映画『スクール・オブ・ロック』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「スクール・オブ・ロック」のネタバレあらすじ結末

スクール・オブ・ロックの概要:熱血で男臭いバンドマンであるデューイが、名門校の生徒たちにロックを伝道していくエンターテイメント作品。厳しい保護者や先生に育てられてきた生徒たちに「反抗する心」を植え付けていくデューイの教育は痛快である。

スクール・オブ・ロックの作品概要

スクール・オブ・ロック

公開日:2003年
上映時間:110分
ジャンル:音楽、コメディ、ヒューマンドラマ
監督:リチャード・リンクレイター
キャスト:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト、サラ・シルヴァーマン etc

スクール・オブ・ロックの登場人物(キャスト)

デューイ・フィン(ジャック・ブラック)
熱血バンドマン。基本的にはだらしない男だが、ロックへの情熱は本物で、子供たちにロックを伝道する。口が達者で、機転が利く。
ロザリー・マリンズ(ジョーン・キューザック)
名門校ホレス・グリーン学院の校長。真面目で硬い女性だが、酒に酔うと大胆になる。保護者たちから受ける過度なプレッシャーで、大きなストレスを溜め込んでいる。
サマー・ハサウェイ(ミランダ・コスグローブ)
クラス委員を務める、仕切りたがりの優等生。バンド「スクール・オブ・ロック」ではマネージャー担当。
ザック・ムーニーハム(ジョーイ・ケイドス・Jr)
バンド「スクール・オブ・ロック」のリード・ギター担当。家ではクラシック音楽の練習は許されているが、ロックに触れることは禁じられている。彼のオリジナル曲がコンテストの演奏曲ともなる。
フレディ・ジョーンズ(ケヴィン・クラーク)
バンド「スクール・オブ・ロック」のドラム担当。デューイのロック教育が一番ダイレクトに響いている生徒で、行動がパンク化し、不良に半歩踏み込んだ状態になる。
トミカ(マリアム・ハッサン)
バンド「スクール・オブ・ロック」のバックコーラス担当。控えめな性格だが、歌唱力は抜群。そのため、裏方からコーラス部門に抜擢される。
ネッド・シュニーブリー(マイク・ホワイト)
デューイの古くからの友達で、気が弱い。デューイとパティとともに生活している。今は補充教員をしているが、元バンドマンでロックへの捨てきれぬ思いがある。パティは彼にとって初の彼女で、頭が上がらない。
パティ・ディ・マルコ(サラ・シルバーマン)
ネッドの彼女で、気が強く、何かと言うとデューイを家から追い出そうとする。

スクール・オブ・ロックのネタバレあらすじ

映画『スクール・オブ・ロック』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スクール・オブ・ロックのあらすじ【起】

熱血ギタリストのデューイはライブ会場でのパフォーマンス中に客席へダイブしていくが、誰も受け止めてくれず地面に叩きつけられて気絶する。
デューイが家で寝ていると、同居しているネッドとその恋人のパティが起こしに来て、家賃を請求してくる。デューイは金がないと突き返すが、何か月分も家賃を滞納しており、払わないと家を追い出されることになってしまう。金を工面する必要に駆られたデューイは、バンドの大会で優勝して売れようと意気込み、スタジオに向かう。しかし、デューイの男臭いパフォーマンスはバンドの方向性と合っておらず、多数決によりクビになってしまう。

家に帰って途方に暮れるデューイのもとに、電話がかかってくる。電話は同居人のネッドに対するもので、補充教員を緊急で探しているようだ。デューイは給料を得るためにネッドになりすまし、仕事を受ける。
デューイは早速学校に行き、校長のロザリー・マリンズから説明を受け、担当のクラスを紹介される。デューイの赴任先であるホレス・グリーン学院は名門校であり、生徒たちはどこか堅苦しい。
デューイはバンドメンバーを募るが、人気はなく、集まる者はいない。家ではかつてバンドマンであったネッドを誘うが、普通の生活の方が幸せと断られてしまう。

デューイは学校では授業をせず、休憩しているだけなので生徒には不満が溜まって来ている。
そんな中、デューイは生徒たちが音楽の授業で演奏しているところを見ると、音楽魂に火が点き、教室にギターやドラム、ピアノなどの楽器を並べ始める。
音楽の授業から帰ってきた生徒たちに、演奏を教えながら担当楽器を振り分けていく。デューイは、親やほかの先生たちには内緒という約束のもと、このクラスではロックを教えることを宣言する。

スクール・オブ・ロックのあらすじ【承】

デューイはクラスのメンバーすべてに担当を振り分ける。演奏者やヴォーカルのみならず、マネージャー、機材運搬係、防音設置係、コスチュームデザイナー、バンド名を決める係など裏方も含めて担当を与える。バンドのリーダーはデューイであり、彼自身も演奏の中心人物として参加する。
クラス委員の優等生サマーは、自分が裏方であることが気に食わず、「PTA役員の母に言ってやる」とデューイに抗議する。デューイは彼女を、最高責任者であるマネージャーに任命して、彼女の不満を解消する。

デューイはレッドツェッペリンも知らない生徒たちにいら立ち、午前中にロック史の授業とロック鑑賞、午後は演奏の練習にあてるというスケジュールを立てる。
彼らが演奏する曲は、デューイがほとんど即興で作った曲であり、「家賃が払えず追い出されようとしている男の魂の叫び」とも言える内容である。
ロック漬けの生活で、生徒たちがロックに染まっていく中、トミカがヴォーカルをやりたいとデューイに言いに来る。歌わせてみると素晴らしい歌唱力で、すかさずコーラスとして採用する。

クラスのバンド化が順調に進んでいる折に、デューイはロザリーから保護者参観があることを告げられる。

スクール・オブ・ロックのあらすじ【転】

デューイは学校の目を盗み、授業中にバンドメンバーを連れてバンドのコンテストの予選に向かう。
会場に到着するも、姿を消したフレディを探し回っている内に予選は終わってしまう。しかし、デューイはコンテストの選考責任者に、生徒たちが小児病棟から来た重病人であり、バンド・バトルに出ることが最期の夢だったと語る。同情を買い、デューイたちはコンテストに出場できることになる。

バンド名を考える係の生徒たちが、デューイに「スクール・オブ・ロック」というバンド名を提案する。「ロックの学校」という響きを気に入り、感動したデューイはギターを鳴らして歌ってしまう。その音が外に漏れたことで、ロザリーが教室に入ってくる。教室にギターがあることを実験的教授法としてごまかそうとするが、無理やり感は否めない。帰り際、デューイはロザリーをデートに誘う。ビールとバーの音楽(ロザリーが好きなスティービー・ニックスの曲)の力を借りて、例外的に課外授業(デューイ曰く「モーツァルトのコンサート」だが、本当はロックのコンテスト)に生徒たちを連れていくことの許可を得る。

コンテストを明日に控えたタイミングで、デューイがネッドになりすまして補充教員をしていたことが、ネッドにバレてしまう。その晩、デューイはクラスの保護者たちの前で指導内容をしどろもどろに説明する。保護者達から子どもが音楽に傾倒しているのは、先生の影響なのではないかと追及されていると、教室に警備員が入ってくる。ネッドの彼女のパティが学校に通報して、デューイが偽教員であることが生徒と保護者、そしてロザリーにもバレてしまう。

スクール・オブ・ロックのあらすじ【結】

帰って来たデューイはパティと口論になり、ネッドに家を出て行ってくれと言われてしまう。

翌朝、学校ではクラスの保護者全員からロザリーが糾弾されている。そんな折、生徒たちはバスの運転手に「課外授業」と嘘をついて学校を抜け出し、デューイをピックアップしてコンテスト会場に行く。

出番前に何とか到着し、披露する曲をリードギターのザックによるオリジナル曲に決める。ロザリーと保護者たちが会場に詰め寄るも、部外者は中に入れないので、チケットを買って客として入場する。
ステージにはデューイたち「スクール・オブ・ロック」が出てきて、曲を立派に演奏する。観客からも支持され、保護者たちも子供のステージ上での堂々とした活躍ぶりに感動している。曲も終盤になり、デューイは客席にダイブすると、客は彼を受け止め、会場中央までリレーされていく。
会場の興奮が冷めやらぬ中、コンテストの優勝者が発表される。優勝は逃したものの、生徒たちはいい演奏が出来て満足している。結果に納得がいかない様子の会場からは、次第に「スクール・オブ・ロック」コールが巻き起こり、アンコール演奏が始まる。
その演奏が、そのまま映画のエンディング曲となり、大会後にスクール・オブ・ロックの「放課後クラス」としてメンバーが集まっている様子が映し出される。
メンバーたちは演奏し、ネッドは地元の子供たちにギターを教えている。
演奏の終わりとともに映画も終わる。

Amazon 映画『スクール・オブ・ロック』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    劇中でデューイがロックの本質について語るシーンがある。ロックは反抗から始まる。

    周りに流され、決められたことにただ従うだけの人生なんて誰が望んでいるだろう。望んでいないなら、今すぐロックになるべきだ。ロックとは生きること。もしかするとロックこそが人生の本質を教えてくれるのかもしれない。そう感じさせてくれる映画だ。

    試験も規則も階級もない。そんなスクール・オブ・ロック(ロックの学校)があれば、世界はもっと楽しくなるかもしれない。

  2. 匿名 より:

    本作で脚本とネッド役を務めたマイク・ホワイトは実生活でもジャック・ブラックと友人で、彼のために本作の脚本を書き上げた。

    ジャック・ブラックのコメディセンスや魅了を知っているからこそ、それを最大限に引き出せる物語やセリフを生み出せたのだろう。そして、それに加えたジャック・ブラックのアドリブも最高だった。

    バンドメンバーの子供たちは本物のミュージシャンのため実際に演奏しているのだが、オーディションから本番に至るまでの練習過程や個性を見てきたスタッフによって、彼らの魅力も存分に引き出されている。

    いつも目の前にある、「今しかできないこと」。それに本気でぶつかった、落ちこぼれのバンドマンと規則に抗った子供たちの青春物語は、これからも心に残り続けるだろう。

  3. 匿名 より:

    本作の物語は非常に単純明快で、老若男女が楽しめる作品になっている。単純明快な物語は先が読めるという弱点があり、観客を飽きさせてしまうというリスクもある。

    しかし、本作はそんなリスクを無効化してしまうほどの奥行きを持っている。奥行きという表現が正しいかどうかは分からないが、物語に惹きつけられ、登場人物に深く共感し、心の底から笑える。この映画に出会えて良かったと感じさせてくれる作品になっている。

    お涙ちょうだい的な演出がないにも関わらず、ロックと出会った子供たちが自分の本心に気づき変わっていく姿には感動させられる。

    映画好きの多くが好きなコメディ映画に挙げるであろう本作。頭を空っぽにして、このロックな映画を楽しんでほしい。