映画『ブラック・クランズマン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ブラック・クランズマン』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『ブラック・クランズマン』の概要:今も存在する白人至上主義団体・KKK(クー・クラックス・クラン)に黒人警官が潜入するという嘘のような本当の話をもとに、アメリカでの黒人差別の実態を描く。時に大胆なフィクションも織り交ぜながら、この話は決して昔話ではなくまさに今起こっている事実だと強く訴えかけてくる映画である。

スポンサーリンク

映画『ブラック・クランズマン』の作品情報

ブラック・クランズマン

製作年:2018年
上映時間:128分
ジャンル:ドキュメンタリー、歴史、コメディ
監督:スパイク・リー
キャスト:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライヴァー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス etc

映画『ブラック・クランズマン』の登場人物(キャスト)

ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)
70年代当時としては珍しく、コロラドスプリングス警察署に初めての黒人警察官として採用される。黒人差別に憤りを覚え、同僚と協力してKKKに潜入する。
フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)
ロンの同僚。KKKの前に姿を見せられないロンに代わり一人二役を演じる。公にはしていないが実はユダヤ人。
パトリス・デュマス(ローラ・ハリアー)
コロラドカレッジの学生連合代表を務め、ブラックパンサー党にも所属し黒人解放運動に積極的に関わる。ロンと親しくなる。
ウォルター・ブリーチウェイ(ライアン・エッゴールド)
KKK支部の代表であり、ロンが最初に電話をかけた時の相手。黒人に強い恨みを持つ。
フェリックス(ヤスペル・ペーコネン)
KKK支部の一員。熱心な白人至上主義者で、ロンに対して疑いの目を向ける。
コニー(アシュリー・アトキンソン)
フェリックスの妻。夫と同じ熱い思いを持ち、KKKの役に立ちたいと思っている。
デヴィッド・デューク(トファー・グレイス)
KKKの最高幹部。
クワメ・トゥーレ(コーリー・ホーキンズ)
ブラックパンサー党の代表であり、パトリスが尊敬するリーダー。

映画『ブラック・クランズマン』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ブラック・クランズマン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ブラック・クランズマン』のあらすじ【起】

1970年代半ばのアメリカ、コロラドスプリングス。黒人のロン・ストールワースが警察官として採用される。彼は少々向こう見ずなところがあるが、熱心で正義感が強い。にもかかわらず配属された部署は資料係。黒人差別者の同僚から嫌がらせを受け嫌気が差していたロンに部署移動の話が持ち上がり、ある指令が下る。

その指令とは、最近過激さを増してきているブラックパンサー党の集会を監視するというもの。黒人解放運動の熱が高まっている中で暴動計画の疑いがあり、同じ黒人であるロンを潜入させ内情を探らせるためである。結果としては具体的な計画は見受けられなかったものの、ロンはリーダーであるクワメ・トゥーレの熱い演説と会場の熱気に深い感慨を覚える。

その夜出会ったパトリスというブラックパンサー党メンバーの女性と親しくなったロン。彼女が白人警官から受けたという差別に憤るものの、大の警官嫌いの彼女には自分も警官だとは打ち明けられず複雑な思いを抱える。

映画『ブラック・クランズマン』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『ブラック・クランズマン』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『ブラック・クランズマン』のあらすじ【承】

そんな折、職場で読んでいた新聞に「KKK」=「クー・クラックス・クラン」の広告を見つける。KKKとは黒人を始めとする異人種を差別・排斥し白人こそ素晴らしいという理念を掲げる団体で、いわば黒人の敵である。

そんな団体に対してロンはその場で電話をかけ、いかにも保守的な白人のような口調でKKKへの加入希望を訴える。その時電話を受けた男はKKK支部代表を務めるウォルターで、ロンの熱弁を聞きすっかり彼を白人だと思い込む。ぜひ一度顔を見せてほしいというウォルターの誘いを承諾し、電話を切るロン。そして、その会話を聞き「彼は一体どういうつもりだ?黒人なのにどうやってKKKの前に顔を見せるつもりだ?」と訝しがる同僚たち。

しかし、ロンには策があった。電話では今のように自分が応対し、実際に会う時は白人の同僚を代役に立てるという普通に考えると無理のある作戦である。その代役として選ばれたのがフリップ。彼は嫌々ながらもロンに協力し、隠しマイクをつけて支部へ入り込んで行く。

支部代表のウォルターには妹が黒人に襲われた過去があり、黒人なんていなくなればいいと演技するフリップのことを気に入る。ただ、支部のメンバーであるフェリックスはロンと名乗る新人の男に疑いを持っていた。こいつは本当にKKKの支持者か?潜入捜査官かユダヤ人ではないか?と驚くべき嗅覚で何度となくつっかかってくるフェリックスを危うくかわしながら、フリップは徐々に団体に馴染んでいく。

映画『ブラック・クランズマン』のあらすじ【転】

ある日、KKK最高幹部であるデヴィッド・デュークと電話で話すという幸運な偶然が起こる。ロンは興奮を抑えながら彼と白人至上主義の素晴らしさを話す。彼は白人の話す英語と黒人の話す英語の違いは絶対に聞き分けられると言う。だから君は白人に決まっているよと話すデヴィッドに笑いをこらえきれないロン。その場の空気に乗じて彼の会員証を送ってほしいと頼み、その願いは聞き入れられる。また、デヴィッドは近々コロラドスプリングスで行われるKKKの集会に参加する予定だという。
それはロン達新入りメンバーを入会させるための儀式でもあるのだ。

そして、無事KKKの会員証が届き、そこに記された「ロン・ストールワース」という名前の皮肉をフリップと共に笑うロン。しかし、彼はコロラドスプリングスに来るデヴィッドの警護を任命されてしまうのだった。当日、あからさまに黒人への嫌悪の目を向けてくるKKKの面々に自分を抑えながら警護の役目を務めるロン。KKK入会の儀式を表情を殺しながらやり過ごすフリップ、ロンはその様子を物陰から複雑な表情で見つめる。

しかし、彼の恋人であるパトリスがKKKに狙われているという情報を得る。ブラックパンサー党の重要メンバーとして何かと目立つ彼女を邪魔に思っていたフェリックス夫妻が秘密裏に計画を進めているらしい。儀式後の食事会の場でフェリックスらの慌ただしい動きを察知したロンは急遽後を追う。

映画『ブラック・クランズマン』の結末・ラスト(ネタバレ)

一方のパトリスは集会からの帰り道を友人と共に家に向かっている。その裏ではフェリックスの妻、コニーが動きパトリスの家に爆弾を仕掛けようとしている。彼女の計画では爆弾をポストに押し込んでおき、パトリスが帰った所で遠隔操作ボタンを押す予定だったのだがうまくポストに入らない。
そこへパトリスの声が聞こえ、慌てたコニーは家の前に停めてあるパトリスの車の下に爆弾を押し込み急いで逃亡する。そこへ駆けつけたロンは怪しいコニーを追いかけて彼女を捕らえるのだが、通りかかった警察官はロンが犯人だと思い込み彼を取り押さえてしまう。ロンから逃れたコニーはそいつを捕まえて!と騒ぐが、その時夫のフェリックスが車で近づいてくるのに気づく。フェリックスはコニーによって爆弾は家の中にあると思っており、パトリスの車の横に来たところで爆弾のスイッチを押してしまう。コニーは必死で訴えるが届かない。フェリックスの真横で爆発が起き、車は粉々に。
到着したフリップによってロンは警察官から解放され、パトリスも間一髪のところで無事だった。

彼らの働きにより殺人計画が未然に阻止されロンやフリップは意気揚々と仕事に臨むが、上司の命令により潜入計画自体がなかったものとされてしまう。落ち込む彼らだったが、以前からロンを目の敵にしていた同僚でありパトリスに差別行為を働いた男をうまくはめ、警察署から追い出すことに成功する。久しぶりに同僚達と笑顔で会話する楽しそうなロン。

しかし、そこで映画は終わらない。ある夜、パトリスと共に家で過ごしていたロンは、玄関のドアを叩く音を聞く。一気に空気が張り詰め、2人が銃を構えながらドアを開けると、そこにはKKKの集団が正装して十字架を燃やす光景が広がっていた。本当に全て解決したのか?と嘲笑うように、そこからは現実での黒人差別、またそれに留まらない異人種排斥の暴動映像が続く。今まで観てきたストーリーはファンタジーではないんだと強く主張し、幕が下りる。

映画『ブラック・クランズマン』の感想・評価・レビュー

意地悪な白人警官をやっつける勧善懲悪の物語だと思った?と最後にスパイク・リーから強烈なメッセージを突き付けられたように思う。
ロンが目にしたKKKが十字架を燃やすシーンで、三角の布をかぶった面々の中にいた1人がフリップに見えたのは気のせいだろうか?もしそうだとしたら、この映画で描かれていた彼らのストーリーは…?と考えてしまう。せめてそれは私の勘違いであることを願う。(MIHOシネマ編集部)


同じく2018年公開の『グリーン・ブック』と何かと比較されることが多く、また同作がアカデミー賞作品賞を受賞した際のスパイク・リー監督の辛口コメント(ブラック・クランズマンはノミネートのみ)も話題になっていたことから、気になって映画館まで足を運んだ。
観てみると、なるほど確かに、同じ“人種差別”というテーマが根底にありながらも、かなり毛色の違う作品になっている。特に鑑賞後の印象は全く違う。だが映画としてはどちらも面白くクオリティーの高いものなので、両方観ることをおすすめしたい。その上で改めてこの問題の根深さについて考えるのも良いだろう。(女性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメディ映画ドキュメンタリー映画歴史映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました