映画『クローズド・ノート』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「クローズド・ノート」のネタバレあらすじ結末と感想

クローズド・ノートの概要:小学校教師を目指している女子大生は引っ越し先のアパートで、以前の住人が残していった日記を発見する。女子大生は日記を読み進める内、筆者から人を思う純粋な気持ちや、出会いによって生まれる絆の大切さを教えられていくのだった。

クローズド・ノートの作品情報

クローズド・ノート

製作年:2007年
上映時間:138分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:行定勲
キャスト:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、永作博美 etc

クローズド・ノートの登場人物(キャスト)

堀井香恵(沢尻エリカ)
小学校教師を目指し教育大学へ通う女子大生。音楽サークルに所属し、マンデリンを弾いている。文房具店のアルバイトで石飛と出会い、好意を抱くようになる。
石飛リュウ(伊勢谷友介)
イラストレーター。痩身だが、高身長で人当たりは悪くない。独特な雰囲気を持ち、拘りのある人物。香恵と接する内に好意を抱くようになる。
真野伊吹(竹内結子)
香恵が引っ越したアパートに以前、住んでいた小学校教師。穏やかで優しい印象を持ち、日記の筆者。子供達の個性を大切にし、心の力を養う手助けをしている。隆に片思い中。
山崎星美(板谷由夏)
石飛のマネージャー的存在。イラストレーターとしての石飛を支え、仕事の斡旋をしたり食事の世話をしたりしている。

クローズド・ノートのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『クローズド・ノート』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

クローズド・ノートのあらすじ【起】

小学校教師を目指し教育大学に通う堀井香恵は、母親の再婚を機に一人暮らしをすることにした。
春、引っ越し先へやって来た彼女は、親友の助けを借りて荷物の片づけを行う。そこで、前の住人が残していった1冊のノートを発見するのだった。

大学へ通いながら音楽サークルに、文房具店でのアルバイトと毎日が目まぐるしく過ぎる。
ある夜、香恵はふと思い立って発見したノートを開いてみた。筆者は真野伊吹という女性で、小学校の教師だったらしい。彼女は子供達に対し夢や希望を抱かせるには、どうしたら良いか試行錯誤していた。

そんなある日、アルバイト先の文房具店に石飛リュウという男性が訪れる。彼は書き心地の良い万年筆を探していたが結局、万年筆を買わずに帰った。そのことを国際電話で親友に話したが、友人はどうでも良い様子で真剣に取り合わず、電話を切ってしまうのである。

その日の夜も、伊吹の日記を開いた香恵。
伊吹は子供達を太陽の子と呼び毎日、観察。それぞれの個性を見出しては伊吹賞と称して表彰した。そんなある日、伊吹は子供達を連れて校外にスケッチへ。穏やかな陽気の中、彼女はふと空を仰ぎ、心の力という言葉を思い出し子供達にも伝えようと思うのだった。

先輩に頼まれて、文房具店の社長へ書類を持って来た香恵。彼女は社長から万年筆の書き心地を試すよう言われるが、違いが良く分からない。声をかけられ店舗へ戻った彼女は、石飛リュウが再び来店したことを知るのだった。

石飛は香恵の胸ポケットに入っている万年筆を勝手に取って、試し書きを始める。すると、彼はその万年筆を気に入ってしまう。だが、その万年筆は香恵が誤って、社長のところから持って来てしまった試作品の万年筆で、売り物ではなかった。

クローズド・ノートのあらすじ【承】

この文房具店ではオリジナルの万年筆を作っており、第一期はすでに売り切れ。第二期はこれから発売予定だった。先輩は発売前の第二期を試し書きするよう石飛へ渡すも、満足せず。やはり試作品が一番しっくりくると言う。困り果てた香恵たちだったが、そこへ社長が登場し欲しい者が持てば良いと許可をくれる。石飛はようやく目当ての万年筆を手に入れ、満足して帰って行くのだった。

その日の夜、開いた日記では図書館を訪れた伊吹が、隆という男性に再会したことが書かれている。どうやら息吹と隆は大学の同窓生で、伊吹が一方的に片思いしていたようだ。

試作品の万年筆を売って以降、石飛が気になっている香恵だったが、彼はあれ以来、店を訪れない。そこで、新聞を見ていた先輩が、石飛リュウの名前を発見。彼はなんとイラストレーターだった。

帰宅後、再び日記を開いた香恵。そこには、1人の女子生徒の不登校が本格的になったことが書かれていた。伊吹は生徒の自宅を訪ね、自分の理想が少女の負担になっていたことを知るのだった。

そんなある日、アパートの窓の下に石飛が来ているのを発見した香恵。声をかけると、部屋を見たいと言うので中へ案内。音楽サークルで弾いているマンデリンを一曲披露した。すると彼は突然、外へ出てスケッチを始めるのだった。

モデルの礼として、音楽サークルの定期演奏会へ石飛を誘った香恵だったが、せっかくの演奏会で何度もミスをしてしまう。しかも、石飛も来てくれず。代わりに親友の恋人が香恵に鞍替えし、人一倍大きな花束をくれるのだった。

その夜も伊吹の日記を読んだ香恵。伊吹は不登校を続ける生徒のために合唱コンクールへの参加を決めたが、彼女には受け入れてもらえなかった。どうしたら良いのか悩む伊吹だったが、そんな時にトイレを借りるため、隆が部屋を訪ねて来る。外は雨が降っていたので、2人はゆっくりと会話。彼のお陰で少しだけ、前向きになれた伊吹だった。

クローズド・ノートのあらすじ【転】

その後、伊吹のクラスでは学級新聞、太陽の子通信を作成。女子生徒の自宅を訪ねた伊吹は、彼女がコンクールの歌を聞いているのを耳にして、少しだけ前進しているのを感じる。伊吹は浮かれてスクーターを走らせ、ついつい隆の自宅まで向かってしまうのだった。

バイト先でも伊吹の日記を読んでいた香恵は、先輩から定期演奏会の日に花束を持った石飛が来ていたのを聞く。だが、大きな花束をもらった香恵を目撃し、遠慮してそのまま帰ってしまったらしい。
香恵は居ても立っても居られなくなり、走って石飛の自宅を訪ねた。だが、彼は外出中。がっかりした彼女は近所の公園で石飛が空を見上げているのを発見する。
そこで、石飛から個展を開く話を聞いた香恵。自分も何かできないかと話した。すると、彼はまたマンドリンが聞きたいと言う。香恵は頑張ってマンドリンの練習をした。

その後、日記を読み進めた香恵は、そこに書かれてあるウズラの卵入りの肉団子を作成。石飛に差し入れすることにした。すると、彼は一緒に食べようと中へ入れてくれる。しかし、そこへ山崎星美という人物が現れる。彼女は石飛のマネージャー的存在で、仕事の斡旋などの世話をしているようだった。
親密な2人の様子に居たたまれなくなった香恵は、荷物を片付け早々に退散。

隆に片思いを続ける伊吹と、石飛に片思いをする香恵。どこか似た境遇にある2人。
伊吹は隆からはっきりした答えを欲しがっていたが、そのせいで喧嘩口調になってしまい、以後はギクシャクとしていた。だがある日の帰り道、隆と偶然会った伊吹は、彼の言葉を聞いて惚れた弱みか、許してしまうのであった。

その川を見に来た香恵は、そこで石飛と遭遇。彼は自転車の後部席に香恵を乗せ、アパートまで送ってくれる。これは日記のお陰なのか。香恵はほくほくとして伊吹の日記を読み進めた。

そんなこともあってか、合唱コンクールの練習をしていたクラスに、とうとう不登校の生徒が登校して来る。そうして、全員揃ってコンクールに参加。伊吹は心から子供達に感謝し、諦めずに努力し続ければきっと叶う。前向きに歩き続けようと心に決めるのであった。

クローズド・ノートの結末・ラスト(ネタバレ)

そんな伊吹の心に勇気を得た香恵。石飛に告白しようと部屋を訪ねる。面と向かって告白するには、勇気が足りなかったため、壁に隠れて告白。だが、相手は星美だった。彼女は石飛にはずっと心に思う女性がいて、絵のモデルは香恵ではなくその女性だと明かす。

香恵は壁に貼ってあった女性のスケッチを目にし、その紙が答案用紙であることを知る。その答案用紙は、伊吹が失くしてしまった生徒のものだった。
ということは、石飛の思い人とはまさか。香恵は星美から石飛の本名を聞き、石飛が伊吹の片思いの相手であることを知ってしまうのだった。

恐らく2人は両想いだ。香恵はショックを受け、石飛の部屋から飛び出してしまう。
その日の夜、部屋に石飛が訪ねて来て今までのことを謝り、個展には来て欲しいと言い去って行く。香恵は咄嗟に自分ではだめなのかと問いかけたが、石飛の気持ちは変わらず断られてしまうのであった。

失恋してしまった香恵は、日記の持ち主である伊吹へノートを返そうと考える。伊吹のお陰で人を思う心を教えてもらった。その礼のつもりだった。
そうして後日、伊吹が勤める小学校の生徒を発見し、伊吹のことを聞いてみた。すると、生徒が言うには、伊吹はもう亡くなっているらしい。

日記に貼ってあったプリクラから、伊吹が持っていたクラスの子を発見した香恵は、彼女たちから伊吹のことを聞き、不登校の子と会わせてもらう。
伊吹は終了式の日、スクーターでトラックと衝突して亡くなったと言う。香恵は少女と会って、これまでのことを全て話した。すると、彼女はお別れ会の日に伊吹が飛ばしたという紙飛行機を手渡してくる。それは、日記の最後の1ページだった。

香恵はその足で石飛の個展へ。そして、入ってすぐのところに飾ってある女性の肖像画を見た。タイトルは『ともしび』。万年筆1本で描かれたものだった。
女性はどこか、香恵と風貌が似ている。香恵はここで石飛のためにマンドリンを演奏する予定だったが、楽器を忘れてきたと言い訳し、その代わりに日記の最後の1ページを朗読することにした。そして、香恵は伊吹の日記を石飛に渡して去って行くのである。

後日、小学校へ再び向かい伊吹の最後の言葉を届けてきたと報告した香恵。すると、伊吹が受け持っていたクラスの子供達が、全員で窓から紙飛行機を飛ばす。それは、子供達から今は亡き伊吹へ送った言葉だ。そこへ石飛が現れ、伊吹のためにも絵を描き続けると言う。香恵も伊吹のような教師を目指すと約束を交わし、2人で紙飛行機が飛ぶ様を眺めるのであった。

この記事をシェアする