映画『ザ・ウォーク』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ザ・ウォーク」のネタバレあらすじ結末

ザ・ウォークの概要:ワールド・トレード・センタービルの間を綱渡りで渡った実在の曲芸師を描く、2015年公開の伝記ドラマ。地上411mからの映像がVFXによってリアルに再現されている。監督は『フォレスト・ガンプ / 一期一会』のロバート・ゼメキス。

ザ・ウォークの作品概要

ザ・ウォーク

公開日:2015年
上映時間:123分
ジャンル:ヒューマンドラマ、伝記
監督:ロバート・ゼメキス
キャスト:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ル・ボン、ジェームズ・バッジ・デール etc

ザ・ウォークの登場人物(キャスト)

フィリップ・プティ(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)
フランスの曲芸師。子供の頃から綱渡りに夢中になり、路上でのパフォーマンスをしながら生活していた。ワールド・トレード・センタービルを綱渡りで渡るという夢に挑戦する。
パパ・ルディ(ベン・キングズリー)
サーカスの綱渡り師.卓越した技術力を持ち、フィリップが綱渡りの道を選ぶきっかけとなった人物でもある。フィリップを誇りに思うと同時に心配もしており、秘伝のワイヤーの掛け方を伝授する。
アニー(シャルロット・ルボン)
ストリートミュージシャンの女性。街頭での客の奪い合いからフィリップと出会った。恋人となり、フィリップの綱渡り計画をサポートする。
ジャン=ルイ(クレマン・シボニー)
カメラマン。フィリップの写真を撮ろうとして出会った。反政府主義者で、フィリップの法を無視した綱渡り計画に共感し、協力するようになる。
ジャン・フランソワ / ジェフ(セザール・ドンボワ)
ジャン=ルイの友人で数学教師。フィリップの仲間となる。高所恐怖症で英語は話せない。ニックネームはジェフ。
ジャン=ピエール / JP(ジェームズ・バッジ・デール)
ニューヨークの電器屋のオーナー。フィリップ達の話を漏れ聞いてしまい、口止めのため仲間となった。ニックネームはJP。
バリー・グリーンハウス(スティーヴ・ヴァレンタイン)
ワールド・トレード・センタービル内のオフィスで働く保険業者。ノートルダム大聖堂でフィリップの綱渡りを見たことがあり、今回の計画に参加する。

ザ・ウォークのネタバレあらすじ

映画『ザ・ウォーク』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ザ・ウォークのあらすじ【起】

フランス人の曲芸師、フィリップ・プティは、ワールド・トレード・センタービルのツインタワーに綱を張り、前代未聞の綱渡りに挑戦した男だ。彼がこのようなことを思いついた原点は、パリでの曲芸師生活にあった。

1973年、ワールド・トレンド・センタービルでの綱渡りの約1年前。フィリップはパリの路上で大道芸をして、生計を立てていた。得意技は綱渡りだ。アメリカで建設中のワールド・トレード・センタービルの記事を偶然目にした彼は、このビルを綱渡りで渡りたいと夢見るようになる。

フィリップは8歳の時サーカスで綱渡りを目にし、たちまち魅了され独学で綱渡りを学んだ。成長したフィリップはある夜、サーカスのテントに忍び込み綱渡りを練習しようとする。しかしすぐに座長のパパ・ルディに見つかってしまう。フィリップに才能の片鱗を見たパパ・ルディは彼にパフォーマンスを教えはじめるが、意見が合わず決別する。フィリップは父と将来のことで喧嘩し家出、大道芸人となった。

ザ・ウォークのあらすじ【承】

ある日フィリップは、路上でギターを弾く女性・アニーの目の前で大道芸を始め、客を奪ってしまう。2人はこれを機に知り合い、恋人となる。2人はワールド・トレード・センターの夢に向かって共に歩み始めた。ある日カメラマンのジャン=ルイがフィリップの練習風景を撮りに来た。アナーキストの彼はフィリップの夢に共感し、2人目の仲間となる。

フィリップは、独学ではワイヤーの張り方に限界があることに気付く。パパ・ルディの元を訪れ、サーカスに身を置きながらワイヤーの張り方を伝授してもらう。池での綱渡りに挑んだが、周りに気を取られて失敗してしまう。フィリップは名誉挽回のため、ノートルダム大聖堂の上を綱渡りで渡ることに成功した。しかしフィリップは違法行為で警察に補導されてしまった。

ワールド・トレード・センタービルが完成、フィリップとアニーは渡米する。世界で最も高い建物にフィリップは圧倒されそうになったが、屋上に忍び込み決意を固めるのだった。

2つのタワーの間は遠く、ワイヤーを渡すのも一筋縄ではいかない。パパ・ルディはフィリップを心配しながらも、彼を誇りに思い助けるのだった。ジャン=ルイが新しい仲間・ジャン・フランソワ(通称ジェフ)を連れてきた。彼は数学に強く、心強い仲間となった。ワイヤーを渡す方法も解決する。

ザ・ウォークのあらすじ【転】

準備を終えたフィリップら4人は再び渡米し、忍び込むための下調べを着々と進める。しかしその途中で釘を踏んでしまい、足に怪我をしてしまった。しかし新しい仲間もできた。ワールド・トレード・センタービルで働くバリー・グリーンハウスと、偶然作戦に気付いてしまった電器屋のジャン=ピエール(通称JP)だ。

いよいよ明日は作戦決行だ。神経過敏になったフィリップは、アニーと言い争ってしまう。

一同は建築業者とフェンス設置業者に成りすまし、2つのタワーに分かれて忍び込んだ。フィリップたちはワイヤーを屋上に運び込む。弓矢を使って2つのタワーを釣り糸で繋ぎ、夜の内にワイヤーを張る作戦だった。しかしいくつものトラブルに見舞われ、夜が明けてもワイヤーは緩んだままだった。フィリップ達はやっとのことでワイヤーを張り終えるが、そのとき見知らぬ男が屋上へ上がってきた。緊張が走ったが、男はただ頷いただけでその場を去っていった。

2つのタワーのこちら側にジェフ、向こう側にジャン=ルイが待機し、フィリップの綱渡りが始まった。フィリップはワールド・トレード・センタービルの2つのタワーの間を渡り始める。アニー、バリー、JPはそれをビルの真下から見守っている。周りの人々も次第に集まり始める。

ザ・ウォークのあらすじ【結】

フィリップは無事北棟に辿り着いた。綱渡りは成功だ。しかしフィリップには、後にした南棟が自分を呼んでいるように感じられた。なんとフィリップは、もう一度綱渡りで南棟に戻り始めた。この前代未聞の綱渡りに、ビルの下には観客達が大勢集まっていた。フィリップも今までにない高揚感に包まれていた。

南棟の屋上に、騒ぎを聞きつけた警察がやってきた。フィリップは逮捕されないようにと、また北棟に向かって綱渡りを始める。しかし北棟にも警官が到着し、フィリップはワイヤーの上を行ったり来たりしはじめる。そしてついにワイヤーの上に寝転んでしまった。

フィリップの目の前に鳥が現れ、空模様も怪しくなっていた。警官たちはワイヤーを切ろうとしており、足の傷口からは血が滲み始めていた。フィリップは南棟に戻り、高らかにショーの終わりを告げる。フィリップ達はその場で逮捕されたが、観客達もビルの作業員達も、彼に惜しみない拍手を送った。

綱渡りのニュースは世界中を駆け巡り、フィリップは罰としてセントラルパークでの綱渡りを課せられるだけで済んだ。パパ・ルディもフランスでこのニュースを喜んでいた。一同は成功を祝い、アニーはフィリップと別れてフランスへ帰った。ワールド・トレード・センタービルはこの一件をきっかけにニューヨーク市民に愛される存在となり、ビルのオーナーは、フィリップに展望台の永久パスを贈った。

Amazon 映画『ザ・ウォーク』の商品を見てみる