『居酒屋ゆうれい』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

居酒屋ゆうれいの概要:「居酒屋ゆうれい」は、1994年の日本映画。監督は「エンジェル 僕の歌は君の歌」の渡邊孝好。主演は居酒屋「かずさ屋」の主人・壮太郎に萩原健一。その妻・しず子に室井滋。後妻役の里子役に山口智子。共演者に八名信夫、三宅裕司、西島秀俊、橋爪功、豊川悦司、尾藤イサオ、余貴美子など。

居酒屋ゆうれい

居酒屋ゆうれい あらすじ

映画『居酒屋ゆうれい』のあらすじを紹介します。

居酒屋「かづさ屋」の主人の壮太郎(萩原健一)は、妻のしず子(室井滋)が病の床に就いていた時に、決して再婚はしないと約束しながらそれを破ってしまった。兄の豊造(尾藤イサオ)夫婦の勧めである相手の里子(山口智子)に惚れられてしまい、両思いの形で再婚してしまう。ところがしず子はその約束をあっさりと破った壮太郎を恨んで、二人が愛し合う部屋に幽霊となって現れ、それを見た壮太郎は里子と共に腰を抜かす。嘘をついたと壮太郎を問い詰める幽霊のしず子には、しず子も愛していたが、里子も愛しているという壮太郎の言い訳も通じなく、言いたい事を言ってスッキリしたしず子は「また来る」と言って消えてしまう。一方で「かづさ屋」は若い美人のおかみとして店に出るようになった里子目当ての客が増え、毎晩のように満席状態で繁盛してゆく。その中で、幼な馴染みの辰夫(三宅裕司)や酒屋の幸一(西島秀俊)、魚春のオヤジ(八名信夫)や家族を捨て蒸発した佐久間(橋爪功)など、束の間の寂しさを忘れるために集まる溜まり場でもった。店が繁盛する中で、夜な夜な現れるようになったしず子にも慣れ、そのうちに里子としず子の距離も次第に縮まってゆくが、やはり幽霊には成仏してもらわないと困るということで、壮太郎は里子と共にしず子の墓がある寺へ相談に行く。和尚は円山応挙の幽霊画の掛け軸を二人に渡し、あの世とこの世との出入り口になっている掛け軸の絵の中に、しず子の幽霊を閉じ込めてしまえばもう悩まされることはないと言うのだが、壮太郎は掛け軸をうっかり電車の中で盗まれてしまう。掛け軸はしず子の策略で再びかずさ屋に戻って来るが、しず子は里子の体に乗り移り、壮太郎を誘惑し人間として一夜を共にする。さらに事態は意外な方向へと展開し、辰夫の別れた妻が500万の借金を抱えている事を知り、救いを求めてきた彼女を助けヨリを戻すために、辰夫はヤクザが取り仕切るプロ野球の試合を対象にした裏の賭けをしてしまう。また里子は昔の恋人で出所してきたヤクザの杉本(豊川悦司)から呼び出しを受け、「必ず帰ってくるから」と言ったまま姿をくらましてしまった。壮太郎は友人の辰夫のため、しず子に土下座をして野球の結果を教えてもらう。その結果を教えることはしず子にとってこの世にいられなくなることだったが、彼女は壮太郎に野球の結果を教え、同時に里子を杉本の手から救う。問題が全て解決し、里子の姿のままでかずさ屋に帰って来たしず子は、壮太郎と最後の抱擁を交わしてあの世へ旅立った。

居酒屋ゆうれい 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1994年
  • 上映時間:92分
  • ジャンル:ホラー、ヒューマンドラマ、ラブストーリー
  • 監督:渡邊孝好
  • キャスト:萩原健一、山口智子、室井滋、三宅裕司 etc

居酒屋ゆうれい 批評 ※ネタバレ

映画『居酒屋ゆうれい』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

居酒屋ネタに駄作なし

居酒屋という設定の有名作といえば高倉健の「居酒屋兆治」や、最近では居酒屋という設定ではないが、ニュアンスは共通する部分があるTVドラマの「深夜食堂」が有名である。居酒屋という独特な空間は、人それぞれのドラマが持ち寄られる場所としてネタが尽きることはない。プライベートの中で誰も抱えてくれない悩みや喜びを持ち込んでは共有し合うという場所であり、持ち込むものがない人はそれを受け取る側に回るというコミュティである。それを統括する人物が居酒屋の主人という存在なのだが、大手のチェーン店みたいに経営側が奥へ引っ込んでいるというのでは話にならない。自分の仕事をこなしながら客の相手もしなくてはならず細かな気配りが出来なければ客は寄りつかない。そういった複雑な役柄を演じるのは滑舌の良い演技派の役者よりも、淡々と仕事をこなす立ち姿が画になる無口な設定であるというのが似合うのだ。萩原健一という役者は生活感がなく謎の多いイメージではあるが、無口な職人肌の男を演じさせたらなんとも画になる俳優であるというのが作品の隅々から滲み出ている。高倉健や小林薫と共通するような孤独が馴染む雰囲気を持ち合わせており、監督のシナリオがいい加減だとしても、その立ち姿だけで作品を仕上げてしまう希な役者ではないだろうか。そしてストーリーにしても借金やら蒸発、男女のもつれなど、まるで夢の無いような下世話な話ばかりだが、その下世話さがどこにでも転がっているようなネタであるが故に、親近感を覚える一因になっているのだろう。

キャスティングの妙が窺える作品

萩原健一と山口智子と室井滋というキャスティングが絶妙である。再婚はしないと言った夫が、自分の事など忘れたかのようにすぐ再婚してしまい、その再婚相手が若くて美人だったら、死んだ女房は尚更成仏できないだろうという設定がユニークだ。少々ファンタジックな内容ではあるが、偶然というものの裏でこういう物語が動いていたのかという妄想譚としては、描き方は現代的でありながら、よくある日本の怪談話として違和感はない。死んだ女房の霊が、普段は円山応挙の幽霊像を描いた掛け軸の中に住んでいるという設定も面白い。室井滋の幽霊役は少々大袈裟な気はするが、二の線を行く役者として良いキャラクターを演じており、山口智子の新妻振りが何ともナチュラルな色気を漂わせて新鮮である。

居酒屋ゆうれい 感想まとめ

よく練り上げたシナリオで、三宅裕司のダメ男振りも板についている。八名信夫の演ずる魚屋のオヤジや、橋爪功の演ずる蒸発した学習塾の先生など、常連客というリアルな設定にぴったり嵌っているところも見所である。静かなストーリーの中で、新しい妻に古い妻が乗り移って過去の男を殺してしまうシーンや、憑依した状態でもいいと言い、主人公に抱かれる複雑なシーンなどがいいアクセントとなり、地味なストーリーの中にも緩やかな起伏を付けながら、いつのまにか引き込まれてしまう物語の力強さも持ち合わせている良作である。

Amazon 映画『居酒屋ゆうれい』の商品を見てみる

コメント

  1. カジ より:

    描写やテンポ、役者さんの演技がとても良かった作品です。若い日の西島秀俊さんが出ていたのに驚きでした!