「1987、ある闘いの真実」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

1987、ある闘いの真実の概要:チョン大統領による独裁政権が続く韓国。だが、一人の大学生が死亡したことがきっかけで真実が暴かれようとしていた。真実を隠そうとする政府と真実を白日の下に晒し、現状を打破しようとする者たちの闘いが始まった。

1987、ある闘いの真実の作品情報

1987、ある闘いの真実

製作年:2017年
上映時間:129分
ジャンル:歴史、ヒューマンドラマ
監督:チャン・ジュナン
キャスト:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ etc

1987、ある闘いの真実の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『1987、ある闘いの真実』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

1987、ある闘いの真実の登場人物(キャスト)

チェ検事(ハ・ジョンウ)
正義感の強いソウル地検の検事。上層部からの命令に背いた結果、退職することとなる。退職後は弁護士になった。
パク所長(キム・ユンソク)
南営洞警察署の所長。幼少期に北朝鮮の部隊に家族を殺されており、その反動で北朝鮮のスパイ狩りに躍起になっている。
キム・ジョンナム(ソル・ギョング)
民主化の運動家。指名手配されており、隠れるように暮らしている。現政権を打破するチャンスを待ち続けている。
イ・ハニョル(カン・ドンウォン)
革命を求める運動家の大学生。デモ行進の際、被弾して死亡。
ビョンヨン(ユ・ヘジン)
刑務所の看守。反体制派の手助けをしており、ジョンナムに重要な情報を流している。
ヨニ(キム・テリ)
ビョンヨンの姪。反体制運動には興味はなかったが、ビョンヨンが捕まって拷問されたことで、大切なものに気がついていく。

1987、ある闘いの真実のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『1987、ある闘いの真実』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

1987、ある闘いの真実のあらすじ【起】

1987年の韓国、チョン・ドゥファン大統領による軍事政権はエスカレートし、国民の自由は脅かされる一方だった。人々の不満は募り始め、反体制派の活動も活発になっていた。そんな時、パク・ジョンチョルという名のソウル大の学生が死亡する。

ジョンチョルを死亡させたのは南営洞警察の者たちだった。学生運動のリーダーとの繋がりを問いただされ、ひどい拷問を受けた結果の死だった。南営洞のパク所長は北朝鮮からのスパイ逮捕に躍起になっており、そのことに誇りを持っていた。彼は革命家を気取る者たちもまた、アカの一味だと疑わなかった。

ジョンチョルの死を隠蔽しようとした政府は、心臓麻痺で死んだことにするため、解剖前に火葬にしてしまおうと考える。その許可を求める書類がソウル地検のチェ検事のところへやってきた。だが、解剖をせずに火葬するのは法律に違反する。そこを曲げたくなかったチェ検事はお上の命令を無視し、サインを拒否する。

チェ検事は後輩を使ってジョンチョルの死をマスコミに流した。翌朝、大々的にジョンチョルの死が報道されたが、報道指針を破ったとして政府は激怒。緊急記者会見が開かれたが、取り調べ中に机を叩く音に驚き、心臓麻痺を起こしたと発表され、記者たちは不信を強めていった。

解剖命令書を手に、パク所長と直談判したチェ検事。ジョンチョルの叔父の立ち合いのもと、解剖が行われた。だが、解剖が終わった時、叔父はマスコミに向かって、ジョンチョルは警察に殺されたのだと叫んだ。これにより、マスコミは更に真実を暴こうと躍起になり、警察は早急な対処をしなくてはならなくなった。

1987、ある闘いの真実のあらすじ【承】

解剖の結果は、パク所長の部下たちによる暴力的な尋問による死亡を如実に示していた。浴槽に押し付け、水責めをしたことで頸部が圧迫されて死亡したのだ。だが、政府の上層部はそれをもみ消し、死因はあくまでも心臓麻痺だと言い続けた。

ジョンチョルの父親が、泣きながら遺灰を川に撒く姿を見た東亜日報の記者ユン・サンサム。その悲痛な姿に心を動かされたサンサムは、その足でチェ検事の所へと向かった。チェ検事はクビになり、事務所を去るところだったが、やってきたサンサムの熱意に期待を持ち、重要な資料をわざと駐車場に忘れていく。それに気がついたサンサムは資料を掴むと、その場を後にした。

大統領からの命令で見せしめが必要となり、パク所長の部下であるチョ刑事とジンギュ刑事が拷問致死罪により新吉洞警察に逮捕されてしまう。それを知ったパク所長は新吉洞に乗り込んでいった。パク所長はチョ刑事に執行猶予に変えて数ヵ月で出所させると約束した。

刑務所の看守ハン・ビョンヨンは警察でありながら密かに反体制派に加担していた。牢には東亜日報の元記者イ・ブヨンが収監されていた。彼から受け取った雑誌には政府を脅かす告発文が書かれており、それを運ぶことがビョンヨンの仕事だった。

ビョンヨンにはヨニという大学生の姪がいた。ビョンヨンでは警戒され、検問を抜けるのが難しかったが、ヨニならは疑われない。彼女は革命の手助けをすることに気が引けていたが、しぶしぶ雑誌を運んでいった。雑誌は民主化運動家のハム・セウン神父と活動家キム・ジョンナムに渡された。

1987、ある闘いの真実のあらすじ【転】

街に遊びに出たヨニは、ジョンチョルの死を悼むデモ集会に遭遇。それを快く思わない反勢力と衝突し、辺りは騒然となる。そんな中、一人の青年がヨニを助け出してくれた。彼はイ・ハニョルという名の大学生で、彼もまた革命を求める一人だった。後日、ヨニはハニョルが同じ大学だと知って驚く。

チョやジンギュは真実を話せず、ビョンヨンは記録を付けることも許されない。パク所長は二人を早く出したかったが、上層部は首を縦に振らない。仕方なく1億ウォンと引き換えに二人と取引するが、限界にきていたチョは真実を語って減刑してもらうと言ってきかなかった。怒ったパク所長は、家族を殺すと脅してチョを黙らせる。

チョン大統領の会見が開かれ、直接選挙は行われず、次期大統領はチョン大統領によって選ばれることが告げられる。それは独裁政権が継続されることの宣言でもあった。チョン大統領はジョンチョルの件を早急に片づけたいと思っていた。そのため、パク所長はジョンナムを北朝鮮のスパイに仕立て上げ、逮捕するように命令される。

刑務所の保安係長アン・ユは政府のやり方に我慢できなくなり、記憶を元にして書いたチョたちの会話記録をブヨンに渡した。ブヨンはそれを元に記事を書き、ビョンヨンはそれをジョンナムに渡しに行った。だが、パク所長の部下が見張っており、雑誌の受け渡しを妨害されてしまう。

反体制派との繋がりを知られたビョンヨンはパク所長に捕まり、部下たちによって酷い拷問を受ける。ヨニの所にハニョルが訪ねてきて、運動に参加してくれないかと誘いを掛けられた。だが、目の前でビョンヨンが連れて行かれる姿を見ていたヨニは複雑な気持ちだった。

1987、ある闘いの真実の結末・ラスト(ネタバレ)

ビョンヨンが拷問されていることを知ったヨニは、彼が密かに隠していた雑誌をジョンナムに届けることを決意。教会で雑誌を受け取ったジョンナムは、それをセウン神父に渡した。

セウン神父はブヨンの記事を発表。パク所長の部下五名が拷問によってジョンチョルを死亡させたことを知った記者たちは我先にと走り出した。それを知ったパク所長は全ての資料を燃やすように指示すると、大急ぎで署に戻って行った。だが、対策会議はすでに終わっており、結論は出ていた。パク所長たちは処分され、犯罪者として刑務所に送られることとなったのだ。

韓国全土が現政権への抗議活動に包まれ始める。そんな時、新聞にハニョルの写真が掲載された。彼はデモ行進中に被弾して重体を負ってしまったのだ。それを知ったヨニはたまらずに走り出した。その先でヨニは軍部独裁を終わらせようと市庁前に集まる民衆の姿を目にする。

その後、民衆の願いは叶い、大統領の直接選挙が行われて独裁政権は終結を迎えた。被弾したハニョルは助からず死亡した。ハニョルやジョンチョルを含めた今までの被害者たちの追悼式には100万人以上の人々が集まり、その悲しみに泣き、名誉を称えたのだった。

1987、ある闘いの真実の感想・評価・レビュー

真実を追う側に柱となるキャラクターがおらず、登場人物が多すぎる気がする。善意がバトンタッチされるようにメインキャラが代わっていくのは面白いが、散漫になっている印象も強かった。さまざまな国民たちが一丸になったことによって自由がもたらされたのだと表現したかったのは理解できるが、それらをまとめ上げるストーリーテリング役は必要だったと思う。逆に政府側はパク所長が柱になっており、彼を中心に物語が組まれているので伝わりやすいし、感情移入もしやすい。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする