「コンフィデンスマンJP」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子、ボクちゃん、リチャードは世界最高峰のパープルダイヤを狙い香港へと旅立った。そこには、パープルダイヤを狙う天才詐欺師・ジェシーの姿もあった。

コンフィデンスマンJPの作品情報

コンフィデンスマンJP

タイトル
コンフィデンスマンJP
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年5月17日(金)
上映時間
116分
ジャンル
コメディ
監督
田中亮
脚本
古沢良太
製作
石原隆
市川南
梶本圭
草ヶ谷大輔
古郡真也
製作総指揮
不明
キャスト
長澤まさみ
東出昌大
小手伸也
小日向文世
織田梨沙
瀧川英次
マイケル・キダ
前田敦子
製作国
日本
配給
東宝

コンフィデンスマンJPの作品概要

フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていた人気ドラマの劇場版作品。世界最高峰のパープルダイヤを狙う、詐欺師達の騙し合いが描かれている。ドラマ版にも出演していた長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、小日向文世などのキャストが再集結している他、竹内結子が香港マフィアの女帝役として、三浦春馬が天才恋愛詐欺師役で出演している。ドラマ版の演出を担当していた田中亮が監督を務め、ドラマ版の脚本を担当していた古沢良太が脚本を手掛けている。

コンフィデンスマンJPの予告動画

コンフィデンスマンJPの登場人物(キャスト)

ダー子(長澤まさみ)
コンフィデンスマン(信用詐欺師)。天才的な頭脳を持っている。正体不明。常識外れで、金が何よりも大切。
ボクちゃん(東出昌大)
コンフィデンスマン(信用詐欺師)。真面目で小心者。心優しい青年。ダー子によく振り回されている。ダー子と一緒に行動している。
リチャード(小日向文世)
コンフィデンスマン(信用詐欺師)。百戦錬磨のベテラン詐欺師。ダー子と一緒に行動している。
ラン・リウ(竹内結子)
香港マフィアの女性。通称、氷姫。冷徹な人物。世界最高峰であるパープルダイヤの所有者。
ジェシー(三浦春馬)
天才恋愛詐欺師。ダー子の元恋人かもしれない人物。パープルダイヤを狙っている。
赤星栄介(江口洋介)
公益財団「あかぼし」の会長。表向きは善人だが、裏ではヤクザとして暗躍している。ダー子達に騙されたことがあり、命を狙っている。

コンフィデンスマンJPのあらすじ(ネタバレなし)

コンフィデンスマンとは信用詐欺師のことである。常識外れの天才詐欺師・ダー子、お人好しの詐欺師・ボクちゃん、ベテラン詐欺師・リチャードが次に狙いを定めたのは、世界最高峰のパープルダイヤだった。現在パープルダイヤを所有しているのは、香港マフィアの女帝ラン・リウ。ダー子達はパープルダイヤを手に入れるため香港へと旅立った。

パープルダイヤを狙っているのはダー子達だけではなかった。天才恋愛詐欺師ジェシーも狙っており、策を講じていた。しかも、ジェシーはダー子の元恋人(?)で複雑な関係にあった。さらに、ダー子達の命を狙っているヤクザ・赤星の執拗な魔の手が迫っていた。果たして、ダー子達はパープルダイヤを無事に手に入れることができるのだろうか!?

コンフィデンスマンJPの感想・評価

人気ドラマの映画化!

本作は2018年の4月~6月に、フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていた人気ドラマの劇場版作品である。長澤まさみにとって単独初主演ドラマ作品であり、11年ぶりの「月9」作品であった。

脚本を担当したのは、連続テレビドラマ『リーガル・ハイシリーズ』や映画『探偵はBARにいるシリーズ』など数々の大ヒット作を生み出している古沢良太。古沢はドラマ版に引き続き劇場版の脚本も担当している。さらに、ドラマ版の演出を担当していた田中亮が劇場版の監督を担当しており、ドラマ版のエンディングを担当していたOfficial髭男dismが映画版の主題歌を担当している。ドラマの雰囲気を損なわず、迫力あるスクリーンで『コンフィデンスマンJP』の世界が楽しめるようになっている。

ドラマ版で出演していたキャストが再集結

長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、小手伸也などなど、ドラマ版でも活躍した俳優達が再集結している。またそれだけではなく、香港マフィアの女帝役として竹内結子が天才詐欺師役として三浦春馬が出演することが決まっている。ドラマ版からさらにパワーアップした豪華なキャスティングとなっている。

ドラマ版の第1話で登場したヤクザの赤星栄介役として、江口洋介が再び出演している。またそれだけではなく、第2話「リゾート編」に出演した吉瀬美智子や第7話「家族編」に出演した岡田義徳、桜井ユキ、佐津川愛美、前田敦子などなど、ドラマ版に登場した俳優達が再登場している。ドラマ版からのファンにとっては特に楽しめる演出だと言える。彼らがどのように物語に関わってくるのか必見である。

驚きの連続

パープルダイヤを中心に争う、詐欺師達の巧妙な戦いが描かれている。何が嘘で何が本当か分からない物語は、観客達をハラハラさせること間違いない。真実を見抜くことができるか、予想しながら見るのも楽しい作品である。さらに、ダー子達を始末しようと狙っているヤクザの赤星が登場することで、詐欺師達の騙し合いとはまた違った緊張感が感じられる作品となっている。

また、「ロマンス編」というサブタイトルがつけられている通り、ダー子の元恋人(?)のジェシーが登場するなどドキドキな展開も待っている。ダー子と仲間のボクちゃんの関係はどうなってしまうのかダー子はジェシーと寄りを戻すのか、ラストまで目が離せない物語となっている。

コンフィデンスマンJPの公開前に見ておきたい映画

映画『コンフィデンスマンJP』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『コンフィデンスマンJP』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

涙そうそう

長澤まさみの代表作。歌謡曲『涙そうそう』を元に、TBSテレビ開局50周年の記念企画「涙そうそうプロジェクト」の一環で制作された作品。「涙そうそうプロジェクト」では2作ドラマが公開されている。長澤は「第30回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞」にノミネートされている。

新垣洋太郎は自分の店を持つことを夢見ながら、居酒屋などで昼夜問わず働いていた。そんなある日、妹の新垣カオルがやってくる。2人は血が繋がっていなかったが、大切な家族であることは間違いなかった。また、カオルは洋太郎に対して、秘めた恋心を寄せていた。洋太郎の恋人である稲嶺恵子は、2人の関係に嫉妬した。洋太郎は念願の店をオープンさせるが、幸せは長くは続かなかった。

詳細 涙そうそう

OVER DRIVE

東出昌大の代表作。最も過酷な自動車競技として有名な「ラリー競技」を元に制作された作品。東出はチーフメカニック兼エンジニアの檜山篤洋を演じ、新田真剣佑が篤洋の弟で天才ドライバーとして活躍する檜山直純を演じた。監督を務めたのは『暗殺教室シリーズ』や『海猿シリーズ』を手掛けた羽住英一郎。

『スピカレーシング』に所属する天才ドライバーの檜山直純は、メカニックとして同じチームに所属する兄の篤洋と度々衝突していた。そんな彼らは、世界ラリー選手権に出場することを夢見ていた。直純のマネジメント担当として配属された遠藤ひかるは、口論ばかりしている檜山兄弟に驚き自由奔放な直純の言動に振り回された。檜山兄弟には一体何があったのか、果たして彼らは世界ラリー選手権への切符を手にすることができるのか!?

詳細 OVER DRIVE

アメリカン・ハッスル

詐欺師が登場するコメディ作品。1970年代のアメリカで実際にあった出来事を元に制作された作品。詐欺師がFBIに協力し、収賄スキャンダルを解決した。『バットマンシリーズ』でバットマンを演じたことで一躍有名になったクリスチャン・ベールが主演を務めている。クリスチャン・ベールは「第86回アカデミー賞・主演男優賞」にノミネートされた。

大物政治家の汚職を暴くため、FBI捜査官のリッチーは逮捕された天才詐欺師のアーヴィンに協力を求めた。アーヴィンは司法取引を引き合いに出され、仕方なく協力を受け入れた。2人は賄賂の受け渡し現場を撮影するため、作戦を練った。アーヴィンの愛人であるシドニーや妻のロザリンも巻き込み、事態は大きく動き始めた。

詳細 アメリカン・ハッスル

コンフィデンスマンJPの評判・口コミ・レビュー

コンフィデンスマンJPのまとめ

連続テレビドラマとして人気を博し、5月13日~17日にスピンオフドラマの公開も予定されている『コンフィデンスマンJP』の劇場版作品。アクション映画とはまた一味違った、巧妙なる嘘によるドキドキハラハラした展開が楽しめる作品となっている。前田敦子、山口紗弥加、吉瀬美智子などが脇を固めており、豪華なキャスティングとなっている。騙し合いに勝利し最後に笑うのは果たして誰なのか、ラストまで気が抜けない展開が待っている。

この記事をシェアする