映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」のネタバレあらすじ結末と感想

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期の概要:独身アラフォー女性・ブリジット・ジョーンズが妊娠をするが、父親の可能性のある男が二人いる。どっちが父親なのか、悩めるブリジットの姿を描くラブコメディ。「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズ3作目。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期の作品情報

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

製作年:2016年
上映時間:123分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:シャロン・マグアイア
キャスト:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・デンプシー、ジム・ブロードベント etc

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期の登場人物(キャスト)

ブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)
ロンドンに暮らす独身アラフォー女性。テレビ局でニュース番組のプロデューサーとして働いている。同じぐらいのタイミングで二人の男性と身体の関係を持ち、妊娠してしまう。
マーク・ダーシー(コリン・ファース)
ブリジットの元カレ。弁護士の彼は仕事が忙しく、ブリジットと10年近く付き合ったが、結局他の女性と結婚した。しかし、妻との離婚協議中にブリジットと再会し、身体の関係を持つ。
ジャック・クワント(パトリック・デンプシー)
アメリカ人の実業家で、婚活サイトの創設者。音楽フェスでブリジットと知り合い、一晩共にする。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期のネタバレあらすじ

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期のあらすじ【起】

ブリジット・ジョーンズは自分の部屋で一人寂しく43歳の誕生日を祝っている。

ダニエルというプレイボーイの友人が飛行機事故で亡くなり、ブリジットは彼の葬式に出席した。そこに、ブリジットの元カレで弁護士のマーク・ダーシーが妻のカミラを連れてやって来た。ブリジットは彼の姿を見て少し動揺した。

ブリジットはニュース番組のプロデューサーである。同僚のミランダは、週末一緒に出掛けようとブリジットを誘った。

ミランダはブリジットを野外の音楽フェスへ連れて行った。ブリジットが泥の道で転んでしまうと、紳士的な男性が助けてくれた。

ブリジットとミランダは、昼間から酒を飲みまくり、大いにはしゃいだ。夜になり、ミランダを見失ったブリジットは、間違えて別のテントへ入ってしまう。ベッドには昼間助けてくれた男がいた。ブリジットは慌てて帰ろうとしたが、結局そこで一晩を過ごした。

友人の子供の洗礼式で、ブリジットとマークは再会した。マークは実は離婚協議中だと言い、二人はその日関係を持った。しかしマークが目を覚ますと、「同じ過ちを繰り返したくない」というブリジットの置手紙だけが残されていた。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期のあらすじ【承】

ブリジットは古いコンドームを使用していたことが発覚し、妊娠検査薬で調べてみることにした。すると、結果は陽性であった。ブリジットは、産婦人科の先生にどっちの日付が父親の可能性が高いか聞くが、どちらも可能性があるという答えだった。

シングルマザーになる覚悟もしているブリジットは、職を失いたくないため、新しい若い女上司の元で次のプレゼンの立候補をした。

音楽フェスでの男の名前も知らないブリジットだったが、彼は婚活サイトの創設者で、ジャック・クワントという有名人であった。ブリジットは彼を自分の番組に招き、DNA検査のためにメイク中に彼の髪と爪を採取した。インタビューで恋人の有無や彼の結婚観を聞き出したブリジットだったが、帰り際、ジャックに見つかってしまう。ジャックに妊娠したことと、DNA検査をしようとしたことを全て話し、ブリジットは逃げるように去って行った。

DNA検査を受けようとしたブリジットだったが、羊水の検査にはリスクが伴うと聞き、彼女は検査を拒否した。

ブリジットはマークにも妊娠の報告をしに行った。話を聞いたマークは非常に喜び、ブリジットはジャックのことを切り出せなかった。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期のあらすじ【転】

ブリジットは職場のプレゼンで大失態を犯してしまう。プレゼン後のパーティーでジャックとマークが鉢合わせしてしまうが、彼らは既に知り合いだった。そのまま三人で食事に行き、ブリジットは正直に告白した。それを聞いた二人はショックを受けた。

ブリジットが村議会選挙の準備中の母に会いに行くと、母は彼女の大きなお腹に気付いた。父親がどっちか分からないという話をすると、母はブリジットのお腹を隠そうとした。ブリジットは母の考え方に怒り、その場から出て行った。

妊婦のためのヨガ教室に、ジャックもマークもついて来た。彼らはブリジットに尽くし、張り合っている。

ブリジットの定期検診の帰り、マークとジャックが言い合いになった。マークが「コンドームの事故だ」と言うと、ジャックは「自分の時はつけていなかった」と言った。それ以降、ブリジットはマークと連絡が取れなくなった。

ジャックはいい人だが、ブリジットはまだマークのことを愛していた。ジャックから、マークはジャックが父親だと信じ込んでいるという話を聞き、ブリジットはマークの家へ向かった。しかし、彼の家には妻のカミラの姿があり、ブリジットは引き返した。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期のあらすじ【結】

プレゼンに続き仕事でもミスをしたブリジットは、解雇を言い渡された。一度家に帰り、食材を買いに出掛けたブリジットは、銀行カードの暗証番号を忘れてしまった。そして、鞄を中に残したままATMの外に出て、扉が閉まってしまった。雨が降る中、鍵がなく家に入れないブリジットは、途方に暮れていた。

マークは昔のセーターを見つけ、ブリジットとの思い出が蘇る。彼はブリジットの家へ向かい、びしょ濡れの彼女を見つけた。ブリジットがカミラの話をすると、彼女は荷物を取りに来ただけだという。マークが自分の気持ちを伝えていると、ブリジットが破水してしまった。

急いで病院へ向かうが、デモで車が動かなくなってしまった。マークがブリジットを抱き上げて走り出すが、重くてなかなか進まない。そこにジャックも現れ、二人でブリジットを担いで病院へ運んだ。

無事赤ちゃんが生まれ、マークとジャックはDNA検査をした。

1年後、ブリジットの結婚式が行われている。ジャックが赤ちゃんを抱っこしているが、相手はマークである。長い年月を経て、二人はついに結ばれたのであった。

関連作品

前作 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月