「オール・アイズ・オン・ミー」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

オール・アイズ・オン・ミーの概要:伝説的なラッパー、2パックの生涯を描いた伝記映画。黒人が迫害されていた時代に生を受け、母親から黒人の誇りを教えられたトゥパックは、ラッパーとして成功を収め音楽によって黒人解放を訴えかける。だが、そこには数多の弊害が彼を待っているのだった。

オール・アイズ・オン・ミーの作品情報

オール・アイズ・オン・ミー

製作年:2017年
上映時間:139分
ジャンル:ヒューマンドラマ、伝記
監督:ベニー・ブーム
キャスト:ディミートリアス・シップ・Jr、カット・グレアム、ハロルド・ハウス・ムーア、ローレン・コーハン etc

オール・アイズ・オン・ミーの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『オール・アイズ・オン・ミー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年1月現在のものです。

オール・アイズ・オン・ミーの登場人物(キャスト)

トゥパック・シャクール(ディミートリアス・シップ・Jr)
ギャングスタ・ラッパー、2パックとしてデビューし、驚異的な売り上げを出す。洗練されたリリックを生み出す才能がある。母アフェニによって黒人の誇りを教えられ、女子供には非常に優しい面を見せる。
アフェニ・シャクール(ダナイ・グリラ)
トゥパックの母親で元ブラックパンサー党員。黒人解放運動にて活動していた。常に強気で物言いのはっきりとした女性。息子に黒人としての誇りと信念を教える。
シュグ・ナイト(ドミニク・L・サンタナ)
トゥパックの支援者で、後にデス・ロウレーベルを立ち上げる。トゥパックが資金繰りに困った際は大金を手渡すが、出所は不明。金には非常に厳しい。
キダダ・ジョーンズ(アニー・イロンゼ)
パーティーにてトゥパックと知り合い、後に恋人関係となる。美しい容貌を持ち芯のしっかりした女性。
ノトーリアスB.I.G(ジャマール・ウーラード)
トゥパックの友人でラッパー。トゥパックにクラブオーナーを紹介するも、そのせいでトゥパックに危害が及んでしまう。自身もトゥパック死後、凶弾にて死亡する。

オール・アイズ・オン・ミーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『オール・アイズ・オン・ミー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

オール・アイズ・オン・ミーのあらすじ【起】

1970年代、黒人解放闘争を展開していたブラックパンサー党に所属していた母アフェニ・シャクールの長男として、トゥパック・シャクールは生を受けた。母アフェニは迫害される黒人の自由をアメリカ政府へと強く訴えかける活動を続け、トゥパックはアフェニと同じく黒人の自由を訴える活動家である継父に育てられる。アフェニは幼い頃から息子に、バスケットボールをやるよりも勉強をして知恵をつけろと英才教育を施した。

1982年、ブロンクス。継父が殺人犯としてFBIから指名手配され、自宅にFBI捜査官が突入して来る。白人の捜査官は黒人である母子を手酷く扱い、差別の対象であることを隠さなかった。その時、継父はすでに逃走していたため、逮捕されることはなかったが、トゥパック親子はボルチモアへ転居することになった。

5年後の1987年、ボルチモア。トゥパックは芸術学校へ通い、母アフェニの考えから少し離れる。町では相変わらず黒人は迫害を受け、対して黒人も鬱屈した精神を持ち酷く暴力的だった。

1988年、カリフォルニア。妹と共に母親の知り合いである活動家の元へ転居。トゥパックは金を稼ぐためにラップを始める。そして、詞のワークショップで知り合った女性に才能を見出され、デジタル・アンダーグラウンドのオーディションを受けることになった。

1990年、フロウを認められたトゥパックはツアーへ初参加。その後、バランスをわざと崩した肩破りの曲を発表し、徐々に注目を浴びるようになる。そして、友人のオーディションにたまたまついて行った先で映画にスカウト。青春バイオレンス・ムービー『ジュース』を初め、俳優としての活動を開始するのである。

トゥパックの詞(リリック)は彼が実際に目にしたことを唄っていた。彼は迫害され続けた黒人社会の凄惨な現状を音楽にして世に知らしめる。同じ頃、母アフェニが薬物依存症であることが判明し、更生施設へ入所。

オール・アイズ・オン・ミーのあらすじ【承】

1991年、トゥパックは信号無視をしたとして逮捕されてしまう。当時、トゥパックは国を最大の犯罪組織と呼んでいたし、黒人過激派にも資金を提供していた。更に活動家でもあった継父がトゥパックの叔母の脱獄を援助していたこともあり、警察権力に敵視されるのは目に見えていたのである。

その年、アフェニが更生施設から帰還。ホームパーティーが開かれ、母子は1年振りに再会する。トゥパックは活動家である母を励ますが、テレビにて副大統領がトゥパックに自制するよう呼びかけたことで、彼もまた黒人解放の活動家として認められてしまう。

1993年、ニューヨーク。ラッパー、2パックとしてのセカンドアルバムが発売。ファーストアルバム同様に100万枚の売上があったが、91年の逮捕以降、10回にも及ぶ逮捕歴に加えプライベートでの散財が報道されたことにより、資金繰りが苦しくなっていた。

訴訟にも金が要る。トゥパックが金に困っているという話を聞いた仲間のシュグ・ナイトが、出所の分からない大金を持って来る。同じ頃、黒人女性の団体がトゥパックを筆頭としたギャンクスタ・ラッパーが黒人女性を蔑視していると訴えが上がる。トゥパックには黒人女性を蔑視している意識はなく、現状を唄っているだけである。彼はむしろ黒人女性を尊敬し、励ますための歌まで唄っているのであった。

そんな折、アトランタでのライブの後、白人男性2名が1人の黒人男性を囲み暴行を加えている場面に遭遇。トゥパックは仲介に入ろうとしたが、白人男性に銃で脅し返されたため、威嚇のつもりで隠し持っていた銃を発砲した。このことでトゥパックはまたも逮捕されてしまう。しかも、白人男性は非番の警官だった。

更にその後、同じラッパーのノトーリアスB.I.Gの知り合いである、クラブオーナーから紹介された女がトゥパックからレイプされたと騒ぎ、やってもいないことで理不尽にも再逮捕されてしまう。

訴訟に次ぐ訴訟でジリ貧のトゥパックだったが、1994年11月4日。スタジオがあるビルのロビーで同じ黒人から銃撃。5発の銃弾を浴び、メダルチェーンを盗まれ瀕死の状況となる。報道では強盗とされていたが、実際はクラブオーナーの取り巻きによるものだった。ノトーリアスは企みを知っていたが、止めなかったことに責任を感じトゥパックの見舞いへ向かうも、刑事によって追い返されてしまう。

オール・アイズ・オン・ミーのあらすじ【転】

トゥパックは自分が狙われていることを知り、病院から強制的に退院。その週はレイプ事件による訴訟があったため、満身創痍でありながらも法廷へ出向いた。裁定の結果、強姦に関しては無罪となるも、不法接触に関しては有罪。判決は翌年の2月に言い渡させることになる。

1995年2月。トゥパックは不法接触の罪により、18カ月から4年の刑期を言い渡され、刑務所へ収監されることになる。軽犯罪であるにもかかわらず、収監先は重犯罪刑務所で刑期も長い。明らかに黒人差別ともとれる評決であった。
トゥパックは裁判長に対し、黒人であるが故に個人をよく見もせず、判決を下す法廷に正義はない。自分を裁けるのは神だけだと告げ刑務所へと連行されるのである。

刑務所へ収監されたトゥパックはそこでも理不尽な暴力に晒され、意味もなく痛めつけられた。だが、彼は屈することなく新曲を携え服役中にも関わらずアルバムを発表。服役中でのアルバム発表で史上初の1位を獲得する。しかし、収監中のラジオにてノトーリアスの曲を耳にしたトゥパックは、奴らが自分を嵌めた黒幕であることに気付く。

シュグが立ち上げたデス・ロウレーベルへの移籍を決めたトゥパック。彼は服役後に早速、新曲の制作に着手。閉じ込められていた鬱屈を発散するかのように、3枚のアルバムを出すと制作意欲を燃やしていた。

デス・ロウレーベルはトゥパックを迎え、100万枚のセールを次々と叩き出し今や飛ぶ鳥を落とす勢いだった。だが、シュグは金に厳しく、少しでもちょろまかそうものなら酷い制裁を与えているのだった。

オール・アイズ・オン・ミーの結末・ラスト(ネタバレ)

そうして、トゥパックのアルバムが完成。ラップのアルバムにしては珍しい2枚組の大作だった。彼はアルバムに『オール・アイズ・オン・ミー』というタイトルをつける。
新作のアルバムは記録的なヒットを叩き出し、トゥパックはノトーリアスを侮辱するような詞でライブを盛り上げるのであった。
その後、トゥパックはパーティーで知り合った美女キダダ・ジョーンズと恋仲になり、3枚目のアルバムも完成。全てが順調に進んでいるかと思われた。

しかし、ここでシュグが売り上げに対して元が取れていないと言い出す。帳簿を見せられ頭を抱えたトゥパックだったが、翌日になって新たな子会社レーベル、デス・ロウ・イーストの経営者としてシュグに迎えられることになる。

1996年、トゥパックはMTVにてデス・ロウ・イーストの設立を発表。彼は西海岸で起こした旋風を東海岸でも起こすと豪語。そもそも、当時の黒人社会はアメリカ西海岸と東海岸とで諍いが絶えず、同じ黒人同士で争っている状況であった。彼は自分の音楽でもって一致団結を計ろうとしたのである。
しかし、このことで東海岸の黒人たちが侮辱されたと憤慨。東西抗争の危機に瀕してしまう。

1996年9月7日、ラスベガス。ボクサーのマイク・タイソンの応援にやって来たトゥパックは、彼のメダルチェーンを盗んだ人物を見つけたと仲間から聞き、ただちに犯人の元へ。カジノで大騒動となる。このことで恋人キダダとも口論になったが、トゥパックは彼女を宥め、仲間と共にクラブへと赴くことになった。1時間だけという約束で、シュグの車に乗ってホテルを出発。

だが、その道すがら信号待ちをしていたトゥパックは、隣に停まった車から銃撃されてしまう。仲間達はすぐさま警察へ助けを求めるも、救急車の到着には間に合わずトゥパックは息を引き取ってしまうのである。まだ25歳という若さだった。

6日後の9月13日、トゥパックの死が発表。100万枚越えアルバム9作、死後リリース7作、合計売上は7500万枚にも及んだ。出演映画は7本。彼が殺害されてから20年経過しているが、まだ犯人は見つかっていない。

オール・アイズ・オン・ミーの感想・評価・レビュー

25歳という若さで凶弾に倒れた伝説的ラッパー、2パックの生涯を映画化した作品。黒人迫害が色濃く残された時代を、洗練された言葉で戦い抜く真摯な姿勢と強さを描いている。ラッパーと言えばいかがわしいイメージが強いが、2パックは決して薬物を使用せず、子供や女性には穏やかで優しい面を見せる。

名だたる名曲とともに彼の凄惨な人生が描かれており、反発する姿勢に対し理不尽な状況に陥っても尚、屈しない強い精神がしっかりと表現されている。何と言っても、2パックが紡ぎ出すリリックが素晴らしい。(MIHOシネマ編集部)