映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点の概要:2013年の日本映画。前作で人気だった探偵シリーズの第二弾。北海道を舞台に探偵と相棒の高田が友人でオカマのまさこちゃんが殺害され、死の真相を探るべく奮闘するアクションヒューマンストーリー。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点の作品概要

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

公開日:2013年
上映時間:119分
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ
監督:橋本一
キャスト:大泉洋、松田龍平、尾野真千子、田口トモロヲ etc

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点の登場人物(キャスト)

探偵(大泉洋)
普段はおちゃらけていて頼りない男だが、一度事件に向かうと人が変わったようにプロ意識を出す熱い男。金は無いが頼まれた依頼には誠意を持って取り組む。
高田(松田龍平)
クールでヒョウヒョウとしている相棒。ここぞという時に遅れる男だが、強く探偵が誰より信頼している。
河島弓子(尾野真千子)
オカマのマサコチャンが応援してくれたお陰でプロのヴァイオリニストになれたといい、マサコの死の犯人を自分の手で捜そうと躍起になる勝ち気な関西弁の女性。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のネタバレあらすじ

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のあらすじ【起】

探偵はススキノのショーパブ「トムボーイズパーティー」に出入りしていた。
そこには何人もの個性溢れるオカマ達が務めていて、中でもマサコちゃんとは探偵と友人関係にある。
人一倍頑張り屋さんのマサコちゃんは、趣味ではまっているマジックにも一生懸命取り組んだ。
探偵は飲んだ勢いもあったが、彼女の才能をべた褒めして本格的に勧めてみるが、その時彼女は「テレビに出ると迷惑がかかる人もいるから」と断っていた。
しかし、その後マジックコンテストに出場しあっという間に全国大会まで進むことになったのである。

見事マサコちゃんは優勝を勝ちとったのだが、2日後にマサコちゃんは殺されてしまった。
ゴミ捨て場にうつぶせになり血を流し倒れていたという。
マサコちゃんの本名は時田テツノスケ、享年35歳。
コンテストの後は札幌に戻り、祝賀パーティーを楽しんだ。

遺品整理の為部屋をオカマ仲間と訪れると、川島弓子というヴァイオリニストのCDが大事にしまってあった。
彼女はこのヴィオリニストにゾッコンで応援していたのだという。
元々芸術に興味があったマサコちゃんだったため、誰も不思議には思わなかった。

テレビでも取り上げられたオカマのマジシャンということもあり、警察が躍起になって犯人を捜すだろうと思っていた仲間だったが、その想像に反し、3ヶ月立っても事件は解決に向かわなかった。
その間、探偵は女に夢中になり、バーにもマサコちゃんの店にも姿を見せなかったのである。
その頃、相棒の高田も牧場で牛の世話をしていた。
思い立って街に戻ることにした探偵は高田に連絡をする。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のあらすじ【承】

久しぶりにトムボーイズに顔を出した探偵に、オカマ仲間達は冷たかった。
警察に変わり自分が解決すると言う探偵に、今まで放って置いたことを責められてしまう。
店を出た後、情報を共有する新聞記者とバーで落ち合った探偵は、マサコちゃんの殺人事件に政治家の橡脇が絡んでいることを知る。
橡脇は両刀使いの性癖を持ち、若い頃マサコちゃんと関係があったというのであった。
現在乗っている政治家の橡脇がそのことを知られない為に、殺害したのかもしれないという見立てである。

橡脇の事を聞くために、知り合いの組長に連絡を取り出かける探偵は、後を付けてきた人間をエレベーターで追い詰める。
実は店にいる時から、探偵は怪しい人間に後を付けられていることに気がついていた。
彼女を気絶させてしまい、行きつけの喫茶店で休ませた探偵と高田は、この女がヴァイオリニストの河島弓子でることに気がつく。

しかし、目が覚めた弓子はバリバリの関西弁で、気が強く口の悪い女だった。
探偵達はとてもクラシックを弾きそうも無いその女性に驚くばかり。
しかもこの女性が何故探偵の後を付けていたのかというと、自分のファンであったマサコちゃんが殺されたことを知り探偵の後を付ければ少しはヒントが見つかるかもしれないと思ったからだった。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のあらすじ【転】

ある日、探偵の元に「学生」と呼ばれる男がやってきた。
事件について知っていることがあるのだと言うのだ。
その学生は結婚したが妻を風俗で働かせ、自分はギャンブル狂い、幼い子供を虐待しているという最悪の男で学生風だからそんなあだ名が付いている。

学生が言うにはマサコちゃんが殺された日、仕事帰りにマサコちゃんのマンションの方から橡脇が歩いてくるのを見たと言った。
政治家が絡んでいるのを知った学生は恐くなり口を伏せたが、探偵が動き出したのを知り自分も勇気を出したと言うのだった。

しかし、次第に高田と探偵は周囲から狙われ始める。
路面電車や店の中に、マスクをして棒を持った人間が次々と襲撃し始めたのだ。
何故彼らが狙われたのか。
相手は3パターンいる。
橡脇支持派、反橡脇派、フリー派だ。
探偵がある襲撃に勝利し素性を聞くと、橡脇を支持するただの一般市民だと言う。
橡脇は脱原発で市民の人気が高かったのであった。

そんな矢先、オカマ仲間から店の亨という子が姿を消したと言う情報が入った。
亨は店で何気なくマサコちゃんと橡脇の関係を口に出したことがあり、消されたのでは無いかと店のママ達が心配している。
探偵はもしかしたら実家にいるかもしれないと、亨の故郷室蘭に向かうことにした。
弓子も一緒に行きたいと無理矢理動向する。

室蘭に着くと聞き込みをした探偵達は亨を捜しだした。
彼は200万をもらいススキノから出て行けと脅されたと言い、地元で母の美容院で腹居ていたのだった。
亨はマサコちゃんと仲が良かったようで、しかもマサコちゃんは実は室蘭出身だと教えてくれる。
探偵達はマサコちゃんが新宿生まれだと聞いていたため、驚きを隠せなかった。
マサコちゃんの人生を知りたいと、亨から聞いた頼りない情報を頼りに室蘭中を探し回る。
するとある年寄りから「男だか女だかわからない子がいた」という情報を入手した。

探偵はマサコちゃんの素性を新聞記者に探らせ、自分たちはススキノに戻ることにする。
しかし的に追われ銃撃戦になり命からがら何とか逃げ切った。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点のあらすじ【結】

無断でいなくなった弓子はマネージャーも探していた。
ススキノに戻り記者会見をした弓子は、わざと探偵達の顔をテレビに出し命を狙われにくくする。
そして、探偵はついに橡脇本人に面会に出向いた。
橡脇にマサコちゃんのことを問いただすと、「テレビで見てお祝いを言いたくなり、花束を持って会いに行った。それだけだ」と言う。

結局、決定的な証拠も無く探偵は行き詰まった。
そこで弓子と会い、橡脇を自分たちで告訴して裁判にかけようと言う。
その話を聞いた弓子は「面白い」と喜んだ後、「今までありがとう。さようなら」とまるで永遠の別れかのような台詞を吐いて去って言った。

探偵は不思議に思いながらも街を歩いていると、その日の午後に公園広場で橡脇の演説が始まるという宣伝を見る。
そこへ学生がやってきて「何でも協力するから、橡脇をつるし上げよう」と声をかけてきた。

探偵は憂さ晴らしの為に、学生と高田と昼間から居酒屋で飲見に行く
すると学生が「橡脇はあんな真っ赤な薔薇の花束を贈りやがって」と愚痴を言い始めた。
探偵は何故学生が薔薇のことを知っているのか疑問に思う。
橡脇がマサコちゃんに薔薇の花束を贈ったという情報を、警察は発表していなかったからだ。

そのことを突っ込むと学生は「帰りに見たのでは無く、行きに見たのだ。聞き間違いでは無いか?」と言い出す。
探偵はさらに矛盾をついた。
橡脇はタクシーでマサコちゃんのマンションに向かっていたため、歩いている彼を見ることはないのである。
探偵は気がついた。
「お前が殺したのか!?」と。
学生は大笑いしながら、マサコの成功した人生を羨んでいる醜い愚痴を言い始めた。
そしてゴミを捨てたのだと最低な台詞を吐く。
学生はその後走って逃げだし、トラックに轢かれて即死した。

その時だった。
あの記者から一報が入る。
マサコちゃんの過去について調べがついたのであった。
マサコちゃんは父親が失踪した後、親戚の家に引き取られたが折り合いが悪く新宿に転がり込んだ。
その後は警察に厄介になりながらも身体を売り生計を立てたが、その金は全て大阪に引き取られた妹に送られていたというのである。
そう、その妹こそが弓子であった。
ヴァイオリンの才能があった弓子にずっと音楽の学費を仕送りしていたのである。
マサコちゃんが迷惑をかけたくないという人は、妹のことであったのだ。

探偵と高田は弓子の行き先が気になる。
橡脇の演説場所に向かったに違いなかった。
そして公園まで走ると、人で賑わっている。
演説が終わった橡脇を狙おうと包丁を持った弓子を見つけた探偵は、咄嗟に弓子の前に出た。
橡脇に向けられた包丁は探偵の腹を刺したのである。
しかし探偵は奇跡的に内臓への損傷は無く、すぐに退院した。
札幌にもちらほら雪が降り始める。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 批評・レビュー

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

大泉洋だからこその面白さ

大泉洋という俳優は、どんな役をやっても素晴らしい。どんな作品でも大泉洋がいるだけで大抵面白くなってしまうのがすごい。
この映画も、北海道出身の原作者と北海道出身の大泉洋によって成り立っている。ハードボイルドな探偵の話なのに、コメディ要素も十分で面白い。
ストーリー自体はまあ面白いけれど、普通の域を出ない。大泉洋の存在にかなり助けられていると思う。
前作がかなり面白かったので、続編だからというのもあってかやはりそれ以上の良さはない。それでも、今後3作目も作ってくれるなら観たいと思える作品である。

北海道民にはたまらない(?)

私は北海道出身ではないので、評判を見聞きした上でのことしかわからないが、やはり北海道出身者にとってこの映画は待望の続編だったようだ(「水曜どうでしょう」ファンにとっても)。
北海道から出て今や全国的に広く知られる俳優となった大泉洋は、しかしまだ北海道ローカルでも活躍している。これほど地元を大切にする人もいないのではないか。
そんな大泉洋が、北海道発の作品に出演し、映画の中で自分たちが馴染んできた札幌の街や、ススキノのネオン街が映るのだ。北海道民にとっては誇らしいだろうし、自分の地元がこういう風に映画に登場すればやっぱり嬉しいだろうな、と思う。
それでもやはり想像の域を出ないのだが、道民にとってはすさまじく面白いのだという。大泉洋と北海道の威力はすごい。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 感想まとめ

シリーズ二作目なので、どんな作品でも大抵前作と比較され、評価は下がる。この映画もそうで、内容はごくごく普通。シリアスあり、コメディありで普通に楽しめる。ミステリーとしては、すぐに依頼人の弓子がマサコの妹であることは気付くし、多分政治家が犯人じゃないこともわかるので、難しくはない。犯人が予想外の人物で、しょうもない理由で殺されたのだと分かる所は一番の山場だと思う。
探偵と高田のコンビは前作に続いてなかなか良かったので、シリーズが続くなら楽しみだ。

Amazon 映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』の商品を見てみる

関連作品