映画『コードギアス 復活のルルーシュ』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「コードギアス 復活のルルーシュ」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

2008年まで放送されていた大人気アニメ、『コードギアス 反逆のルルーシュ』。色褪せない魅力を持つ名作が、10年の時を経てとうとう完全新作劇場版化。懐かしのメンツに会える日が待ち遠しい。

コードギアス 復活のルルーシュの作品情報

コードギアス 復活のルルーシュ

タイトル
コードギアス 復活のルルーシュ
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年2月9日(土)
上映時間
不明
ジャンル
青春
ヒューマンドラマ
監督
谷口悟朗
脚本
大河内一楼
製作
不明
製作総指揮
不明
キャスト
ゆかな
櫻井孝宏
名塚佳織
小清水亜美
白鳥哲
新井里美
戸田恵子
村瀬歩
製作国
日本
配給
ショウゲート

コードギアス 復活のルルーシュの作品概要

『泣けるアニメ』、『テンションが上がるバトルアニメ』の代表格として、放送終了から10年以上経つ今でも根強い人気を誇る『コードギアス 反逆のルルーシュ』。そんなルルーシュが劇場版アニメーション化するといった情報が流れた時、兼ねてよりのファンの間に大きな震撼が走った。作中で既に死亡しているはずのルルーシュは再度登場するのか、また、『ゼロがいなくなった』後の世界、ナナリーが王位を継いだ世界は果たしてどうなっているのか。新たなストーリー展開を期待しつつ、再びルルーシュ達に会えることを素直に喜ぼう。

コードギアス 復活のルルーシュの予告動画

コードギアス 復活のルルーシュの登場人物(キャスト)

C.C.(ゆかな)
ルルーシュと行動を共にしていた少女。他人にギアス能力を発現させる力を持つ。
枢木スザク(櫻井孝宏)
ルルーシュの幼い頃からの友人であり、最大の強敵。ルルーシュ亡き後、ゼロとして世界の治安を守ってきた。
ナナリー・ランペルージ(名塚佳織)
ルルーシュの最愛の妹であり、彼の行動原理の根本。幼い頃に視力と歩行機能を失っている。
紅月カレン(小清水亜美)
ゼロが組織した、黒の騎士団のエースパイロット。ゼロの正体を見抜いていた数少ない人物。

コードギアス 復活のルルーシュのあらすじ(ネタバレなし)

ルルーシュ・ブリタニアがゼロとして、世界を再編しようとした争いから時が経った。ルルーシュは最愛の妹、ナナリーの前で命尽き、世界を救うことを親友でありライバルであり、自分を殺した相手である枢木スザクに託したのだった。その後、スザクはゼロとして、王女の位に就任したナナリーの側に控えていた。しかし、ある時最強の戦闘能力を誇るはずのスザクが何者かに敗れ、戦士の国、ジルクスタン王国に連れ去られてしまう。カレンやロイドらはジルクスタン王国に侵入するものの、そこにはいるはずのない人物がいた。ルルーシュにギアス能力を与えたC.C.である。『元嚮主様』と呼ばれるC.C.、そして、かつてブリタニア帝国の大群を破ったことのあるほどの軍事力を持つジルクスタン王国。果たして彼らの真の狙いとは。

コードギアス 復活のルルーシュの感想・評価

過去のキャラクター総集結

ルルーシュシリーズの魅力はなんといっても、次々と登場する魅力的なキャラクター達。作中ではブリタニア帝国や黒の騎士団など、様々な派閥が登場するが、凄まじいのはそれぞれのキャラクターの個性の立ち方。どのキャラクターもしっかりとした個性、役所があり、影の薄い、所謂ただの脇役という存在がいないのである。そんな当時のルルーシュキャラクター達が、今作でも再集結。さらに、キャスト陣も当時のまま。さらに、ゲストキャラクターには戸田恵子と村瀬歩を採用するなど、完璧な布陣が揃っている。見ていると自然にアニメ放送当時の記憶が思い出され、古参ファンにとってはたまらない仕上がりとなっているはず。

壮大なギアス合戦

ルルーシュ本編において大きな存在となっているのが『ギアス能力』。ギアス能力とは、他者の思考に干渉する特殊能力のこと。作中では、ルルーシュがそんなギアス能力をC.C.から授かったことから全てが始まる。ルルーシュの能力は、目を見た相手が絶対に自分の命令に従う、絶対遵守の力。ルルーシュはそんなギアス能力を手にしたことで、父親に復讐する力と妹を守る力を手にした一方、多くの大切なものを失ってきた。そんな、人の人生を大きく左右させるギアス能力。本作においても新しいギアス能力が登場。そして、他者にギアス能力を譲渡することのできるC.C.も再び登場。今作ではどんなギアス能力が登場するのか、そして、そのギアス能力が物語においてどんな騒動を巻き起こすのか。注目が集まる。

ルルーシュは生きているのか??

本作の映画化が発表された時、多くのルルーシュシリーズファンから挙がったのがこの疑問。本編であるアニメシリーズでは、主人公であるルルーシュ・ブリタニアの死という衝撃的な形で物語が完結した。そして、ルルーシュの死によって世界が一つとなったのである。タイトルで『復活のルルーシュ』と銘打っている以上、なんらかの形でルルーシュが登場することは予測できる。しかし、公式ホームページなどにおいて、登場人物欄にルルーシュの名や姿はない。誰かの記憶の中に登場するのか、はたまた生き延びていたのか、そもそもルルーシュは劇中に登場するのかなど、様々な疑問が沸き起こる。そんな疑問を解決する術は、実際にこの映画を観るしかない。

コードギアス 復活のルルーシュの公開前に見ておきたい映画

映画『コードギアス 復活のルルーシュ』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『コードギアス 復活のルルーシュ』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道

最新作、『コードギアス 復活のルルーシュ』はアニメシリーズから数年後が経過した世界。ゼロ・レクイエムや黒の騎士団、ギアスなど、本編を見ていることが前提で物語は進んでいく。そのため、まだ一度も『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズを見ていない人に関しては、最新作を見る前に本編内容を事前に把握しておく必要があるのだ。しかし、アニメシリーズは1期、2期合わせて計50話で構成されている。そのため、中々映画公開前に今から全話見ることが難しい、という人もいるだろう。そんな人にオススメなのが本作。アニメシリーズに新規パートを加えた総集編映画が2017年に上映された。映画は全3部作に分かれ、本作はその1弾目。原作に忠実のため、映画さえ見ていれば最新作も問題なく楽しめる。

詳細 コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道

コードギアス 反逆のルルーシュⅡ 叛道

劇場版コードギアス、全3部作のうち第2弾目に当たる作品。今作では、コードギアスシリーズ全体を通して見ても、かなり重大なキーパーソンであるユーフェミアが登場。ルルーシュの初恋の相手であり、今でも彼にとって大きな存在であるユーフェミア。第3皇女であるユーフェミアは、誰に対しても平等に接し、新たに行政特区「日本」の発足を宣言する。そんな彼女の志に賛同の意を示そうとしたルルーシュだったが?シリーズ内でも屈指のショッキングな内容、ルルーシュとスザクの決定的な決別など、シリーズにおいても重要なシーンが目白押し。原作アニメからカットされ、異なる点も多々あるものの、第1弾と変わらずのハイクオリティが保たれている。

詳細 コードギアス 反逆のルルーシュⅡ 叛道

コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道

2017年より始まった劇場版『コードギアス 反逆のルルーシュ』3部作も本作でとうとう完結を迎える。本作では、大帝国ブリタニアと黒の騎士団、枢木スザクとルルーシュ・ブリタニアなど、これまで繰り広げられてきた様々な戦いが終結を迎える。これまで様々なハプニングに見舞われながらも、執着というまでの復讐心や綿密な計画でなんとか最終決戦まで漕ぎ着けたルルーシュ。しかし、彼の計画を最も狂わせることになるのは、皮肉なことに彼の最愛の妹であり彼の行動原理であるナナリーだった。その衝撃的なエンディングから目を逸らさずに、ルルーシュという人物の人生を最後まで見守ろう。本作まで見れば、最新作も問題なく楽しむことができる。

詳細 コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道

コードギアス 復活のルルーシュの評判・口コミ・レビュー

コードギアス 復活のルルーシュのまとめ

主人公の死という衝撃的なエンディングを迎えたアニメ、『コードギアス 反逆のルルーシュ』。ファンの中で伝説と化していた名作が、10年以上の時を経て完全復活。死んだと思われていたルルーシュは果たして生きていたのか?ゼロが死んだ後の世界はどうなったのか?原作ファンが知りたかったアニメの世界のその後が描かれた後日譚。原作のファンであればあるほど楽しめる作品に仕上がっている。何年経っても色褪せない圧倒的な世界観とストーリー展開に、この冬再び目を奪われる。

この記事をシェアする