12000作品以上紹介!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『007 スペクター』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『007 スペクター』の概要:「007 スカイフォール」に続く、ダニエル・クレイグ版の007の第四弾。ダニエル・クレイグはこの作品を最後に、ジェームズ・ボンド役を降りる事を公表しており、彼の出演する007作品としては最終作となる。

スポンサーリンク

映画『007 スペクター』の作品情報

007 スペクター

製作年:2015年
上映時間:148分
ジャンル:アクション、サスペンス、ラブストーリー
監督:サム・メンデス
キャスト:ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー etc

映画『007 スペクター』の登場人物(キャスト)

ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)
007機関に所属するエージェント。今まで数多くの任務をこなしてきたベテランエージェントで、今回はMの遺言を果たす為一人でスペクターと言う組織の壊滅を狙う。
フランツ・オーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)
テロ組織、スペクターのトップ。かつてボンドと兄弟のように育てられた過去があり、優秀な彼に嫉妬していた。
マドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)
ボンドがスペクター壊滅のために頼った殺し屋の娘。知的な女性で、自身の身が危ない事を案じこっそりと生活をしていたが、ボンドがやってきた事でその生活が大きく変わっていく。
Q(ベン・ウィショー)
007に所属する研究課の課長。まだ年齢は若いが、確かな実績を誇りボンドからの信頼も厚い。
ヒンクス(デビッド・バウティスタ)
スペクターに所属する殺し屋。ボンドと何度も相撃つ高い実力を持っており、ボンドとマドレーヌの命を狙う。

映画『007 スペクター』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『007 スペクター』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『007 スペクター』のあらすじ【起】

ジェームズ・ボンドは、テロリストのスキアラを捕まえるため、メキシコで行われている死者の祭りに潜入していました。ボンドはスキアラを殺害するべく銃を構えますが、テロリストの1人に気付かれ激しい銃撃戦となってしまいます。スキアラとボンドの最終決戦の場は何と宙に浮かぶヘリコプターの中、滅茶苦茶な動きをするヘリコプターに振り回されながら、ボンドはスキアラを突き落とし何とか彼が身につけていた「スペクター」と刻印された指輪を手に入れるのでした。

命令外の事を独断で行なったという事で、ボンドは謹慎を食らってしまいます。しかし実は、ボンドは故人であるMの遺言の為動いていたのでした。これ以上ボンドが勝手な動きをしないようにとボンドは体内にGPSを埋め込まれますが、ボンドと交流のあるQが、GPSが48時間は作動しない事をこっそりと伝えます。そしてボンドはMの遺言通り、スキアラの妻の元を訪問し、スペクターの会議が開催されるという情報、そしてその場所を聞き出すのでした。

映画『007/スペクター』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『007/スペクター』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『007 スペクター』のあらすじ【承】

会議に潜入したボンドは、フランツ・オーベルハウザーという組織を統べる男の姿を目にします。しかしその矢先、潜入している事がバレたボンドは殺し屋であるヒンクスの猛追を受けます。何とか振り切ったボンドは、かつてスペクターの殺し屋を務めていたホワイトという人物の元へと向かいます。

彼はスペクターを裏切った事でスペクターに追われる身となっていました。ホワイトはボンドに自分の娘、マドレーヌを守る事を条件に「アメリカン」というスペクターの情報を手渡した後自殺しました。

雪山の近くの病院でひっそりと医師を務めていたマドレーヌに接近したボンドは、アメリカンがモロッコにあるホテルの名前である事を知ります。途中再度ヒンクスの襲撃を受けながらも、マドレーヌとボンドはそのホテルへと辿り着きます。アメリカンの彼の裏に隠し部屋を見つけたボンドとマドレーヌは、そこにあったPCが指し示していたアフリカの砂漠を目指し飛び出します。

映画『007 スペクター』のあらすじ【転】

その座標に着いても、特に目にとまる建物などはありませんでした。しかしそこに、スペクターの車がマドレーヌとボンドを迎えるべく現れます。罠と知りつつも車に乗り込んだ2人は、オーベルハウザーが潜む隠れた施設へと案内されます。そこでは世界中の情報を傍受でき、手に入れた情報をもとにオーベルハウザーは今迄ボンドが関わってきた数多くの事件の糸も裏から引いていたのでした。

その場で気絶させられたボンドが次に目を覚ますと、真っ白な部屋の中、拷問台に乗せられていました。万事休すといったボンドに、オーベルハウザーは昔話を語り始めます。実はオーベルハウザーとボンドはかつて兄弟のように育てられた過去があり、父親が優秀なボンドばかりに目をかけることをずっと根に持っていたのでした。

そしてオーベルハウザーがボンドを殺そうとした瞬間、ボンドはマドレーヌにQの製作した爆弾が内蔵された腕時計を手渡します。マドレーヌはその時計型爆弾をオーベルハウザーに投げつけ、爆風に紛れ2人はその場から逃げ出しました。

映画『007 スペクター』の結末・ラスト(ネタバレ)

マドレーヌとボンドは深い愛で結ばれていましたが、マドレーヌはこのまま彼と裏の道は歩む事ができないとその場を立ち去ります。ボンドは他の仲間達と合流し、スペクターを壊滅させるべく動き出します。しかし、その矢先にスペクターからの不意打ちを受け再度ボンドは捉えられてしまうのでした。

ボンドは旧MI6で目をさましました。そんなボンドの前にオーベルハウザーが現れ、彼がマドレーヌを誘拐した事、そしてこのビルがあと3分で爆破される事を伝えボンドの前から去って行きました。ボンドは自らの命を顧みずマドレーヌを探し、何とか彼女を救出しビルから脱出するのでした。

オーベルハウザーの乗るヘリコプターを狙撃したボンドは、1人命からがら逃げ出したオーベルハウザーに銃口を向けます。観念したオーベルハウザーでしたが、ボンドはその引き金を引く事なく、MI6に身柄を渡し、自身はマドレーヌのもとへと向かうのでした。そしてボンドはMI6を引退し、マドレーヌと共に何処か遠くへと出かけていくのでした。

映画『007 スペクター』の感想・評価・レビュー

建物が崩壊する大爆発が何回もあり、スケールの大きさを感じた。緊迫感を煽る音楽もよかった。絶体絶命なアクションシーンに笑いのエッセンスを取り入れるのは、評価の分かれる所ではないだろうか。

レア・セドゥのボンド・ガールは意志のある女性として描かれていたのがよかったが、ボンドとの関係性に説得力がなく惹かれ合ったのが不自然に感じてしまった。007シリーズをさほど観てこなかった者としては、俳優陣が本作ではこんなキャラクターなんだなという部分を楽しんだ。(女性 40代)


人気スパイアクションシリーズの24作。クレイグ版としては第4弾となる。謎の犯罪組織「スペクター」を追い世界中を駆け回る007の姿を描く。

本作はクレイグ版ボンドの集大成として製作され、作中の設定ではこれまでボンドが乗り越えてきた騒動は全て「スペクター」の首魁、ブロフェルドが操っていたしており、これまでのシリーズを深く関連付けていたのが印象的。アクションシーンもこれまでの作品とは一線を画すほどの規模と迫力で集大成にふさわしい作品。(男性 20代)


ジェームズ・ボンドの強靭ぶりが際立つ作品でした。
頭の骨に穴を開けられているのに気絶せずに堪えられる部分は、身体的な強さを感じ、メキシコシティではヘリコプター上で死闘を繰り広げ、ヘリコプターの墜落をも恐れない大胆な戦い方で相手を突き落とす場面では、死も恐れない精神的な強さも感じました。

さらにボートでヘリコプターの追跡をしたり、廃墟と化しているMI6の建物の屋上近くからダイブしたりと、次々と展開するアクションは飽きることなく見ることができ、充実の長さという印象でした。(男性 40代)


個人的にダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドが一番好きかもしれない。立ち振る舞いとか表情とか、スタイリッシュでカッコ良く、自分が思うスパイのイメージにピッタリと合っている。
カーチェイスやヘリコプターを使ったド派手なアクションだけでなく、ハラハラさせられる敵との頭脳戦や心理戦も相変わらずおもしろかった。
レア・セドゥが演じたマドレーヌのキャラクターも良かった。女性が憧れるような、カッコ良い人物だったと思う。(女性 30代)


『007 ダイヤモンドは永遠に』以来のスペクターが登場する今作。権利の関係から登場させることができなくなってしまったと知り、物凄く残念に思っていたので今作での再登場は、私たちファンにとっては本当に「待ちに待った」という感じでした。
わかりやすい面白さと言うよりも、何気ない会話やセリフの一つ一つにクスッと笑えるユーモアが散りばめられているので細かいところにも注目して見て欲しいです。
ダニエル・クレイグボンドの最終作となる『No time to die』も楽しみで仕方ありませんね。(女性 30代)


ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる007シリーズ。007シリーズはこれまでも観たことがありましたが、ダニエル・クレイグが演じるボンドは初めてでした。スパイアクション映画の展開の速さ、アクションシーンの豪快さは凄かったです。車もバイクも船も飛行機も何でも操縦でき、強くて賢い男性。ボンドガールも毎回素敵な女優さんが演じています。今回はモニカ・ベルッチ、レア・セドゥの2人が演じていました。レア・セドゥは007次回作でも出演しています。ボンドの本命になるのでしょうか?(女性 40代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクション映画ラブストーリー映画サスペンス映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
12000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング【PR】
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約33万本
特徴国内最大級の配信数(33万本)で、そのうち29万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    前作「007スカイフォール」から、Qとマネーペニーが復活し、ボンドを支える裏方として活躍しています。特に武器開発部門の責任者Q役ベン・ウィショーとボンド役ダニエル・クレイグの親和性がいい!

    時にシリアスな笑いを織りまぜつつ、2人の息の合ったやり取りが冴えています。女性の観客はこの2人が観たいと思って劇場に足を運ぶのではないでしょうか。

    Qとのシーンでは、毎回どんな道具がボンドに提供されるのかが見どころです。今回は最新型のアストン・マーチンとオメガの時計!アストン・マーチンも時計も実用的でありながら、随所で遊び心が満載!

    不思議なのは、時計に爆破機能があるなんてボンドはいつ知ったのだろう?ということ。機能については”時間が分かる”としか答えていなかったと思います。もしかしたらQが小声でささやいたのかなぁ。

    著者が1番気に入ったのは、ラストで旧型のアストン・マーチンを譲って欲しいとQを訪ねるシーン。最新鋭の車もいいけど、愛着ある車に乗りたい!ボンドはやっぱり紳士的でかっこいい存在です。

    またマネーペニー役ナオミ・ハリスもいい味を出しています。まるで戦友のような2人。マネーペニーの私生活がちらりと見える自宅のシーンにも注目してみて下さい。

  2. 匿名 より:

    ダニエル・クレイグ版の「007」シリーズを観るまで、ほとんど「007」シリーズを観たことがなかったという人も多いのでは?著者もそんな1人です。観なかった理由として、”ボンド・ガールの描き方が嫌だったから”。

    男性優位で都合の良い女性像にしか思えなかったのです。しかし、今回は違う。レア・セドウ演じるマドレーヌ・スワンは医者で自分からボンドを誘惑したりしない。愛人としてのボンド・ガールではないのだ。

    レア・セドゥはインタビューで、役について”マドレーヌはボンドを必要としていないの。彼女は教養のあるインテリなのよ。”と語っています。(映画のパンフレットより)

    そんな女性像がこれからも描かれることを期待したい。演じるレア・セドゥはフランス出身の女優。トム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル」(11)に出演し、人気上昇中。

    彼女の代表作はなんといっても、実写版「美女と野獣」(14)のヒロイン・ベル役です!とても美しく、ディズニーアニメとはまた一味違う物語が楽しめます。ベルの気高く強いヒロイン像が好評なんですよ。

  3. 匿名 より:

    前作から続いての、信頼がおける仲間たち、マネーペニーやQ、Mと共に過去の因縁を乗り越えるために闘います!

    本作の悪役フランツ・オーベルハウザーを演じるのは、「ジャンゴ繋がれざる者」で個性を発揮したクリストフ・ヴァルツ。悪役にしてはあまり怖くないのが残念なところ。過去の悪役の印象が強烈すぎたのかもしれません。

    対照的なボンド・ガールの2人。なかでもレア・セドゥ演じるマドレーヌ・スワンは芯の強い、自立した女性。ボンドを必要としない、ボンド・ガール像は必見です!

    これまで、ボンド・ガール像といえば、美人で男に都合の良い存在だったのが、自立した女性となり、ようやく時代に追いついたという感じがします。

    また「007」シリーズは主題歌も素晴らしいということを知っていますか?本作での主題歌は、サム・スミスの「ライティングス・オン・ザ・ウォール」。前作はアデルの「スカイフォール」というように旬の歌手を起用し、物語に彩りを添えています。

    2曲とも必聴です!ぜひ音楽にも注目してご覧下さい。