映画『西の魔女が死んだ』のネタバレあらすじ結末

西の魔女が死んだの概要:登校拒否になってしまった中学1年生のまいは、おばあちゃんの田舎でしばらく生活する。代々魔女の家系に生まれたというおばあちゃんは、まいを立派な魔女にするため物事の正しい方向をキャッチするアンテナと何事も自分で決める力を授けてくれる。

西の魔女が死んだの作品概要

西の魔女が死んだ

公開日:2008年
上映時間:115分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:長崎俊一
キャスト:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、真実一路 etc

西の魔女が死んだの登場人物(キャスト)

まい(高橋真悠)
思春期を迎えた中学1年生。クラスに馴染めず学校へ行かないと宣言する。イギリス人のおばあちゃんが大好き。繊細で感受性が強い。
おばあちゃん(サチ・パーカー)
まいの母方の祖母。単身でイギリスから日本へ来て中学の英語教師となる。その時に理科教師だったまいの祖父と知り合い結婚した。山奥の森の一軒家で暮らしている。
ママ(りょう)
まいの母。夫は単身赴任中で、自分も忙しく働いている。登校拒否になったまいの扱いに困り、しばらく母に預ける。
ゲンジ(木村祐一)
おばあちゃんの家の近所に住む男。無神経な田舎者だが、悪い人間ではない。

西の魔女が死んだのネタバレあらすじ

映画『西の魔女が死んだ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

西の魔女が死んだのあらすじ【起】

“おばあちゃんが倒れた”という連絡を受け、まいとママはおばあちゃんの暮らす森の一軒家へ急いでいた。おばあちゃんの状態は悪いらしく、車を運転しながらママは泣き出す。まいは2年前におばあちゃんの家で過ごした日々のことを思い出していた。

2年前、中学生になったまいはクラスに馴染めず“学校には行かない”とママに宣言する。仕事で忙しいママはそんなまいを持て余し、しばらく自分の母親のところへ預けることにする。まいはママがパパに自分のことを“扱いにくい子”と話しているのを聞いてしまい、そのことにも傷ついていた。

まいのおばあちゃんは人里離れた山奥で自然に囲まれて暮らしている。理科の教師をしていたおじいちゃんは数年前に亡くなり、現在はひとり暮らしだった。まいはイギリス人の優しいおばあちゃんが大好きだ。おばあちゃんもまいを歓迎してくれる。

荷物を取りにひとりで車へ戻ったまいは、この近所で暮らすゲンジという男と遭遇する。学校を休んでここへ来ていることを“ええ身分じゃな”とバカにされ、まいはゲンジに反感を持つ。

西の魔女が死んだのあらすじ【承】

翌日の朝早くママは東京へ帰り、まいとおばあちゃん2人の生活が始まる。おばあちゃんはまいと一緒に野いちごのジャムを作り、おじいちゃんとの思い出を話してくれる。おばあちゃんは小さなことでもまいを褒めてくれた。まいが“おばあちゃん大好き”と言うと、おばあちゃんはいつも“I know”と答えてくれる。

まいはおばあちゃんの家系には代々魔女の血が流れているという話を聞き、自分も魔女になりたいと思うようになる。魔女になるためには強い精神力が必要で、それを培うために規則正しい生活をすることが大切だと言われ、まいはそれを実行しようと決心する。

まいの魔女修行が始まった。早起きして家事を手伝い、午後からはきちんと勉強をして夜は早く眠るという生活は新鮮で楽しかった。ここでの生活に何の不満もなかったが、まいはゲンジのことだけはどうしても苦手で、嫌悪感すら感じるようになる。

ある朝、まいはおばあちゃんの鶏が食い殺されているのを発見する。おばあちゃんは野良犬かイタチの仕業だと言って大騒ぎしなかったが、まいはショックを受ける。

夜、まいはおばあちゃんに“人は死んだらどうなるの?”と聞いてみる。おばあちゃんは死とは魂が体から離れて自由になることだと信じていて、“自分が死んだらまいに知らせて、その証拠を見せてあげる”と約束してくれる。

西の魔女が死んだのあらすじ【転】

鶏小屋の修理をしてくれたゲンジにお金を届けたまいは、ゲンジの犬の抜け毛が鶏小屋の金網に付いていたものと同じだと思い込む。おばあちゃんに“あの犬が鶏を殺した犯人だ”と報告するが、おばあちゃんは見てもいないのに決めつけてはいけないとまいを注意する。おばあちゃんはまいに“疑惑や憎悪の感情は人を自滅させる”ということをわかってほしかった。しかしまいは納得できない。

その夜、おばあちゃんは夜中にクッキーを焼いてくれる。おばあちゃんのクッキーはおいしかった。まいは“ここが好き”とおばあちゃんに伝える。おばあちゃんもまいにずっといて欲しいと思っていた。

しかしママはパパと今後の相談をしていた。パパは休暇を取ってまいに会いに来て、3人で一緒にパパのいる町で暮らそうと提案する。

その夜、まいはおばあちゃんに学校へ行かない理由を初めて話す。女子のグループ行動に馴染めないまいは、例え転校しても根本的な問題は解決しないと考えていた。おばあちゃんはいつものように“どうするかは自分で決めなさい”と答える。

翌朝、まいはママと一緒にパパのところへ行くと告げる。学校は自分で選びたいというまいの成長をパパは喜んでくれる。引越し先はおばあちゃんの家から随分遠いところだった。

西の魔女が死んだのあらすじ【結】

帰る数日前。まいは自分の大切な場所にゲンジがいるのを見て、激しい怒りを感じる。ゲンジは庭で使う土を掘っていると言っていたが、まいはあの土地を盗られてしまうとおばあちゃんに訴える。しかしおばあちゃんはその訴えを聞いてくれない。感情的になったまいは“あんな汚らしい奴、死んじゃえばいいのに”と口走り、おばあちゃんに頰を打たれる。まだ幼いまいには大らかな心で人を許すということができなかった。

別れの時がきた。おばあちゃんが“大好き”という言葉を待っていると知りながら、まいは何も言わずに帰っていく。おばあちゃんはまいの乗った車をいつまでも見送っていた。それから2年。順調な日々を送っているまいは、あれから一度もおばあちゃんを訪ねていなかった。

おばあちゃんの家に着くと、おばあちゃんはすでに亡くなっていた。最期を看取ってくれたのはゲンジと郵便屋さんで、ゲンジは“何かすることがあったら何でも言うてくれ”とまいに声をかける。ゲンジはまいが思っているような悪い人ではなかった。

まいは温室で“ニシノマジョカラヒガシノマジョヘ オバアチャンノタマシイダッシュツダイセイコウ”というおばあちゃんからのメッセージを見つける。おばあちゃんはあの約束を覚えてくれていた。まいが“おばあちゃん大好き”と呟くと、台所の方から“I know”というおばあちゃんの声が聞こえる。

西の魔女が死んだの解説・レビュー

サチ・パーカーが素晴らしい

祖母を演じているのは、サチ・パーカーという女優。母はアメリカの女優シャーリー・マクレーン。両親ともに親日家で、子供の頃は日本で過ごした。だから自然な日本語を話していて、恐らく他に適任はいない。サチ・パーカーこそこの祖母の役にはぴったりだと思った。
落ち着いていて、まさに魔女かと思うような雰囲気もあり、なおかつ上品。
現代なのに電化製品はほとんどなく、野菜を作ったり果物やハーブを摘んでお茶をしたり、『赤毛のアン』のような雰囲気がある。
孫をかわいがり褒めまくるけれど、甘やかすことはしないし、自分の事は自分で決めさせるしっかりした頼れるいいおばあちゃんだった。

生きることと死ぬこと

祖母がまいに語って聞かせるのが、体と魂は別々のもので、死んだら魂は体から離れるということ。
祖母の「魔女修行」は、規則正しい生活をして、自分で物事を考える。つまりは豊かな精神を育むこと。人としての理想的な生き方だと思う。これを続けた末に、魂は体から離れる。最後の祖母からのメッセージは、「死ぬことは決して悲しいことではない」のだと思わせてくれるものだった。
こんな風に死ねるのは、自分が正しいと思うことを毎日繰り返して生きたからだと思う。自分が死ぬとき、こんな風にお茶目に明るく振る舞えるかと考えると、なかなか難しそうだ。このおばあちゃんのように生きようとは思わないけれど、自分に正直に生きたいな、と思わせてくれる映画だった。

西の魔女が死んだの感想まとめ

この映画でしかサチ・パーカーを見たことがなく、初めて知ったのだが、よくこれほどドンピシャの俳優をキャスティングできたな、と驚いた。演じているというよりも、サチ・パーカー本人がこういう人なんじゃないかと思えるほど自然体で、本当に素晴らしかった。あとは意外にもキム兄がいい。ほとんど出番はないけれど、キーパーソンで、ここぞというときにいい演技をしてくれる。
自然のままにシンプルに、派手なことはない映画だけど、最後の「西の魔女」のメッセージが本当にグッとくる。

Amazon 映画『西の魔女が死んだ』の商品を見てみる