンは、ビリーの邪悪な過去を感じ取ってしまう。

グリーンマイルのあらすじ【結】

ポールたちはジョンをハル所長の家に連れて行く。ジョンがメリンダから病気を吸い出すと、彼女は病気の事などなかったかのように回復した。ジョンは彼女の病気を吐きださず、飲み込んでしまう。

パーシーは今回の1件を密告する気でいた。しかしジョンが突然パーシーをつかみ、胸にため込んでいたメリンダの病気をパーシーの中に送り込む。するとパーシーの様子がおかしくなり、ビリーを射殺してしまった。ジョンが邪悪なパーシーとビリーに罰をあたえようとしたのだ。ポールがジョンの手を握ると、ジョンの力を渡されて彼の感じ取った光景が見えた。ビリーはジョンが逮捕された事件の真犯人だったのだ。パーシーは精神病院に収容された。

ポールはジョンの無実を知ったが死刑を止める力がなく、罪悪感にさいなまれていた。しかしジョンは、他人の邪悪さを感じながらさ迷い歩く人生を終わらせたがっていた。ポールはせめてもと、ジョンに人生初の映画を見せてやる。ポール達は涙をこらえながらジョンを処刑した。ポールとブルータルはその直後死刑囚棟から転属願を出した。

打ち明け話を聞いて、マーガレットはポールが思ったより年をとっている事に気づく。彼は108歳だった。ジョンの力と一緒に、長寿の力もポールに受け継がれたのだ。ポールはマーガレットを自分の散歩場所に連れていく。そこにはジングルスがいた。ジングルスも意図せずしてジョンの力を受け取ってしまったのだ。ポールは愛する人に先立たれる人生を送る定めとなった。彼の死への道(グリーンマイル)は、あまりにも長いのだ。

グリーンマイルの解説・レビュー

涙なしには観られない感動作

多くの人が感動し、涙した作品ではないだろうか。死んだ少女を助けたい一心で行動した心優しい大男コーフィが、無実の罪で死刑を受ける。看守たちは助けたいと願うが、どうにもできない。簡単に言えばこれだけのストーリーだが、何度観ても泣ける。次に何が起こるかわかっていても泣けてくるのである。
ところどころ汚いシーンもあって、人によっては好き嫌いがあるかもしれないが、映画を観て泣きたいならとりあえず観てほしい映画の一つである。

ポールとコーフィの罪と罰

黒人の大男コーフィは、罪を犯した事など一度もなく、むしろ多くの人を救う人物である。作中でも、ポール、ネズミ、刑務所長の妻を助けている。
最後には死刑を受けることになるが、なぜこんなに善良な人間が殺されなければならないのかと、腹立たしいくらいだ。
そして、看守の一人のポールも善良な人間として描かれている。死刑囚に冷たくすることなく、優しく接する様子や、コーフィのことを助けようとする様子などがあり、また悪人パーシーとの比較によってもその善良ぶりが際立っている。
だが、ポールはコーフィの無実を知り、助けたいと願いながらも彼を生かすことはできなかった。これが確かにポールの罪であると言い切ることはできないが、少なくとも助けられなかったことでポールの中にやりきれない思いや少しの罪の意識はあったのではないだろうか。

では、コーフィの罪とは何か。
素直に考えれば生前に罪など犯していないのだが、少しいじわるな見方をすれば罪を犯している。
コーフィは、ポールやネズミを治療した。これによって彼らは終わる事のない人生を生きている(劇中で不死とは明確にいってはいないが)。病を治してくれたことはありがたいけれど、死ぬことができないとなれば話は別である。最後、まだあの時のネズミですら生きていることで、ポールは自分の人生もまだ終わりそうにないと嘆いている印象がある。
長生きするのは嬉しいけれど、途方もない時間を生きるのは辛い。これこそポールに与えられた罰なのではないだろうか。そしてコーフィはポールを不死にしたことが罪だったのである。

グリーンマイルの感想まとめ

『グリーンマイル』は、『ショーシャンクの空に』と『マジェスティック』と合わせて三部作と言われる。これは、フランク・ダラボン監督の感動する映画三部作ということらしい。『グリーンマイル』と『ショーシャンクの空に』は、どちらとも原作がスティーブン・キングで、共通点も多いように思うが、『マジェスティック』が含まれるのは少し疑問である。
『グリーンマイル』は『ショーシャンクの空に』と比べても感動は上だと思う。

余談だが、映画で重要な役を担っているネズミのシーンは、ほとんど実物のネズミ自身の演技らしい。映画の視覚効果には、『ベイブ』で賞をとったチャールズ・ギブソンも関わっていたようで、さすが動物の演技にかけては素晴らしい。

Amazon 映画『グリーンマイル』の商品を見てみる

コメント

  1. ゆーり より:

    こんにちは。
    知らない方は一度は観てほしいですよね。絶対に損をしない名作だと思います。
    色々と考えさせられるお話でした。