映画『始皇帝暗殺』あらすじとネタバレ感想

始皇帝暗殺の概要:1998年製作の上映時間166分の中国歴史大作映画で、中国、日本、フランス、アメリカの合作である。彼の人生を紐解くことでどのように暴君になっていったかをチェン・カイコー監督が描いている。

始皇帝暗殺 あらすじ

始皇帝暗殺
映画『始皇帝暗殺』のあらすじを紹介します。

舞台は紀元前3世紀の中国戦国時代末期。
この頃中国では6つの国が占拠していた。
そのうちの1つ秦の王・政は「中国は1つであるべき」という理想を掲げて、天下統一をしようとしている。
彼の幼馴染の女性(コン・リー)は政を愛していたため、彼に協力しようとする。
それは燕の国へいって偽の政暗殺計画を仕組むこと。
そこで彼女は荊軻という元暗殺者と出会う。
彼はすでにその裏家業から足を洗っていた。
時間が経つにつれ恋仲になっていく二人。

その頃秦では政の実父発覚問題や、側近の裏切りなど様々な問題に出くわしていた。
これらが原因で天下統一の固い決心までもが揺らいだ政。

そんな時燕の国の荊軻が使者として面会に来る。
その場で短刀を振りかざしてきた荊軻に呆然とする政だったが、何とか助かった。
しかしそのあと荊軻と恋仲になった幼馴染の女性がそこに。
彼女は荊軻の子供を身ごもっていたのだった。

紀元前221年。
これらのことを全て乗り越えた政は、ついに天下統一を成し遂げ中国を1つにしてしまった。
秦の始皇帝となったのだった。

始皇帝暗殺 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1998年
  • 上映時間:166分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:チェン・カイコー
  • キャスト:コン・リー、チャン・フォンイー、リー・シュエチェン、ワン・チーウェン etc

始皇帝暗殺 ネタバレ批評

映画『始皇帝暗殺』について、感想批評です。※ネタバレあり

あらゆる視点から楽しめる歴史映画

歴史映画というとあまり好みではないという声を多く聞く。
それは単純に映画自体が長くなりがちであることと、背景を知らないためそれだけ観ても理解できないという理由からであるだろう。
本作品もとにかく長い。
秦の始皇帝というと聞いたことあるレベルの人は多数いるはずだが、実際に何をしたか細かく知っている人は割といないのだ。
中国を統一した偉大なる始皇帝、彼は唯一月から見ることができる建造物「万里の長城」をつくり上げた人物である。
幼い頃は不遇の環境で育ち、やがて天下をとるという何ともドラマティカルで壮大な物語なのだ。

この映画は作られていそうで中々手を出さない人が多かった。
しかし今作品でついに完成したといっても良い。
166分の長編は見るだけで疲れそうだが、今作はそんなことも全くない。
歴史嫌いでも分かりやすく見られるように場面ごとに工夫がなされていて非常に見やすいのである。
歴史を知る上でもためになる作品であるし、映画としても芸術性の高いものに仕上げられている。

普通歴史映画というともっとつまらないもの、またはシーンが多かったりするのだがそんなこともなく飽きずに見続けることもできる。
4カ国の合作作品ということで注目もされ、技術的にもクオリティーの高いスタッフが集まったことが伺える。
キャスト陣の成りきりの演技も素晴らしく、違和感を感じさせない。
特に始皇帝は見事なキャスティングであり、想像通りの人物を作り上げてくれた。

また、歴史の事実だけにこだわらず、始皇帝の一人の人間としての魅力や価値にスポットをあてたことで手の届かない人というイメージではなく身近に感じることができ楽しめる。

始皇帝暗殺 感想まとめ

秦の始皇帝の映画が観たかった。
三国志や秦の始皇帝は描くのが難しく中々映像化されないのが現実。
登場人物も多いし、なにより戦闘シーンの規模や攻撃シーンなどは迫力が無ければつまらないのだ。
しかし本作品はそこの難しい課題をクリアしてくれた優秀作品である。
芸術性に富み、かといって歴史背景を的確にする、それでいてフィクションとしての楽しさも忘れてはいない。
理想の歴史映画であると言って良い。
中国の映画は深みがあって非常に面白いものが多い。
特に人の心や人情を描かせたら非常に上手で、気持ちのもっていき方が丁寧なのだ。
堅苦しい歴史映画というイメージを捨てて、1人の人間としての始皇帝の魅力をぜひ観て欲しい。

Amazon 映画『始皇帝暗殺』の商品を見てみる