映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のネタバレあらすじ結末

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの概要:トレジャー・ハンターのスター・ロードは、依頼を受けて訪れた惑星モラグで、不思議な石を手に入れる。それは、銀河を消滅させてしまうほどの力を持つ特別な石だった。金に目が眩んだスター・ロードは、その石を売り捌こうとするが、石の力を求める者たちの抗争に巻き込まれることになる。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの作品概要

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

公開日:2014年
上映時間:121分
ジャンル:SF、アクション
監督:ジェームズ・ガン
キャスト:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、ヴィン・ディーゼル etc

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの登場人物(キャスト)

ピーター・クイル / スター・ロード(クリス・プラット)
地球生まれ。幼い頃にラヴェジャーズに浚われ、宇宙を旅するトレジャー・ハンターになる。
ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)
サノスの養女。幼い頃に両親をサノスに殺され、兵器としての改造、訓練を受けた。
ドラックス(デビッド・バウティスタ)
クリー帝国のロナンに家族を殺された男。ザンダー星で問題を起こし、刑務所に収監されていたが、そこでピーターたちと知り合う。
ロケット(ブラッドリー・クーパー)
遺伝子改造されたアライグマ。賞金稼ぎとしてグルートと共に銀河を渡り歩いている。機械の扱いに長けている。
グルート(ヴィン・ディーゼル)
樹の身体を持つ生命体で、ロケットの相棒。「アイ・アム・グルート」の三つの単語しか言葉を話せない。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのネタバレあらすじ

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのあらすじ【起】

一九九八年の地球。真夜中の病院の待合室で、ピーターは母親が編集したカセットテープを聞いていた。祖父に呼ばれて病室に向かったピーター。そこには死に際の母がいた。母はピーターに誕生日プレゼントを渡し、最期に手を握ってほしいと言った。しかし、ピーターは母の手を握ることができず、彼女から目を背けてしまった。心電図の音が母の死を告げる。ピーターは母の死を受け入れられず、病院を飛び出した。そこに、一隻の宇宙船が通り掛かった。宇宙船が発する光に触れたピーターは、その光に吸い込まれてしまった。

それから二十六年後、惑星モラグ。そこには成長したピーターの姿があった。宇宙船に浚われたときに持っていた母の形見のミュージックウォークマンを腰に吊るし、ピーターはカセットを再生した。陽気に踊りながら、ピーターは遺跡の探索を始めた。最奥に隠されていた球状の遺物を見つけると、彼の背後から武装した異星人が現れた。異星人に名を問われたピーターは、自分の二つ名スター・ロードを名乗る。異星人は、スター・ロードから球状の遺物を奪い取ろうとする。スター・ロードはそれに抵抗し、惑星モラグを脱出した。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのあらすじ【承】

安心したのも束の間、ラヴェジャーズのリーダー、ヨンドゥから通信が入った。オンドゥはスター・ロードを地球から連れ去った張本人であり、スター・ロードの育ての親でもあった。惑星モラグの遺跡で見つけた球状の遺物は、ヨンドゥが取引で使うものだった。しかし、スター・ロードはそれを持ち逃げしようと企んでいた。ヨンドゥはスター・ロードを生け捕りした者に懸賞金をやると宣言した。

クリー帝国とザンダー星との間に結ばれていた平和条約が破棄された。ロナンは捕えたザンダー星人の首をはね、儀式を進めた。そこに、惑星モラグに派遣されていたロナンの部下が現れた。探していた石がスター・ロードと名乗る者に奪われたと部下は語る。スター・ロードが持ち逃げした石は、サノスにザンダー星を滅ぼすのを手伝ってもらうために必要なものだった。ロナンは石の奪還のため、サノスの娘、ガモーラを送り込む。

ザンダー星にいたロケットとグルートは、手製の端末で通行人をスキャンし、金蔓を探していた。通りがかったピーターを調べたロケットは彼に賭けられた賞金の多さに驚愕する。
スター・ロードはオンドゥの代わりに取引を進めて、儲けを独り占めしようとしていた。しかし、ロナンの名前を出した途端、取引は打ち切られてしまう。店を追い出されたスター・ロードの前にガモーラが現れる。彼を殺そうとするガモーラ。だが、スター・ロードが殺されてしまえば、賞金はなくなる。ロケットとグルートはスター・ロードに加勢した。三人が揉めている隙に逃げ出そうとしたスター・ロードだが、ロケットの兵器によって身体の自由を奪われてしまう。ロケットは賞金首を連れて行こうとするが、そこにザンダー星のノバ軍が現れた。傷害と器物損壊の罪で四人は逮捕され、刑務所に移送された。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのあらすじ【転】

刑務所に入れられた四人。ロナンの部下であるガモーラの風当たりは強かった。囚人の多くがロナンによって家族を殺されていたのだ。囚人たちが寝静まった中、復讐を果たしたい一部の囚人がガモーラを浚った。ガモーラが連れ去られて行くところを目撃したスター・ロードはロケットやグルートと共に後をつけた。囚人たちはガモーラを囲み、彼女を殺そうとした。そこにドラックスという男が割って入った。彼は妻と娘をロナンに殺された。ガモーラは自分の得物だと言い張る。他の囚人たちはドラックスの迫力に怖気付いてガモーラを差し出した。ガモーラを救うため、スター・ロードは彼女を使ってロナンを誘き出せとドラックスに助言した。

ガモーラとスター・ロード、そして、ロケットは脱獄の計画を立てた。スター・ロードが手に入れた石は、売れば彼の賞金を遥かに超える額になる。脱獄が成功したら、グルートを含めた四人でその金を分け合うことを条件に彼らは手を組むことにした。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのあらすじ【結】

相次ぐ石の奪還の失敗により、ロナンはサノスに呼び出されていた。再び手ぶらで現れるようなら次はないと警告した。

念入りに計画を練ってから始める脱獄の予定だったが、先走ったグルートのせいで警報器が作動し、四人は急遽実行を迫られる。看守と戦うロケットとグルートの姿を見たドラックスは脱獄のチャンスを予感して二人に加勢した。刑務所を脱出した五人はスター・ロードの船で脱出した。

ノーウェアと呼ばれる銀河の僻地にいるコレクターと呼ばれる人物。それが石を求めていた者の名前だった。コレクターは石の真価を語る。インフィニティ・ストーン。宇宙の誕生の際に生まれたその石は宇宙を支配できるほどの巨大な力を持っている。事態の重大さに気付いたスター・ロードとガモーラ。ガモーラはノバ軍に石を渡し、管理してもらうことを提案する。しかし、そこにヨンドゥとロナンが集まってきた。必死に戦うスター・ロードたちだが、石がロナンの手に渡ってしまう。スター・ロードは自分の身柄をヨンドゥに差し出し、ロナンから石を奪還する取引を持ちかけた。

サノスの求めていたものがインフィニティ・ストーンだと知ったロナンは石を渡すことを拒み、サノスに決別を言い渡した。ロナンは石により強大な力を手にしてザンダー星に向かった。
ザンダー星上空でラヴェジャーズとロナンの艦隊の戦いが始まった。ノバ軍の加勢によりロナンの前にまで辿り着いたスター・ロードたちだが、石の力を扱うロナンにはまるで歯が立たない。石の力を使い、星を滅ぼそうとするロナンに、スター・ロードはダンスバトルを申し込む。それは仲間が態勢を立て直すための時間稼ぎだった。ロケットが修復した武器をドラックスが使い、ロナンが石を制御するのに使っていた槌を破壊した。スター・ロードはロナンの槌から落ちた石を掴んだ。その途端、石の力が暴走を始めた。スター・ロードの身体が朽ちて行く。ガモーラが、そして、ドラックスとロケットが彼に手を差し伸べる。絆の力で石を制御した彼らはロナンを打ち倒した。

ザンダー星を救ったことで人々に感謝されたスター・ロードたち。彼らは銀河の守護者を名乗り、宇宙を渡る旅を始めた。スター・ロードは今まで開けてこなかった母親からの誕生日プレゼントを開封する。中身は母親が選曲した曲が収録されたカセットテープだった。スター・ロードは宇宙船の再生機にカセットテープを入れ、音楽を再生した。

Amazon 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の商品を見てみる