映画『ブルー・マインド』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ブルー・マインド」のネタバレあらすじ結末と感想

ブルー・マインドの概要:転校してきたミアは、ジアンナという少女と友達になり、奔放で快楽に満ちた日々を楽しんでいたが、ある日、初潮がやってくる。だが、同時に身体に異変が現れ始め、ミアは恐怖と混乱に陥り始める。

ブルー・マインドの作品情報

ブルー・マインド

製作年:2017年
上映時間:101分
ジャンル:青春、ファンタジー、ホラー
監督:リーザ・ブリュールマン
キャスト:ルナ・ヴェドラー、ゾーイ・パステル・ホルトゥイツェン、レグラ・グラウヴィラー、ゲオルク・シャーレック etc

ブルー・マインドをフルで視聴できる動画配信サービス

映画『ブルー・マインド』を今すぐフルで視聴できる動画配信サービス(VOD)は以下の通りです。各サービスには無料期間があり、期間内にキャンセルすれば料金は発生しません。詳しくは各リンクからご確認ください。
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ブルー・マインドの登場人物(キャスト)

ミア(ルナ・ベドラー)
転校してきた15歳の少女。初潮と同時に足の指がくっつき始める異変が起こり、動揺する。思春期を迎え、自分より大人なジアンナへの憧れもあり、性に関心を持ち始める。
ジアンナ(ゾーイ・パスティル・ホルトアイゼン)
不良グループのリーダー格の少女。自由奔放な性格。最初はミアを受け入れないが、次第に一番の親友になっていく。

ブルー・マインドのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ブルー・マインド』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ブルー・マインドのあらすじ【起】

15歳のミアは親の転勤で新しい学校に転校してきた。憂鬱な日々を過ごしていたが、不良グループのリーダー格のジアンナという少女に興味を持ち、仲間になりたいと思い始める。

ジアンナに興味を持たれたミアは彼女の家に招かれるが、そこでジアンナは自分の首を絞めろと言いだす。恐る恐る首を絞めると、そのうちジアンナは気絶して意識を失った。すぐに意識を取り戻したが、彼女はこの臨死体験のようなものに快感を覚えていた。

自分もやってみたいと言いだしたミア。ジアンナに首を絞められ、意識を失う。その時、彼女は水の中を漂うようなイメージに包まれる。目覚めたミアは取り乱し、その場から飛び出していった。

自宅に戻ったミアは不思議な衝動に駆られ、訳も分からないままに母が飼っている金魚を水槽から掴み取ると、むしゃむしゃと食べてしまった。我に返ったミアは気持ち悪くなり、トイレで金魚を吐き出す。

ジアンナたちと学校をサボり、ショッピングモールにやってきた。彼女たちは平気で万引きをするが、警備員に見つかって逃げることになる。危機を共に乗り切ったことで、ミアとジアンナは急速に仲良くなっていった。

そんな時、ミアに初潮がやってくる。しかし、同時に、ミアは自分の足の指がくっつきだしている異変に気がつき、ひどく動揺した。

ブルー・マインドのあらすじ【承】

両親には何も伝えず、ひとり医療センターで足を診断してもらった結果、合指症だと言われる。親からの遺伝でなる先天的な症状だと説明されるが、ミアの両親は合指症ではなかった。生理と同時にこうなったと言うと、医者は不思議がり、精密検査をしようと言いだす。しかし、不安になったミアは医者の目を盗んでセンターから抜け出した。

自分にだけ起こった合指症に不安になり、次第に、両親は本当の親ではなく、自分は養子なのではないかという考えに囚われていく。

ミアは興味本位で登録した出会い系のSNSを通じて、年上の男性と会ってみることにした。目的は性交渉でホテルまで行ったが、足を見られるのが怖くなったミアは、男を突き飛ばして逃げだしてしまった。

足の指はどんどんとくっついていく。ミアは医療用のハサミやガーゼを買い込むと、自分で足の指の間にハサミを入れ、痛みに耐えながら応急処置をした。

ジアンナの不良グループの男子の家に出向いたミア。他人との肉体関係を経験したかったミアは、その男子に相手をしてもらい、処女を捨てる。

ブルー・マインドのあらすじ【転】

ジアンナとはますます仲良くなっていくが、その派手な姿に両親は不安を隠せなかった。学校の課外授業でコニーランドにやってきたミアたち。ジアンナが持ってきたドラッグでハイになる中、両足にアザのようなものが広がっているのに気がついたミアは、思わず泣き崩れてしまう。コニーランド行きは親の了承が必要だったが、勝手に行ったことに両親は怒り、セラピーへの通院を指示される。

足のアザ部分の皮は、次第にポロポロと剥がれ落ちていった。気づかれないように、ミアはそれをベッドの下に隠す。授業で魚の解剖が行われた。授業後、教師に魚を処分しておくよう頼まれたが、誰もいなくなった時、ミアは思わず生魚にかぶりついてしまう。

セラピーに連れてこられたミアは、自分が養子ではないかと悩んでいると告白。以前とは何もかも変わったという発言に、セラピストは何が変わったのかと問いかける。だが、ミアは足のことを言いだせない。

養子である証拠を探そうと母の部屋を探し回るが、それを見た母は激怒。娘の只ならぬ行動に心配しながらも、両親は上司の結婚式のために家を空けることになった。家に一人になったミアは、母が新しく買ってきた熱帯魚を早々に食べつくしてしまう。

パーティに行った際、ドラッグと酒のせいでジアンナが溺れるという事故が発生。ミアは飛び込んで彼女を助けだすが、身体の異変に気がつき、すぐに帰宅した。身体を調べてみると、ミアのわき腹には魚のエラのようなものができていた。

ブルー・マインドの結末・ラスト(ネタバレ)

ミアの両足のアザは濃くなり、足全体を覆い始めていた。それに気がついたジアンナは驚き、彼女を心配する。しかし、ミアは放っておいてくれと彼女を突き放した。

翌日、別のパーティにやってきたミア。自暴自棄になって色気を振りまく姿に、男たちから薬を飲まされて輪姦させられそうになる。ミアはそれを受け入れていたが、ジアンナは黙っていられず、彼女を救い出す。ズボンを下ろされ、男たちに足を見られたミアは、その驚きと好奇の目に耐えられず、喚き散らして去って行った。

指だけでなく、足全体がくっつき始めていた。それを見たミアは絶望し、台所へ行ってナイフを掴むと、手首を切って自殺を図った。しかし、簡単には死ねず、翌朝、目を覚ます。足を見てミアは仰天した。下半身が魚の尻尾のように変態しており、まるで人魚のような様相になっていたのだ。息苦しさを覚えたミアは、大急ぎでバスタブに水を溜めると、その中に飛び込んだ。

水浸しの部屋の中で、これからどうすべきか悟ったミアは、ジアンナに連絡した。やってきたジアンナは、ミアの姿に驚きを隠せない。だが、彼女は親友であるミアの頼みを聞き、協力してくれた。ミアはトラックの荷台に乗り込むと、海へ向かってほしいとお願いする。

ミアは母親に最後の電話をかけた。たわいのない会話だったが、ミアにはそれでよかった。二人は互いに寄り添いながら夕暮れまで海を眺めていたが、ミアは意を決し、ジアンナに感謝と別れの言葉を告げると、ひとり海へと入って行った。夕陽に染まる海の中に潜っていったミアは、浮き上がることもなく、暗く深い海中へと消えていった。

ブルー・マインドの感想・評価・レビュー

思春期の少女が初潮を迎え、大人になると同時に本当の姿になっていくという設定は、ありきたりだが面白い。ミアの出生の秘密などが、ほとんど説明されずに悶々とする辺りも、青春っぽさが漂う。若さと性は切っても切れないため、エロティックな描写が多いが、終盤、下半身が魚になるシーンはコメディ的なおかしさがある。自分がここで笑えてしまうのは、すっかり大人になってしまったからかもしれない。ラストのシーンで描かれる、今よりも広い世界(海)へとミアが旅立っていく姿には、大人の世界へと踏み出していく成長が比喩され、まさに青春映画と言った感じだ。自分の意思に関係なく、成長と世界は変化していく。それを受け入れていくしかないのだ。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする