映画『デトロイト』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「デトロイト」のネタバレあらすじ結末と感想

デトロイトの概要:1960年代に実際に起きた、白人警官による黒人殺しを描いた実話。『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー監督が、徹底的な調査と、圧倒的なリアリズムでアメリカに根づく差別問題を描く。

デトロイトの作品情報

デトロイト

製作年:2017年
上映時間:142分
ジャンル:歴史、ヒューマンドラマ
監督:キャスリン・ビグロー
キャスト:ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、アルジー・スミス、ジェイソン・ミッチェル etc

デトロイトの登場人物(キャスト)

ディスミュークス(ジョン・ボイエガ)
警備員の仕事をしている黒人。白人に敵対心を持たず、事を荒立てようとしない。白人警官と問題を起こしそうな黒人青年を助けてあげる善人。
クラウス(ウィル・ポースター)
白人でデトロイト市警の警官。差別主義者で黒人に対してひどく暴力的。
ラリー(アルジー・スミス)
ザ・ドラマティックスのメインボーカリスト。レコード会社のスカウトを期待して、初舞台を楽しみにしていたが、暴動のため中止になってしまう。
フレッド(ジェイコブ・ラティモア)
ザ・ドラマティックスのマネージャー。気の良い好青年だが、女性に対しては少し臆病。
デメンズ(ジャック・レイナー)
デトロイト市警の警官。白人。今まで人を撃ったことはなかったが、クラウスに言われ、オーブリーを撃ち殺してしまう。
カール(ジェイソン・ミッチェル)
黒人の若者。白人警官たちを驚かそうと、おもちゃの銃で威嚇した結果、とんでもない事態を引き起こしてしまう。
オーブリー(ネイサン・デイヴィス・Jr)
カールの友人。黒人。

デトロイトのネタバレあらすじ

映画『デトロイト』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

デトロイトのあらすじ【起】

仕事と人権を求めて、南部から北部へと移住してきた黒人たち。だが、彼らを待っていたのは、変わらない人種差別の世界だった。不満を持った黒人と、制圧したい白人との暴動は、あちこちで起こっていた。デトロイトでは、狭い居住区に押し込められた黒人たちを、暴力的な白人警官が見回っていた。暴動が起きるのは、もはや時間の問題だった。

1967年7月23日、デトロイトの深夜酒場に警察が突入。その場にいた黒人たちを逮捕する。周りの黒人たちを刺激しないように裏口から護送するはずが、予定通りにいかず、表口から護送することになった。明らかに目立つ捕り物となったことで、案の定、黒人たちは警官たちに暴言を吐き、物を投げつけてきた。護送は無事に行われたが、これが火種となり、暴動に発展してしまう。

過激さを増す暴動を鎮圧するため、デトロイト市警は州兵と協力する。発生から、わずか数日しか経っていないというのに、町は戦場のような有り様だ。黒人たちの略奪は留まるところを知らなかった。

デトロイトのあらすじ【承】

白人警官のフィリップ・クラウスは、巡回中に盗みを働いている黒人と出くわす。逮捕しようと追跡を開始したが、武器も持たずに無抵抗な黒人に対し、背後から発砲して射殺してしまう。これは大ごとだったが、上司の配慮で難を逃れた。

デトロイト出身のシンガーグループ、ザ・ドラマティックスの晴れの舞台は、暴動が起きたために中止となってしまった。メンバーのラリーは落胆する。ラリーとマネージャーのフレッドは、アルジェモーテルに部屋を取り、暴動が治まるのを待つことにした。

警備員の仕事をしているディスミュークスは、町にやってきた白人の州兵たちにコーヒーを届けにいった。ディスミュークスは黒人だったが、白人たちは警戒心を示さず、互いに打ち解けていた。そんな矢先、どこからか州兵たちに向けて銃声が鳴り響いた。狙撃されたと慌てる州兵とディスミュークスは物陰に隠れ、必死に狙撃者を捜す。

銃声の主はアルジェモーテルの二階にいた。カールという黒人の若者が発砲したのだ。しかし、それは狙撃が目的ではなかった。白人州兵を驚かせてやろうと、ふざけ半分で競技用の合図ピストルを鳴らしただけだった。

銃声がアルジェモーテルから響いていることを突き止めた州兵たちは、市警に連絡を入れた。連絡を受けたクラウスはモーテルへと向かう。モーテルが包囲されていることに気がついたカールは、恐ろしくなってその場を逃げようとする。だが、クラウスに背後から撃たれて死亡。クラウスはカールが武器を持っていないことを知ると、自分の持っていたポケットナイフを取り出し、横たわるカールのそばにそっと置き、正当防衛のように見せかけた。

デトロイトのあらすじ【転】

モーテルにいた者たちが集められ、クラウスと同僚のフリンによる尋問が始まった。集められたのは、ラリー、フレッドの他に、カールと一緒にいた友達のリー、マイケル、オーブリー、名誉除隊したグリーン、そして白人女性のジュリーとカレン。クラウスは銃の在り処を聞き出そうと暴力的な尋問をするが、皆、銃など知らないと首を横に振るばかり。

しびれを切らしたクラウスは、マイケルを別室に連れていくと、射殺するふりをする。銃声を聞いた他の者を怖がらせ、口を割らせる計画だったが、上手くはいかなかった。クラウスは同僚のデメンズに、同じようにやれと指示。脅すために“ふり”をするだけでよかったのだが、デメンズは勘違いし、連れていったオーブリーを本当に撃ち殺してしまった。

焦ったクラウスたちは、口封じをして彼らを解放しようと決める。皆、助かりたい一心で条件を飲んで逃げていったが、フレッドだけは言うことを聞かなかった。クラウスはフレッドに銃口を突きつけ、射殺してしまう。

デトロイトのあらすじ【結】

アルジェモーテルの事件の後、ディスミュークスの所に警察がやってきた。取り調べを受けるディスミュークスは、いつの間にか今回の事件の容疑者になっていた。“俺はやっていない”と叫ぶが、黒人というだけで疑われ、聞く耳を持ってもらえない。

警察署で事情聴取を受けたデメンズとフリン。彼らはモーテルで起きたことを正直に告白した。窮地に陥ったクラウスだったが、弁護士の登場でその場を乗り切った。メディアはこの事件を大々的に報道。デメンズとフリンは逮捕される。

白人警官が無抵抗な黒人を殺した裁判が始まった。関係者たちの証言も空しく、警官三人は無罪となる。オーブリーの家族は、これがもし白人と黒人が逆だったら、きっと有罪になっていたと悔しそうにマスコミに語った。

ラリーは、ザ・ドラマティックスの歌で白人が楽しむことに違和感を覚え、グループから脱退してしまう。季節は巡り、冬。ラリーは聖歌隊に入りたいと教会を訪れる。白人のいない黒人だけの教会で、ラリーは歌うことを選んだ。そして今も、歌い続けている。

この記事をシェアする