映画『火垂るの墓』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「火垂るの墓」のネタバレあらすじ結末

火垂るの墓の概要:野坂昭如の同名短編小説を、高畑勲監督が長編アニメーションとして映像化した。終戦間近の兵庫県を舞台に、戦争孤児となった少年と幼い妹が懸命に生きようとする姿を描く。節子の可愛い声とリアルな関西弁が頭から離れなくなる、あまりに悲しい名作。

火垂るの墓の作品概要

火垂るの墓

公開日:1988年
上映時間:88分
ジャンル:アニメ、戦争
監督:高畑勲
キャスト:辰己努、白石綾乃、志乃原良子、山口朱美 etc

火垂るの墓の登場人物(キャスト)

清太(辰巳努)
神戸市在住の14歳。父親は海軍の上官で、裕福な家庭に育った。戦地で戦う父親に代わり、心臓の悪い母親とまだ幼い妹の節子を守っている。
節子(白石綾乃)
4歳になる清太の妹。優しい母親のことが大好きで、兄の清太にもよく懐いている。純粋無垢な愛嬌のある少女。
西宮のおばさん(山口朱美)
清太の遠い親戚のおばさん。西宮の田舎で、息子と娘と暮らしている。空襲で焼け出された清太と節子を預かるが、しだいに2人が疎ましくなり、きつく当たる。

火垂るの墓のネタバレあらすじ

映画『火垂るの墓』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

火垂るの墓のあらすじ【起】

昭和20年9月21日の夜。戦争孤児の清太は駅構内で餓死する。死の間際、清太は幼い妹・節子のことを思い出していた。清太の所持品を調べていた駅員はドロップの缶を見つけ、草むらに投げ捨てる。缶からは小さな骨のかけらが転がり、節子の魂と清太の魂が再会する。2人の魂は、思い出の地を辿り始める。

昭和20年の初夏。アメリカ軍による日本への空襲は激しさを増し、清太が暮らす神戸市でも空襲が続いていた。この日も空襲警報が鳴り、清太は心臓の弱い母を先に防空壕へ行かせ、自分は節子をおぶって後から家を出る。しかしこの日の空襲は凄まじく、清太は逃げ惑い、海岸へ避難する。

この空襲で神戸市内は焼け野原となり、清太の家も焼けてしまう。清太は節子と避難場所の小学校へ行き、母が怪我をしたことを知る。母は全身火傷で虫の息となっており、助かりそうもなかった。清太は節子にそのことを隠す。節子は母を恋しがって泣いていた。

翌日、清太は節子を西宮の遠い親戚に預け、学校で亡くなった母の火葬を見届ける。西宮へ帰った清太は遺骨の入った木箱を植え込みに隠し、おばさんにも母は入院していると嘘をつく。清太は幼い節子に母の死を知られるのがどうしても嫌だった。そして夜中にこっそり母の遺骨を取りに行く。

火垂るの墓のあらすじ【承】

清太は家の庭に埋めてあった保存食を持ち帰る。食料は全ておばさんに渡すが、節子の大好きなドロップの缶だけは抜いておく。食料を見て、おばさんは上機嫌になる。清太はおばさんだけに母の死を打ち明ける。数日のつもりで2人を預かっていたおばさんは、この事態に慌てる。

夜、2人は近所の家で風呂を借り、帰りにたくさんの蛍を見る。この辺はまだまだ田舎で、近くには大きな池があった。清太が口にドロップを放り込んでやると、節子は大喜びではしゃぎ回る。2人はいつも空腹だった。

2人の居候期間が長引くにつれ、おばさんはしだいに苛立ち始める。大きな清太がずっと家にいることも、おばさんは気にくわない。父からは何の音沙汰もなく、清太と節子はじっと耐えるしかなかった。

おばさんが母の着物を米に変えると聞き、節子は激しく抵抗する。“お母ちゃんのおべべ”を取り上げられることは、節子にとって耐え難いことだった。

それでも白いご飯は美味しく、節子も機嫌を直す。しかしおばさんはすぐに態度を一変させ、薄い雑炊に不満を言った節子をなじる。嫌なら自炊しろと言われ、清太は母の貯金を下ろす。貯金は豊富にあり、清太はその金で七輪などの炊事道具を購入して自炊を始める。おばさんの風当たりはますますきつくなり、清太は自立を考えるようになる。

火垂るの墓のあらすじ【転】

池のほとりには横穴があり、清太は空襲があるとそこへ逃げていた。そこは昔の防空壕で、清太はここで節子と2人で暮らしてみようと決意する。おばさんの家を嫌がっていた節子は、自分たちの家ができると無邪気に喜ぶ。

行き先も告げずに出て行く2人を、おばさんは止めようともしない。2人は誰にも遠慮せず、のびのびと暮らせることが嬉しかった。

夜になると節子が真っ暗な横穴を怖がるので、清太は蚊帳の中に蛍を入れてやる。美しい蛍の光を見つめながら、清太は父の観艦式を思い出していた。清太は不安だったが、父が帰ってくるまでの辛抱だと、自らを鼓舞する。

翌朝、節子は蚊帳の中で死んだ蛍のお墓を作っていた。“お母ちゃんもお墓に入ってんねんやろ”という節子の言葉を聞き、清太はずっと堪えてきた涙が止まらなくなる。節子は幼いなりに、母の死を理解していた。

2人の生活はすぐに困窮する。近隣の農家も現金ではお米を分けてくれず、節子は徐々に衰弱していく。清太は生き延びるために農作物を盗むようになり、ある晩ついに捕まってしまう。ひどく殴られた清太を見て、お巡りさんは清太を釈放してくれるが、清太は悲しかった。後を追ってきた節子は、泣いている兄をあどけない顔で見つめる。清太はどうしてもこの幼い妹を守りたかった。

火垂るの墓のあらすじ【結】

しかし節子はますます弱っていく。清太は空襲があると留守の家へ侵入し、食料や着物を盗むようになる。清太は泥棒することも平気になっていた。

意識を失って外で倒れていた節子を、清太は急いで病院へ連れていく。しかし医者は、湿疹も下痢も栄養失調からくる衰弱なので滋養をつけるしかないと言って、何の治療もしてくれない。清太は“滋養なんてどこにあるんですか!”と医者を怒鳴りつける。節子は天ぷらやお造りの他に、またドロップを舐めたいと言っていた。

清太は節子に栄養のあるものを食べさせるため、残りの貯金を下ろしに銀行へ行く。そこで初めて、日本の敗戦や連合艦隊の全滅を知り、目の前が真っ暗になる。唯一の希望だった父まで死んだことは、受け入れがたい現実だった。

それでも清太はあれこれ買って帰り、節子の前では明るく振る舞う。節子の衰弱は進み、意識も混濁していた。スイカを口に入れてやると、節子はか細い声で“おいしい”と答え、清太に向かって“兄ちゃん、おおきに”と礼を言う。そしてそのまま永眠する。

清太は放心状態で、一晩中節子の亡骸を抱きかかえていた。本当にひとりぼっちになってしまった清太は、節子の亡骸を荼毘に付し、小さな骨をドロップの缶に納める。そして横穴には二度と戻らなかった。

それからしばらくして清太も節子のもとへ行く。子供のままの2人の魂は、今も寄り添って神戸の街を見つめている。

Amazon 映画『火垂るの墓』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    高畑勲のライバル・宮﨑駿は、本作に鋭いツッコミを入れています。本作は野坂昭如の自伝的小説を原作にしていますが、清太は巡洋艦の艦長の息子です。つまり、超エリートの息子ということになりますね。
    超エリートの息子は必ず誰かに匿われたはずで、餓死するような状況に追い込まれるのはおかしい!というのが宮﨑駿の指摘です。
    まあ、正しい指摘なんですが、本作は原作にとても忠実(オリジナルは節子が死ぬときの描写くらい)なので、高畑勲に文句を言うのはちょっと可愛そうな気がします。戦争に対し誠実な態度を取る宮﨑駿らしいツッコミですね。

  2. 匿名 より:

    主人公が子どもであることから、子どもに戦時中の追体験をさせるのに最も適した映画と言えるでしょう。この映画を「怖い」という理由だけで子どもから遠ざけては、何のために『となりのトトロ』と同時上映にしたのかがわからなくなってしまいます。原作にもあったツッコミポイントをそのまま踏襲しているのが残念なところですが、儚い人間ドラマもありますし、とても上質な映画なのにもったいないですね。
    超有名なセリフも数多く出てきますし、子どもにとって必見の映画ですから、ぜひお子様に見せてあげて欲しいです。大人が何度見ても味わい深く、見るたびに新たな発見のある素晴らしい映画ですよ。

  3. 匿名 より:

    本作に込められたメッセージは明白で、もちろん「戦争はいけないんだ!」ということですが、おそらくもう一つ深いところにメッセージがあると思います。つまり、「子どもが餓死しなくてはいけないような状況になるから、戦争はいけないんだ!」ということ。
    『となりのトトロ』の同時上映作品として、これほど恐ろしいメッセージはありません。トトロはとても楽しいお話でした。有名な都市伝説はデタラメで、とても楽しい話です。
    楽しい楽しい映画の後に、戦下の地獄絵図を見せられた子どもたちの記憶に残るのはどちらか?間違いなく『火垂るの墓』でしょう。
    スタジオジブリがここまでしてまで子どもたちに伝えたかったメッセージ。それは「子どもが餓死しなくてはいけないような状況になるから、戦争はいけないんだ!」ということ。