映画『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』あらすじとネタバレ感想

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密の概要:『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』(原題:The Imitation Game)は、2014年の映画。イギリスの数学者で暗号解読者のアラン・チューリングの半生を描く。主演のベネディクト・カンバーバッチ他、演技派俳優がそろう。

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 あらすじ

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
映画『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』のあらすじを紹介します。

1951年、アラン・チューリングの自宅が荒らされ、二人の刑事がその捜査にあたる。アランは刑事の取り調べを受ける中、1939年から数年の出来事を振り返る。

1939年、ドイツの宣戦布告を受け、開戦した年。ブレッチリー・パークを訪れたアラン・チューリングは、ナチスの暗号「エニグマ」を解読するチームの一員として働く。

アランには協調性がなく、チームの同僚が頭をつかいパズルを解くようにして暗号解読を試みる中、一人で暗号解読装置の設計に取り組んでいた。その取り組みは同僚には受け入れられず、指揮官であるデニストンには資金を出すことを断られた。

アランは首相に直接手紙で頼み込み、チームのリーダーとなった。すぐさまチームの数人を解雇したアランは、後任としてケンブリッジ大学卒の女性ジョーン・クラークを雇う。

ジョーンと良好な関係を築くうち、他のメンバーとも徐々に打ち解けていった。そんな中、「クリストファー」と名付けられた暗号解読装置が完成する。しかし、ナチスは毎日暗号を変えるため、装置は回り続けるだけで暗号解読にまで至らない。

アランはジョーンに求婚し、二人は婚約する。しかしこれはジョーンの両親がいつまでも結婚せずに男の中で働くことに反対したためであった。アランは同性愛者であり、女性であるジョーンを友人としては好きでも、恋愛の対象ではなかった。実は「クリストファー」も学生時代に恋をしていた同級生の名前だったのだ。

その後、同性愛者であることをジョーンに告げ、婚約を破棄する。

暗号解読が進展したのは、ある女性職員の話がきっかけだった。暗号が使われる際、特定の単語が毎日使われることが分かったのである。それをヒントに、装置は暗号解読に成功。

しかし、また新たな問題に直面する。傍受した通信を読んでドイツの攻撃を回避すれば、暗号を解読していることが敵に知られてしまうのである。これにより、さらに苦しい選択を迫られることになるのだった。

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:115分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:モルテン・ティルドゥム
  • キャスト:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ロリー・キニア etc

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 ネタバレ批評

映画『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』について、感想批評です。※ネタバレあり

戦争映画として

この作品は、世界大戦中のナチス・ドイツの暗号解読の物語であるため、戦争映画としても観ることができる。

特に暗号を解読してからの内容は衝撃的だ。酷い言いかたをすれば、「誰を助け、誰を見殺しにするか」の選択を終戦まで続けているのである。

攻撃されるのが分かっているのに助けることができない状況は、どれだけ苦しいことだっただろうか。解読成功から、残酷な事実に気付く落差は大きい。

しかし、最後まで暗号を解読していることをナチスに気付かれることはなく、多くの味方を助けて終戦を早めることができたことを見落としてはならない。

全てを救うことはできない状況で、彼らの選択は最善だったのである。このあたりの描写は、戦争の残酷さについて考えさせられる。

1950年代の同性愛者の社会的立場

現代では同性愛者の社会的立場は向上している。まだ差別がないとは言えない状況だが、徐々に認められつつあるのも事実である。

しかし、1950年頃のイギリスでは、同性愛は罪だった。同性愛者が表立ってそれを公表できるような世ではなかったのである。この辺の事情を知った上で観ると、この映画ももっとよくわかる。

彼は他の多くの人たちと同じように愛を求めただけで、「性犯罪者」のレッテルを貼られて差別の対象となり、社会的地位も奪われてしまったのである。

アラン・チューリングの業績

アランがドイツ軍の暗号「エニグマ」を解読したことは、長い間極秘であり、50年以上政府によって隠されてきた。それが公表されたことで、第二次世界大戦におけるアラン・チューリングの功績は認められた。そして、アランが同性愛者であることで受けた酷い扱いを政府は謝罪している。すでにアランは亡くなっているのだが……。

アランが開発した暗号解読装置は、簡単に言うと計算機である。人工知能、コンピューターの元祖ともいえる。「コンピューターの父」とも称されるアラン・チューリングの業績はあまりにも偉大である。

アランが自殺するシーンにかじりかけの林檎がある。注意深く観ていないと見落としてしまうかもしれないが、この細かい細工はAppleとの関係性を示していて、なかなかうまい。

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 感想まとめ

イギリス政府が隠し続けていた暗号解読にまつわる事実。解読不可能といわれた「エニグマ」をアラン・チューリングが解読したことで、第二次世界大戦の終戦は数年も早まったのだという。

日本人にはこの辺の事情を知らない人は多いのではないだろうか。敗戦国である日本の視点で描いた戦争映画を観る人は多く、「日本から見た戦争」を知る人は大勢いるかもしれないが、連合国側から見た戦争を知る人は少ないと思う。この映画ではその一面を知ることができるので興味深かった。

素晴らしい功績を残したアラン・チューリングの人生は、あまりにも悲しいものだった。彼の天才故の孤独や、差別によって受けた残酷な仕打ちなど、彼の生涯のストーリーもよく作られていると思った。

現在多くの人がその恩恵にあずかっているといってもいいコンピューター。その開発の原点といえるのがアラン・チューリングのマシンである。パソコンを使っている多くの人に観てほしい作品である。

Amazon 映画『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』の商品を見てみる