映画『究極のハピネスを求めて』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「究極のハピネスを求めて」のネタバレあらすじ結末と感想

究極のハピネスを求めての概要:フェリックスとモーグリは旅を通じて仲良くなり、付き合うことになった。2人はアメリカの古いスクールバスを購入し、愛犬のルディを連れて旅に出ることにした。様々な困難に見舞われながら、フェリックス達は自由な旅を満喫した。

究極のハピネスを求めての作品情報

究極のハピネスを求めて

製作年:2017年
上映時間:96分
ジャンル:ドキュメンタリー
監督:フェリックス・シュターク
キャスト:フェリックス・シュターク、セリマ・タイビ etc

究極のハピネスを求めての登場人物(キャスト)

フェリックス・シュターク
南ドイツ出身。学校は中退し、会社も退職する。自転車ひとつで、22カ国を回る旅に出る。モーグリの恋人。
セリマ・タイビ
通称、モーグリ。幼い頃からオペラを歌い、成績も優秀だった。高学歴やキャリアに興味を持つことはできず、旅に出ては、そこで受けた影響や体験を歌にしている。

究極のハピネスを求めてのネタバレあらすじ

映画『究極のハピネスを求めて』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

究極のハピネスを求めてのあらすじ【起】

フェリックス・シュタークの故郷である南ドイツでは、皆懸命に働き若くして持ち家を建てることが普通だった。だが、フェリックスはそんな流れから早々に脱落した。学校は中退し、会社も退職した。自転車ひとつで、22カ国を回る旅に出たのだ。その模様を記録したのが、『Pedal The World』という題名で映画になった。

モーグリの家族は大学出身者ばかりだった。彼女自身も幼い頃からオペラを歌い、成績も優秀な人物だった。だが、高学歴やキャリアに興味を持つことはできなかった。モーグリは旅に出ては、そこで受けた影響や体験を歌にしていた。

フェリックスとモーグリは自転車の旅でカップルになり、ベルリンへ引っ越した。そこには住まいもあり友人もいたが、フェリックス達は幸せではなかった。2人にとってベルリンの街は、騒々しくて汚いだけだった。フェリックス達は家を解約すると、旅に出ることを決める。新しい映画を撮り、曲作りに励むことにしたのだ。

フェリックス達は自転車の代わりに、アメリカの古いスクールバスで旅をすることにした。2人はニューヨークに飛ぶと、バスの改造を行った。椅子を撤去し、トイレやキッチンを設置した。2人の旅は予定を立てずに行うため、朝起きてどこへ行きたいか決めていた。まずは、取得していたビザが切れるため、カナダに向かうことにした。旅には犬のルディも連れて行った。

究極のハピネスを求めてのあらすじ【承】

フェリックス達がバスで過ごす最初の夜、さっそく問題が発生した。外は雨で、天井から雨漏りが起こったのだ。屋根に上がって穴を防がなければならないほどだった。しかも、給湯器が壊れてしまい、お湯が使えなくなってしまう。フェリックスは給湯器の直し方など知らなかったが、入浴するためにも、早急に対処しなければならなかった。フェリックスは12週間にも及んだ浴室工事で挫折に慣れており、深刻に捉えず問題に対処することができた。

フェリックス達はトロントを通過し、カナダに向かった。景色を楽しみながら進んでいたが、道なりだとすぐに飽きてしまうため、1時間ごとに進路を変えて探検していた。ちゃんとルートに戻れるのかスリルを味わえたし、新しい発見があって面白かった。

フェリックス達はカナダにあるバンフ国立公園を訪れた。バンフへ行く間、予想に反して山が全く見えなかった。だが、「アルバータ州へようこそ」と書かれた看板を抜けると、荘厳な山々が見えた。フェリックス達はバンフの景色を気に入り、しばらく滞在することを決める。ルディと散歩したり、バスで公園内を回ったりした。フェリックス達は観光客を避けるため、朝早くから活動していた。運が良ければ、熊を見ることができた。

フェリックス達はバンフを離れアラスカ州へ向かった。フェリックス達は「究極のハピネス」を追い求めていた。フェリックス達は何にも縛られず、日が出たら起き、沈んだら眠る今の生活に「幸せ」を感じていた。さらに、フェリックスは前回の旅は1人だったため、モーグリと一緒に旅をして喜びを分かち合えることに幸せを感じていた。

フェリックス達はアラスカ州の「デナリ国立公園」に到着した。景色が壮大で、フェリックスは運転を楽しんでいた。フェリックス達はデナリから50キロほど離れた「テクラニカ・キャンプ場」を訪れた。そこで、排水を行い、新しい水を積み込んだ。曇り空が続いていたせいで太陽光発電ができず、代わりにプロパンガスで発電することになった。デナリは小さな丘があり、大きな山があり、壮大な川が流れており、素晴らしい景色だった。

究極のハピネスを求めてのあらすじ【転】

フェリックス達はデナリを南下し、キナイ半島に向かった。地元民のエリックとカイリーと仲良くなり、一緒に外でキャンプをして食事を食べることになった。地元民と触れ合うと、その国をより理解することができた。

フェリックス達は次にバンクーバーを訪れた。2人にとって久しぶりの大都会だった。ルディの脚の具合が悪く、獣医師に診せる必要があったのだ。診察の結果、手術することになった。手術後、ルディは夜通し鳴いていた。フェリックス達も心配で、眠れなかった。

フェリックス達はビザの申請が上手くいかず、大使館の次のアポまで3週間も待たされることになった。旅を続けられるか分からず不安な日々を過ごしていると、ドイツからフェリックスの兄弟であるマルコと恋人のソフィアが励ましにきてくれた。ルディの傷の回復には安静が一番だったため、同じところに留まっていることは良い面もあった。そして、2度目のビザ申請は良い係官に当たり、無事に解決した。

モーグリはアメリカへの入国審査で、悲しみと怒りに襲われる出来事があった。ルディを外の犬舎に入れられたのだ。30度の暑さだったため、手術したばかりであることを係官に訴えた。しかし、水もくれず、涼しい場所に移動もさせてくれなかった。モーグリ達は早朝の涼しい時間に出直そうとしたが、一度手続きしたら出直しは効かないと断られてしまう。しかも、フェリックスがトイレを使っただけなのに、犯罪者のように扱われ係官から脅されてしまったのだ。さらに、ルディが熱中症を患い、10分ごとに嘔吐を繰り返していた。モーグリは心底アメリカに失望した。

フェリックス達はロサンゼルスを西へ向かい、内陸を走ることにした。途端に風景ががらりと変わり、砂漠が広がった。内陸は毎日ものすごい暑さで、ルディが体調を崩してしまう。モーグリは濡れタオルや保冷剤を使い、ルディの体を冷やした。その後、暑さが和らぐ朝と夜にルディの散歩を行った。その甲斐もあって、ルディは暑さに慣れて元気になった。

究極のハピネスを求めてのあらすじ【結】

フェリックス達が7ヶ月の間で旅をした国は、アメリカとカナダの2カ国だけだった。ヨーロッパだったら、1周は終わっている期間だった。環境は変化に富んでいたが、人や文化はあまり変わらなかった。モーグリはこれから向かうメキシコに胸を躍らせた。入国審査の手続きが無事に済み、フェリックス達はメキシコの地に足を踏み入れた。人も親切で食事もおいしかったが、道路がボコボコで最悪だった。バスのあらゆる場所が故障していった。

メキシコの地では旅行者は珍しく、常に誰かが話し掛けてきた。初日の夜、2人の女の子に夕食に招待され、テキーラのボトルをプレゼントされた。2人は「地元を見せたい」と言い、友人の唐辛子工場を紹介した。フェリックス達は工場見学の後、唐辛子畑やポテトチップス用のじゃがいも畑も見せてもらった。モーグリはハラペーニョを食べさせてもらい、あまりの辛さに顔を顰めた。農場の近くには撮影が許されない大邸宅が並んでいた。しかも、自家用ジェット機があり、小さな檻でトラも飼われていた。フェリックスはトラがいることを疑問に思うが、あえて詳しい事情は聞かなかった。その後、トラの飼い主はたくさんの土地を持ち、何千人もの従業員を雇っている人物だと判明する。しかも、メキシコで一番大物の、麻薬の密売人だった。

フェリックス達はメキシコのサン・ミゲル・デ・アジェンデの街で男性(ミゲル)に声を掛けられ、出身地や何をしているのか質問される。ミゲルはフェリックス達の話に興味を持ち、自宅に招待した。それから、フェリックス達はミゲル一家と本物の家族みたいに仲良くなり、一緒に夕飯を食べに行くことになった。サン・ミゲル・デ・アジェンデの街は美しく、フェリックス達は数日留まることにした。移動しない日を設けたお蔭で、ストレスから解放されてリラックスできた。

路面の状態が悪いため、ガソリンスタンドでバスの点検を行った。貯水タンクはずり落ち、車はボロボロの状態だった。修理に必要な道具がなく、フェリックスは途方に暮れた。フェリックスは偶然出会ったトラックの運転手に、拙いスペイン語で助けを求めた。トラックの運転手がたぶん「ついてこい」と言ったので、フェリックス達はバスを走らせついて行くことにした。子供の頃、フェリックスは知らない人を信用するなと教わった。だが、旅でどこへ行っても、その教えは守らなかった。フェリックス達は無事に修理工の元に辿り着いた。修理をしてもらっている間、スペイン語交じりの英語で運転手にお礼を言った。

フェリックス達は暑さに慣れたと思っていたが、思ったよりも体力を消耗してストレスを抱えていた。エアコン付きのホテルに泊まることにしたが、ルディの体調が悪化してしまう。ルディを獣医の元に連れて行くと、ジアルジア症に罹っていると言われる。しかも、胃炎や他の複数の病気も患っていた。獣医からしばらく旅を休むことを勧められる。

フェリックス達はルディのために帰ることを決める。旅が終わるのは悲しかったが、フェリックス達自身も疲労していたことに気づく。フェリックス達が今求めているのは落ち着いた生活だった。最後はトゥルムの街で、知り合った友人達と穏やかに過ごした。

バスはネットで抽選を行い、当選した家族に譲渡した。ルディは飛行機の搭乗を拒まれたが、ミゲル達家族のお蔭で事なきを得た。フェリックス達は今回の旅で、一生の友達ができたと喜んだ。今度はミゲル達家族と、ドイツで再会することを約束した。

フェリックス達はクリスマスの日に帰国した。そして、家族に会いに行き、再会を喜んだ。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. ゆゆぽん より:

    「スクールバスを改造して自由気ままに旅をする」。いつかはやりたいと想像はできても、なかなか現実的に実行に移すのは難しいことだと思う。だが、フェリックスと恋人のモーグリは現実にやってのけたのである。そこが一番すごいと思う。

    とにかく風景が美しくて、それだけでもこの映画を見る価値があると思う。フェリックス達が心から旅を楽しみ、幸せな笑顔を見せていたのが印象的な作品だった。だがそれだけではなく、大変な部分や困難な部分もきちんと作品に盛り込まれているため、旅だけしていても楽しいわけではないのだと感じられたのが良かった。