映画『イル・ポスティーノ』あらすじネタバレ結末と感想

イル・ポスティーノの概要:イタリアの小さな島に暮らす主人公がそこへ亡命してきた著名な詩人専属の郵便配達員となり交流していく中で、詩人の心を学び生きる喜びを見出していくヒューマンドラマ。1994年製作のイタリア映画。

イル・ポスティーノ あらすじネタバレ

イル・ポスティーノ
映画『イル・ポスティーノ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

イル・ポスティーノ あらすじ【起・承】

マリオ・ルオッポロ(マッシモ・トロイージ)はイタリアの小さな島で漁師の父と暮らしている。無口な父と2人きりの生活は色あせたつまらないものだった。

ある時、世界的に有名なチリの詩人で共産党員のパブロ・ネルーダ(フィリップ・ノアレ)が祖国の政変により妻と共にこの島へ亡命してくる。

ずっと漁師の仕事に馴染めずにいたマリオはパブロ専属の郵便配達員として雇ってもらえることになる。

パブロには世界中の女性から手紙や荷物が届く。シャイで口下手なマリオにはパブロの存在が眩しく、彼は熱心にパブロの詩を読み始める。

ある日マリオはパブロの詩について質問し、“メタファー(隠喩)”という表現方法があることを教えてもらう。無知なマリオにパブロは親切に詩の本質を説いてくれる。

マリオは詩に強く惹かれ自分も詩を書いてみたいと思うようになる。パブロはマリオを励ましてくれ、2人は友達のようになっていく。

ある日マリオは島の居酒屋で働くベアトリーチェという女性に一目惚れする。彼は初めての恋に困惑しパブロに助けを求める。

パブロの誕生日に同志から送られてきた録音テープを届けたマリオは、パブロから初めて彼が何と闘い、なぜ詩を書くのかを聞く。そして返事を録音するとき、パブロはマリオを“私の友人のマリオだ”と紹介してくれ、マリオにも喋らせる。

その日2人は居酒屋へ行く。パブロはわざとベアトリーチェの前で“私の親友で同志のマリオに”と書いてくれ、マリオに対して“君はもう詩人だ”と言ってくれる。

イル・ポスティーノ あらすじ【転・結】

パブロのおかげでマリオとベアトリーチェは急接近する。マリオは初めて知った恋の喜びを一生懸命彼女に伝え、彼女もマリオに惹かれていく。

彼女の叔母は貧乏なマリオが姪に近づくことを嫌い、2人を引き離そうとするが、2人の情熱に負け結婚を許す。

パブロ夫妻が立会人となり2人は居酒屋で賑やかな結婚式を挙げる。そこにパブロ夫妻の逮捕命令が取り消されたという電報が届く。帰国できる喜びを語るパブロを祝福しながらも、マリオは寂しそうな顔をする。そしてパブロは手紙を書くと約束して帰国していく。

職を失ったマリオは居酒屋の手伝いをしながら空虚な日々を送る。マリオは新聞でパブロの活躍を見ながら彼からの手紙を待ち続けていた。

やっと届いたパブロからの手紙は秘書が代筆した事務的なもので、マリオを失望させる。マリオは久しぶりにパブロの家を訪れ、残されていた録音テープを聞く。楽しかったパブロとの日々を思い出し、彼を頼って待っているだけではダメなのだと悟る。

マリオは友人のジョルジョに手伝ってもらい、パブロへ送る録音テープを作る。波の音、風の音、そしてベアトリーチェのお腹にいるパブリート(マリオがつけた名前)の鼓動…マリオは自分が美しいと思うものを自分の言葉とともにそのテープへ残していく。

5年後、パブロ夫妻が突然居酒屋を訪ねてくる。そこには成長したパブリートがおり、ベアトリーチェもいたがマリオの姿はなかった。

あの録音テープを作ったすぐ後、マリオはパブロに捧げる詩を朗読するため大規模な共産党の集会へ出かけ、そこで暴動に巻き込まれ命を落としていた。

パブロは録音テープを聴かせてもらい、マリオを想いながら一人で思い出の海岸を歩く。

イル・ポスティーノ 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1994年
  • 上映時間:107分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:マイケル・ラドフォード
  • キャスト:マッシモ・トロイージ、フィリップ・ノワレ、マリア・グラツィア・クチノッタ、リンダ・モレッティ etc

イル・ポスティーノ 批評・レビュー

映画『イル・ポスティーノ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

胸を突かれる脚本のリアリティー

口下手な主人公のマリオが詩人のパブロと出会い、詩に魅せられ生きる喜びを学んでいくというこの物語。

脚本作りにも参加しているマリオ役のマッシモ・トロイージの演技と彼が発するセリフはマリオの魂まで感じるようなすばらしいものだった。

初めてパブロとまともに会話をした日、無口なマリオが喜びを抑えきれない様子で話し始める。彼の詩を暗唱し“人間であることに疲れる”という詩の一節が特に気に入ったと言う。なぜなら“自分もそんな気がすることがあったがうまく言えなかった”から。そして“読んで、とてもうれしかった”と素直な感想を述べる。これには完全にやられた。まだ物語も前半なのに、グググッと喉元から熱いものがこみ上げきて困ってしまった。

マリオの仕草、表情、そして“とてもうれしかった”というストレートなセリフから自分の気持ちを相手へ伝えたいと願う彼の一生懸命な想いが痛いほど伝わってくる。リアリティーのある脚本というのは、こういう脚本のことをいうのだと胸を突かれる思いがした。

詩人

詩に対して無知なマリオにパブロは易しい言葉で詩の本質を説いていく。フィリップ・ノアレが演じるこのパブロ・ネルーダは詩人にふさわしい柔らかく鋭い目を持った人物だ。

詩の解説を求めるマリオを“詩は説明したら陳腐になる”と諭し、詩の理解は“詩を感じようとすればできる”と励ます。なんて素敵な先生だろう。その後も彼はマリオに対して理論を学べとか語彙を増やせなんて無粋なことは一切言わない。詩を書きたいなら海岸をゆっくり歩きなさいと言う。美しいものを感じる心を持てと暗に教えている。

そんなパブロとの交流を通してマリオは詩の本質を学んでいく。マリオはパブロに“詩は書いた人間のものではない、必要な人間のものだ”と反論するまでになる。詩人は生意気なことを言うマリオを怒ったりはしない。すっかり詩を理解した愛弟子を見つめ、嬉しそうに笑う。詩人はマリオの中に美しいものを感じていたのだろう。

イル・ポスティーノ 感想まとめ

自分の暮らす世界に美しいものなど一つもないと感じていた主人公が詩人と出会い、ここにはこんなに美しいものや素敵なものがたくさんあったのだと気づいていく。そして自分の言葉(思想)を持ち始める。

感じる心があればどんな環境にあっても人生は何倍も豊かなものになる。幸福というものは形あるものではなく心で感じるとるものであり“詩人の心を持てば世界は一変する”とこの作品は教えてくれる。その心があれば自然と自分の言葉も生まれてくるはずだ。

ラストはとても悲しく切ない。パブロと出会わなければマリオはもっと長生きできたのかもしれない。しかしその人生は寂しく貧しいものになっていただろう。

彼の生涯はとても短かったけれど、死ぬ直前の彼は幸福感に包まれ自分の言葉を持った喜びに震えていた。それはマリオを演じたマッシモ・トロイージもきっと同じだったはずで、心臓病のためこの作品の撮影終了から12時間後に亡くなった彼が人生の終わりに見つめていた世界は、美しく素敵なもので満ちあふれていたに違いない。

命がけでこの名作を世に残してくれたマッシモ・トロイージには心からの敬意と感謝の意を表したい。

Amazon 映画『イル・ポスティーノ』の商品を見てみる