「評決のとき」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

評決のときの概要:アメリカ・ミシシッピ州。10歳の黒人少女が白人2人に強姦、暴行されたことが発端で街の人種問題に発展する。正義とは、人種を超えて平等になされるものなのか。人種差別問題にフォーカスした話題作。

評決のときの作品情報

評決のとき

製作年:1996年
上映時間:150分
ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス、ミステリー
監督:ジョエル・シューマカー
キャスト:マシュー・マコノヒー、サンドラ・ブロック、サミュエル・L・ジャクソン、ケヴィン・スペイシー etc

評決のときの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『評決のとき』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年1月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

評決のときの登場人物(キャスト)

ジェイク・タイラー・ブリガンス(マシュー・マコノヒー)
ミシシッピ州の弁護士。娘を強姦されたカールから「白人は黒人を強姦しても有罪にならないのか」と相談を持ちかけられる。復讐に燃えるカールに復讐はしないよう忠告するも、カールは裁判所で娘を強姦した青年2人とその場に居合わせた警察官に発砲。殺人罪と警官への傷害罪で起訴され、ジェイクがカールの弁護をすることになった。
カール・リー・ヘイリー(サミュエル・L・ジャクソン)
白人青年2人に娘を強姦された父親。かつて兄の弁護をしたことのあるジェイクに相談し、彼に復讐を止められるも裁判所にて青年2人を殺害。そして、その場に居合わせた警官にも発砲し怪我を負わせたため殺人罪、傷害罪で起訴されることとなった。
エレン・ロアーク(サンドラ・ブロック)
死刑反対の姿勢を貫く法学生。この裁判でカールが死刑になる可能性を感じ、ジェイクに裁判を手伝わせてほしいと近づく。ジェイクに過去の判例を渡したり、豊富な知識を武器にジェイクの補佐を務めている。父親は有名な弁護士。
ルーファス・バックリー(ケヴィン・スペイシー)
カールの裁判の担当検察官。次の州知事を狙っており、知名度を上げるため担当することになった。
フレディ・リー・コブ(キーファー・サザーランド)
カールの娘を強姦した青年2人のうちの1人、ビリーの弟。カールにビリーを殺されたことで復讐するため白人至上主義者KKKに近づいてジェイクやエレンを脅かしていく。
ルシアン・ウィルバンクス(ドナルド・サザーランド)
ジェイクの恩師である弁護士。有能な弁護士だが、今は酒浸りの生活を送っている。

評決のときのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『評決のとき』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

評決のときのあらすじ【起】

アメリカ・ミシシッピ州のクラントン。いまだ人種差別が根強いこの地域で、黒人労働者カール・リーの娘であるトーニャが買い物帰り、白人青年2人にレイプされ、激しい暴行を受けてしまう。知らせを聞いたカールはすぐ自宅に戻り娘を抱きかかえるも、トーニャは変わり果てた姿になっていた。トーニャは一命を取り留めたものの、激しい暴行を受けていたため子供を産めない体になってしまう。

カールは以前兄の弁護をしたことのあるジェイクの元へ足を運び、ジェイクに相談する。カールはジェイクと話し、人種差別が根強いこの地域では青年2人が無罪になる可能性があることを知ってしまう。

その後、カールはジェイクに止められるも、裁判所で娘に暴行をはたらいた白人青年2人を射殺。同行していた警察官ルーニーにも発砲し、彼は右足を失ってしまった。

カールは即刻逮捕され、殺人罪と傷害罪で起訴されることになった。ジェイクはカールの弁護をすることとなり、恩師のルシアンを訪ねる。

評決のときのあらすじ【承】

ジェイクは人種差別が根強いクラントンでの裁判は公平さに欠けるため、裁判初日にすぐさま裁判所の変更を裁判長に申し入れるも、却下されてしまう。するとそのとき、誰かがジェイクの椅子に資料を置いていった。その資料とは、以前裁判地変更が許可された判例の資料だった。ジェイクはその判例を使って裁判長に打診し、次回までに裁判地変更の理由を書類にまとめ提出するよう指示をもらう。(その後、やはり裁判地の変更は受け入れられず、クラントンでの裁判が決定)

翌日、法学生のエレンがジェイクに近づき、「昨日の判例は役に立った?」と訪ねてくる。彼女こそがあの判例をジェイクに差し出した張本人だったのだ。エレンは死刑制度に反対の姿勢を取る法学生で、父親は有名な弁護士。彼女はジェイクの裁判を手伝いたいと申し入れ、ジェイクは受け入れることにした。

評決のときのあらすじ【転】

カールに射殺された白人青年の1人、ビリーの弟であるフレディは黒人であるカールに兄を殺されたとして復讐するため白人至上主義者の集まりであるKKKに近づく。そして、フレディはクライトンでのKKKの支部長を任され、カールの弁護をするジェイクやエレンに嫌がらせを始めるのだった。

ジェイクの元で働いていた女性エセルの夫は殺され、ジェイクの家には爆弾まで仕掛けられてしまう。危険を察知したジェイクは妻と子供を実家に帰らせ、エレン、ルシアン、そして友人で同じく弁護士であるハリーと協力して裁判の準備を進める。

人種差別が根強いこの地域での人種差別問題を含むこの裁判は話題となり、街全体が白人対黒人で対立が深まっていき、混乱に陥る。裁判所の前でも両者が暴動を起こす騒ぎが発生し、ジェイクも負傷してしまう。

エレンに手当てをしてもらったジェイクは自宅へ帰るが、自宅は放火され全焼してしまう。それでもカールは裁判を諦めることなく、挑んでいくのだった。

法廷でジェイクは、カールは青年2人を殺害した際、心身喪失状態だったと主張するも、敵対する検事ルーファスの巧みな尋問によって殺意を認める証言をしてしまい、廷内は騒然とする。

そのとき、エレンはフレディが率いるKKKに拉致され激しい暴力を受け重症を負ってしまう。ジェイクはエレンの身に起こったことと、これまでの執拗な嫌がらせや脅迫で苦しむも、実家から妻が戻ってきて、ジェイクの信念を理解し、支えていくのだった。

評決のときの結末・ラスト(ネタバレ)

最終弁論が近づいたある日、ジェイクはカールと面談する。カールはジェイクに対して、「ジェイクも所詮白人で、ほかの白人たちと同じように自分を黒人としてしか見ていない。友人でもないし、自分の娘を俺の娘と遊ばせるか?」と言い放つ。

最終弁論当日、ジェイクは法廷内にいる人々に目を閉じてもらい、全員の心に語りかけるように話し始めた。「幼い少女が男2人からレイプされ、激しい暴行を受けたため子供を産むことができない身体になってしまった。その少女が白人だと想像してくれ」と全員に訴えかけた。

このジェイクの弁論でカールは無罪を勝ち取った。同時に、ジェイクやエレン、その家族に執拗な嫌がらせをしていたフレディのこれまでの悪行が露見し、逮捕されたのだった。

カールの家ではパーティが開かれ、そこにはカール一家も参加していた。そこではカールの娘とジェイクの娘が一緒に遊び始める。ジェイクはカールに「子供たちが一緒に遊べると思って連れてきたよ」と話しかけ、ふたりは微笑み合うのだった。

評決のときの感想・評価・レビュー

人種問題について、正義についてとても考えさせられる作品。21世紀を迎えてもなお、人種問題がたびたび起きる現代の若い世代の人たちにもぜひ鑑賞してもらいたい作品のひとつ。冒頭から少女が強姦されるという目を覆いたくなるような描写があるが、現実にもそういった非人道的な事件が発生しているのは事実。そして、この作品のテーマである「白人は黒人を強姦しても無罪になる」といった事例は実際に数えきれぬほどあったと思われる。現代は大幅に改善されて人種間の衝突が少なくなったとは言え、それでもゼロではないのも事実。最終弁論でのジェイクの「被害者が白人だと想像してみてください」というセリフ。この一言には、たくさんの意味が含まれていると見受けられる。人種、民族、国や文化、宗教。人それぞれ異なる部分があるのは当たり前で、それを否定することなく互いに受け入れ尊重することが大切だと痛感させられる作品。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする