伝記映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ

伝記映画一覧

伝記映画のネタバレあらすじ一覧です。伝記映画のストーリーをネタバレを含めて結末までわかりやすく簡単に解説しています。

「ハクソー・リッジ」のネタバレあらすじ結末と感想

ハクソー・リッジの概要:太平洋戦争中の沖縄戦において、ハクソー・リッジと呼ばれた前田高地での激戦の中、良心的兵役拒否者として銃を持たず従軍し、それでも衛生兵として、多くの傷ついた兵士を救ったデズモンド・トーマス・ドスの半生を描いた戦争映画。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」のネタバレあらすじ結末と感想

ボブという名の猫 幸せのハイタッチの概要:重度の薬物依存に陥り、ホームレスにまで落ちぶれていた路上ミュージシャンのジェームズは、ボブという1匹の猫と出会い、人生の転機を迎える。ジェームズ本人が書いたノンフィクション小説『ボブという名のストリート・キャット』を映画化した作品で、本物のボブが出演している。

「ドリーム」のネタバレあらすじ結末と感想

ドリームの概要:1960年代初頭、アメリカ初の有人宇宙飛行計画(マーキュリー計画)を陰で支えた3人の黒人女性の実話を基に製作された作品。人種差別問題にも言及しているが、差別に負けない黒人女性の強さと賢さが強調された演出になっており、作品に暗さはない。キャスト陣の演技も秀悦。

「愛情物語(1956)」のネタバレあらすじ結末と感想

愛情物語(1956)の概要:1930~40年代にかけて活躍したアメリカの天才ピアニスト、エディ・デューチンの半生を描いた作品。正式な音楽教育を受けていないにも関わらず、幸運にも恵まれ、スターの座を獲得したエディ。しかし、その絶頂のさなか、予期せぬ悲劇が彼を待ち受けていた。

「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」のネタバレあらすじ結末と感想

イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男の概要:7期に渡ってイタリア首相を務めた大物政治家でありながら、マフィアとの癒着や暗殺事件の黒幕説など、常に黒い噂が絶えなかったジュリオ・アンドレオッティの実像に迫った伝記映画。パオロ・ソレンティーノ監督の出世作。不気味な印象のアンドレオッティになりきったトニ・セルヴィッロの名演も光る。

「遠い夜明け」のネタバレあらすじ結末と感想

遠い夜明けの概要:1970年代後半の南アフリカ共和国で、アパルトヘイトに抵抗しつつ、黒人自身の自立を訴え続けた黒人活動家のスティーヴ・ビコ。そのビコの友人で白人ジャーナリストのドナルド・ウッズが出版した伝記小説『ビコ』を原作とした社会派のヒューマンドラマ。ウッズ夫妻は、本作の製作顧問も務めている。

「シド・アンド・ナンシー」のネタバレあらすじ結末と感想

シド・アンド・ナンシーの概要:伝説のパンクバンド「セックス・ピストルズ」のシド・ヴィシャスと恋人のナンシー・スパンゲンが過ごした愛と破滅の日々を描く。若かりし頃のゲイリー・オールドマンが、完璧な役作りで、シド・ヴィシャスというカリスマ的なパンクロッカーを演じ切っている。

「千年の恋 ひかる源氏物語」のネタバレあらすじ結末と感想

千年の恋 ひかる源氏物語の概要:光源氏物語を執筆中の紫式部はある日、都の左大臣に召喚され、娘彰子の教育係を頼まれる。紫式部は光源氏を通して、後宮での過ごし方や男性への接し方を教えていくのだった。物語には、華やかな男女の愛の他に、寂しく辛い思いや醜さまでもが描かれている。

1 2 3 4 6