映画『モンスターズ・ユニバーシティ』のネタバレあらすじ結末

モンスターズ・ユニバーシティの概要:ピクサーによる名作、「モンスターズ・インク」の続編。時系列としては前作よりも前の時間軸を描いており、マイクとサリーの学生時代、そしてモンスターズ・インクで勤務するまでを描いた成長物語。

モンスターズ・ユニバーシティの作品概要

モンスターズ・ユニバーシティ

公開日:2013年
上映時間:103分
ジャンル:アニメ、コメディ、ファンタジー
監督:ダン・スカンロン
キャスト:ビリー・クリスタル、ジョン・グッドマン、スティーヴ・ブシェミ、ヘレン・ミレン etc

モンスターズ・ユニバーシティの登場人物(キャスト)

マイク・ワゾウスキ(成人期:田中裕二 / 少年期:佐藤和太)
小さい頃からモンスターズ・インクで働く事を夢見ていた青年。怖がらせ屋としての外見に恵まれていない分、努力でそれを補おうとしている。
ジェームズ・P・サリバン(石塚英彦)
マイクの同級生で、父親が著名な怖がらせ屋というサラブレッド。外見にも恵まれているが、その慢心から努力を怠っている。
ランドール・ボッグス(青山穣)
マイクとサリーの同級生。ややメンタルが弱い一面も。
ディーン・ハードスクラブル学長(一柳みる)
マイクとサリーが通うモンスターズ・ユニバーシティの学長。過去は怖がらせ屋として活躍していた。

モンスターズ・ユニバーシティのネタバレあらすじ

映画『モンスターズ・ユニバーシティ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

モンスターズ・ユニバーシティのあらすじ【起】

モンスターの世界では、小さい子供を怖がらせる「怖がらせ屋」という職業が全モンスターの憧れでした。モンスターの中でも一番怖い存在となるべく、モンスター達は日々不思議な扉を通じて全国各地の様々な子供の元を訪れます。マイク・ワゾウスキという緑色の身体を少年も、この怖がらせ屋に幼少期から憧れていました。そして念願の怖がらせ屋になるべく、怖がらせ屋を育成するための大学、「モンスター・ユニバーシティ」に晴れて入学を決めるのでした。

しかし流石一流校、授業も簡単なものではありませんでした。ディーン学長は学期末のテストで優秀な成績を収めなかったものは学部から追放する、と生徒達に言い渡します。そんな教師陣が一層目をかけている存在がいました。父親も優秀な怖がらせ屋として名を馳せた、ジェームズ・P・サリバン、通称サリーです。サリーはマイクとは違い大きな体格や怖い顔といった、怖がらせ屋としての資質を兼ね備えていましたが、その慢心から十分な努力を怠っています。

モンスターズ・ユニバーシティのあらすじ【承】

一方、自分の外見が怖がらせ屋に向いていない事を自覚しているマイクは、不足分を技術で補うために日々の努力を怠りません。そして、とうとう学期末のテストの日が訪れました。しかしその途中、マイクとサリーが一触即発といった状態となり、誤ってディーン学長にとって大切な悲鳴ボックスを壊してしまいます。

学長はサリーには努力が、マイクにはそもそもの怖がらせ屋としての資質が足りないとし、2人を怖がらせ学部から追放しました。しかし諦めきれないマイクは、学長に冬休み明けに開かれる怖がらせ大会で優勝すれば怖がらせ学部に戻して欲しいと交渉します。負けたら退学という条件付きで約束を取り付けたマイクは、出場に必要な6人を集めるべく動き出しました。

しかし集まったのは自分と同じく怖そうには見えないモンスターばかり。更に、どうしても人数が1人足りなかったマイクのチームは、怖がらせ学部を追い出されるきっかけとなったサリーを仕方なく仲間に入れることにしたのでした。

モンスターズ・ユニバーシティのあらすじ【転】

そしてとうとう大会がやってきました。大会では複数の試合が組まれ、毎試合ビリのチームが脱落していくという形式をとっています。マイクのチームは幸運も重なり、何と次々と試合を勝ち抜いていき、とうとう上位チームとして名を馳せました。

しかしいくら上位チームに食い込んだとしても、外見が怖くない彼等は周囲になめられがちでした。どこまでいっても馬鹿にされる彼等は自信を消失しますが、マイクの呼びかけでプロの仕事場、モンスターズ・インクを訪れた一同は再び闘志の炎を燃やします。

決勝戦、試合内容は子供達を驚かせ、その怖がらせ度を計測するという、実際にモンスターズ・インクで行われているものでした。そしてなんと、外見にも恵まれた怖いモンスターがいる敵チームの中でマイクが最高点を叩き出し見事に勝負を制したのでした。歓喜に沸く一同でしたが、マイクがふと不思議な点に気づきます。自分がどれだけ冗談半分に驚かしても、怖がらせ度が異常な数値を示すのでした。

モンスターズ・ユニバーシティのあらすじ【結】

実はサリーがマイクのこと思い、サリーの機械だけ予め少ない驚きでも反応するように設定を変更していたのでした。マイクの為にと思って行った事でしたが、落胆するマイクとチームメンバーの姿を見たサリーは自らの行いを反省します。そしてディーン学長に本当の事を告げたサリーとマイクはそのまま大学から追放処分となってしまうのでした。

かし、やけを起こしたマイクが勝手に人間界へと行ってしまいます。サリーはマイクを連れ戻す為に自らも人間界へと向かいますが、人間がこちらの世界に来る事を恐れた学長は人間界とモンスター界を繋ぐ扉を閉めてしまいます。もうモンスター界には戻れないと思われた2人でしたが、人間を怖がらせる事でその扉を自力で開くことに成功します。

2人の退学は変わりませんが、そんな2人に感心した学長は2人にそっと紙を手渡します。それはモンスターズ・インクの郵便室で人材を募集しているというものでした。2人はその郵便室に就職、そこで目覚ましい成績を収め怖がらせ部門に異動となるのでした。そして話は、モンスターズ・インクへと戻ります。

Amazon 映画『モンスターズ・ユニバーシティ』の商品を見てみる

関連作品

前作 モンスターズ・インク
参考 他のピクサー作品