映画『リリーのすべて』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「リリーのすべて」のネタバレあらすじ結末

リリーのすべての概要:「博士と彼女のセオリー」や「レ・ミゼラブル」、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」といった話題作に引っ張りだこの俳優、エディ・レッドメインが次に挑戦するのは性に悩む青年。非常に難しいテーマを見事に演じ切った彼の演技力から目が離せない。

リリーのすべての作品概要

リリーのすべて

公開日:2015年
上映時間:120分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー
監督:トム・フーパー
キャスト:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィカンダー、ベン・ウィショー、セバスチャン・コッホ etc

リリーのすべての登場人物(キャスト)

アイナー・ヴェイナー / リリー・エルベ(エディ・レッドメイン)
画家として成功していた男性。ある日、性的倒錯状態に陥り人生が変わっていく。
ゲルダ・ヴェイナ(アリシア・ヴィキャンデル)
アイナーの妻で肖像画家。変わっていくアイナーに不安を感じている。
ハンス・アクスギル(マティアス・スーナールツ)
アイナーの幼なじみ。密かにゲルダに想いを寄せている。
ヘンリク・サンダール(ベン・ウィショー)
舞踏会でアイナーが出会った男性。リリーに惹かれる。

リリーのすべてのネタバレあらすじ

映画『リリーのすべて』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

リリーのすべてのあらすじ【起】

舞台は1926年のコペンハーゲン。コペンハーゲンではアイナー・ヴェイナーという風景画家が活動していた。彼の絵は民衆に受け入れられ、彼は画家として安定した生活を送っていたのだった。アイナーの妻、ゲルダもまた画家として活動していた。彼女の専門は風景画ではなく肖像画。二人は非常に仲の良い夫婦だったが、なかなか子供を授かることができなかった。

その頃、ゲルダは新たな肖像画に取りかかろうとしていたが、絵のモデルを務めるはずだった人物にキャンセルされてしまう。困ったゲルダは、何とアイナーをその人物の代わりにしようと考えたのだ。ゲルダの頼みを断れず、アイナーはタイツを着用しポーズをとる。するとアイナーは、何処か言いようもない感覚に陥るのだった。

そして、ある日ゲルダが舞踏会に誘われた。ゲルダは何とアイナーに、女装して一緒に行こうと提案するのだった。そしてアイナーはリリー・エルベと名を変えアイナーの従兄弟として舞踏会に赴くのだった。

リリーのすべてのあらすじ【承】

女装した”リリー・エルベ”は美しく、サンダールという男が彼女に声をかけて来た。そして何と、サンダールはリリーに口づけを落とすのだった。咄嗟のことに混乱するリリーだったが、たまたまその場面をゲルダに見られてしまうのだった。彼女と喧嘩になってしまうアイナーだったが、それからというものどうしても女装をやめられなくなってしまう。

アイナーはリリーとしてサンダールの家に通うようになる。しかしある日、とうとうサンダールに正体がバレそうになったアイナーは慌てて自宅へと逃げ帰るのであった。アイナーはゲルダに全てを打ち明ける。女装がやめられないこと、サンダールと会っていること、その前には他の男性とも密会していたこと。

ゲルダは、そんなアイナーを病院へと連れていく。アイナーは病院で様々な検査を受け、そしてある日、とうとう彼の診断結果が郵便で届くのであった。そしてその診断書には、アイナーが性的倒錯状態にあると記されていた。

リリーのすべてのあらすじ【転】

ちょうどその頃、リリーとなったアイナーを描いたゲルダの肖像画は高く評価され、パリで個展を開かないかという大きな仕事の話が舞い込んでくる。ゲルダはアイナーを連れてパリへと旅立つが、アイナーは最早リリーから戻れなくなっていた。

そして、ゲルダはハンスという男と再会する。ハンスはアイナーの幼なじみであり、ゲルダに密かに想いを寄せている男性だった。ゲルダを誘うハンスだったが、ゲルダは自分はアイナーの妻であると彼の誘いを断る。しかし、既にこの世からアイナーは消え去り、完全なリリーという新しい存在に生まれ変わってしまった。

ゲルダが「夫と話したい」と伝えても、リリーは「もう戻れない」と断るばかり。そんな現状に耐えきれず、ゲルダは思わずハンスの元に走り去ってしまうのだった。しかし、アイナーにはまだゲルダを愛する気持ちが残っていた。そしてアイナーは、愛するゲルダのため、なんとか解決策を見つけようともがくのだった。

リリーのすべてのあらすじ【結】

それから、リリーは様々な医者を巡っていく。そしてようやく最後に辿り着いた医師に、性転換手術を提案されるのだった。しかし、性転換手術を受け本格的に女性になるということは、ゲルダとの別れを意味する。ゲルダは自分のスカーフをリリーに渡し、2人はそれぞれの道を歩みだすのだった。

そしてリリーは性転換手術を受ける。見事手術に成功したリリーは、デパートガールとして第二の人生を歩みだす。しかしリリーとして過ごすうちに、リリーはより女性らしくなりたいという願望を捨てきれなくなる。しかし、この当時の性転換手術は決して安全なものとは言えなかった。1回目の手術はともかく、2回目となるとかなりの危険が伴うのである。

しかし、リリーは女性になるため手術を受ける決意をする。そして手術が終わった時、リリーは衰弱しきっていた。ハンスとゲルダがそんなリリーを見守るが、リリーは命を落としてしまうのだった。デルタとアイナーが別れた際に交わしたスカーフが、静かに空を舞っていくのだった。

Amazon 映画『リリーのすべて』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    この映画が示す所は、生まれた時に判断された性別、能力と、自分自身のアイデンティティの差に悩む人が、
    自分らしく生きる方法を模索するという事である。

    リリーに限らず、ありのままを肯定してくれる人間が周囲にいるからこそ、人々は前に進める。
    その一方で、自分を覆い隠さなければ生きていけない環境に長い間追いやられていたり、そうしなければ
    生きていけない人こそ、この映画でリリーとゲルダが抱える苦悩には、同情できるのではないだろうか。

  2. 匿名 より:

    その点を弁えると、性的マイノリティを乗り越えたリリーよりも、この時代彼(彼女)を献身的かつ、
    快活に支え続けたゲルダに映画を観ている人間が感情移入する事は拒めない。

    薄々夫の性的思考に気づきながらも、最初は芸術家の遊びと割り切り、最後は受け入れる。
    ラストは、夫の故郷を夫の初恋の相手と訪ね、空に舞い上がるリリーのスカーフを掴まえようとする、
    ハンスの手を止める。

    それは天国に召された夫の自由を誰よりも祝福する母にも似た愛情ではないだろうか。

  3. 匿名 より:

    この映画が、難しい題材にも関わらず品よく仕上がったのは、一重に俳優たちの育ちの良さと名演にあると思う。
    主演のエディ・レッドメインや、助演のアリシア・ヴィギャンデルの演技は言うまでもない。

    自分のありのままを肯定してくれる事の難しさと苦難を、監督のトム・フーパーは、『英国王のスピーチ』、
    『レ・ミゼラブル』に続き描ききったのではないかと思う。

  4. 匿名 より:

    この映画は、史実を元にしたフィクションの映画化であり、モデルとなったリリー・エルベの人生は、もっと壮烈で泥沼である。

    映画では2回の手術後、回復する事無く亡くなっているリリーだが、実際のリリーは、4度の手術を受けただけでなく、
    手術中に医師が未発達の卵巣を発見するなど、『なるべくして女性になった人間』である事が判っている。

    ゲルダも、映画の様に献身的かつ毅然とリリーを支えたわけではない。
    彼がモデルを辞めた後は、落ちぶれ、二束三文でグリーティングカードを描き続ける人生を送っていた。
    そんな史実の惨さを排除した映画と言える。