映画『アマデウス』あらすじとネタバレ感想。無料視聴できる動画配信は? | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『アマデウス』あらすじとネタバレ感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『アマデウス』の概要:1984年公開のアメリカ映画(原題:Amadeus)。ブロードウェイの舞台の映画化でヴォルフ・ガング・アマデウス・モーツァルトの半生を描いている作品である。アカデミー賞8部門独占した話題作。

スポンサーリンク

映画『アマデウス』 作品情報

アマデウス

  • 製作年:1984年
  • 上映時間:160分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ミロス・フォアマン
  • キャスト:F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ、ロイ・ドートリス etc

映画『アマデウス』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『アマデウス』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ
dTV×
TELASA×
TSUTAYA TV×
ビデオマーケット×
Netflix×

※動画の配信情報は2021年9月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『アマデウス』 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

映画『アマデウス』 あらすじ(ストーリー解説)

映画『アマデウス』のあらすじを紹介します。

1823年ウィーンの街でサリエリという老人の男性が自殺、精神病院に運ばれた。
意識が朦朧とする中で彼は「許してくれ、モーツァルト。殺したのは私だ」とつぶやいていた。

オーストリア皇帝に使えたこの老人、天才と言われるほどの音楽の才能の持ち主であった。
しかしそれもウォルフ・ガング・アマデウス・モーツァルトの出現で、彼の人生は大きく変わることになる。

音楽家としては確かに天才であったが、女にはだらしなくモーツァルトはサリエリの思い人に手を出してしまう。
このことでサリエリの憎しみは相当なものになってしまう。
サリエリは、モーツァルトに来ていた皇帝の姪の音楽教師に就任するという話をダメにしてしまった。

しかし逼迫していた家計のため何としても夫に教師になって欲しかった妻は、モーツァルトが書いた楽譜を持って売り込みに来る。
その楽譜を見て驚愕したサリエリ。
その中身はまさに神業とも思える内容だった。

この一件以来、さらにモーツァルトに嫉妬と憎しみを顕にするサリエリは、モーツァルトの家にスパイとして家政婦を送り込む。
そこで得た情報、それはフィガロの結婚の上演をするということ。

実は皇帝はこの演目の上演は許していなかった。
そのことを皇帝に密告するサリエリ。

やがて最愛の父が死に、モーツァルトは廃人のようになっていた。
この頃から庶民劇場でのドン・ジョバンニ公演をすることに没頭する。
全ては金のためだった。

そして最後の復讐。
それは変装したサリエリがレクイエムの作曲を依頼することだった。

大金に目がくらみ、肉体的にも精神的にも限界まで達していたモーツァルトは魔笛の上映中倒れてしまう。
しかし追い詰めるサリエリ。
何とかレクイエムを仕上げろと言う。

期日に仕上げたモーツァルト。
しかしこのことがたたったのか、35歳の12月息を引き取ったのだ。

これがサリエリの物語である。

映画『アマデウス』 感想・評価・レビュー(ネタバレ)

映画『アマデウス』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

人間そのものを描いた傑作

この映画はモーツァルトを描いている作品である。
タイトルももちろんその通りである。

しかしながら冒頭でいきなり運ばれた自殺した老人。
これは実在した宮廷音楽家のサリエリなのだが、彼がモーツァルトのことを語っているわけなのだ。

天才に限りなく近い凡庸な音楽家が、モーツァルトの出現のせいで自分の存在価値に悩み揺れる。
そして最愛の女性までをもモーツァルトに取られた彼は、嫉妬と憎悪に苦しみ抜くわけなのだ。

そのことで皇帝などから信頼されるモーツァルトを面白く思えないし、何より彼の音楽の才能に悔しささえ感じてしまったサリエリは復讐する方向に気持ちが向かってしまう。

一方でモーツァルトは若いせいもあり下品で傲慢。
音楽の才能は確かにあるが、人間としては成熟しているとは言えない。

凡庸で天才を憎む音楽家と、天才で人を見下す音楽家。
この相容れない2人の人間模様が非常に面白い。

何よりサリエリは凡庸ではあったが音楽の才能を認める力はあった。
だからこそモーツァルトにはかなわないことを知っていたのだ。
もし知らなければ勘違いして彼と張り合いそれなりに生きていけるところだが、モーツァルトの才能を前に膝まずくことしか出来ない。

それがやがて殺意となっていく。
サリエリは変装してモーツァルトにレクイエムを依頼する。
忙しい彼を追い詰め仕事をさせたのだ。

舞台で倒れたモーツァルトに「レクイエムを仕上げろ」と追い込み、しまいには自分で依頼したくせに手伝い仕上げてしまうのだ。

友情と憎しみ、殺意全て自分で処理できない複雑なものが取り巻いている。
モーツァルトを描いているようで、実はサリエリの物語であるといっても過言ではないのだ。


モーツァルトと言うあまりにも有名な音楽家ですが、彼について私たちは何を知っているのでしょう?私たちが知っているのは音楽の時間に習った彼が作った「名曲」たちだけで、彼の人生や生き方については何も知らなかったのだと思い知らされました。
この作品の全てが事実だとは思いませんが、モーツァルトのことを妬み、僻んでいたサリエリの目線からはこう見えていたのだろうと感じます。天才と呼ばれるような人たちには私たちには理解できない苦しみや苦悩があるのだと思いますが、その根底にあるのは誰もが持っている「人間らしさ」なのだと感じました。
人を妬むことも、人を見下すこともどちらも褒められる行為ではありませんが、天才でも同じなんだという人間らしいストーリーが見られました。(女性 30代)


2時間40分という長さがありつつも見所も多く退屈しない。モーツァルトの名前がタイトルではあるが、語り部であるサリエリの視点で描かれていることで普通の伝記映画とは一味違うものになっている。どこまで史実に忠実でどの部分はフィクションなのかは分からないが「嫉妬」という普遍的な感情を軸にしたドラマとして楽しめると思う。劇中劇でのセットが微妙に作り物っぽいのは時代考証に基づいてのものだとしたら?と考え出すと劇中劇のシーンも興味深い。ロケ地プラハの町並みの美しさも見所。(男性 40代)

映画『アマデウス』 まとめ

この映画は非常によくできている。
まれに見る優秀作品の中の優秀作品と言っても良いだろう。

モーツァルトにスポットを当てているように見せながら、実は2人の音楽家を対比させて描いているのだ。

音楽家としての才能を描いているだけではなく、人間としての嫉妬や妬みを描いているからこそ見ていて共感できるのだ。

天才の話だけではあまりにも感情移入がしづらい。
この映画の上映後から今まで日の目をみなかったサリエリが注目されたらしい。
やはりこのような描かれ方をすれば興味を持つのが当たり前だ。

天才はその場で評価される者と、死んだあと100年経ってから評価される者がいる。
サリエリは凡庸ではあったが、きちんと後世で評価をうけるに値する音楽家だったのかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒューマンドラマ映画歴史映画伝記映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました