映画『ヒーローショー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ヒーローショー」のネタバレあらすじ結末と感想

ヒーローショーの概要:東大阪集団暴行殺人事件を元にした井筒和幸監督作品。お笑いコンビのジャルジャルが、相対する二人のユウキを主演している。全編に暴力とやるせなさが満ちている。些細な諍いから暴力の泥沼に嵌り込んでいく若者たちの群像劇。

ヒーローショーの作品情報

ヒーローショー

製作年:2010年
上映時間:134分
ジャンル:青春、ヒューマンドラマ
監督:井筒和幸
キャスト:後藤淳平、福徳秀介、ちすん、米原幸佑 etc

ヒーローショーをフルで視聴できる動画配信サービス

映画『ヒーローショー』を今すぐフルで視聴できる動画配信サービス(VOD)は以下の通りです。各サービスには無料期間があり、期間内にキャンセルすれば料金は発生しません。詳しくは各リンクからご確認ください。
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ヒーローショーの登場人物(キャスト)

鈴木ユウキ(福徳秀介)
地元山梨からお笑い芸人を目指して上京し、養成所に入ったものの伸び悩んでいる。先輩、剛志の勧めでヒーローショーのバイトを始める。
石川勇気(後藤淳平)
自衛官を辞め、料理人になることを目指している。恋人のあさみと沖縄石垣島で店を持つのが夢。
江沢あさみ(ちすん)
コンビニで働く勇気の恋人。離婚した夫のもとに6歳の息子がいる。
剛志(桜木涼介)
ユウキの先輩で元相方。お笑い芸人をやめ、ヒーローショーの悪役をしている。
ノボル(松永隼)
アルバイトでヒーローショーのギガレッド役を演じる大学生。
香川勉(米原幸佑)
ノボルの仲間。アルバイトでヒーローショーのギガブルー役を担当している。父親は市長選に立候補する地元の名士。
美由紀(石井あみ)
ヒーローショーの進行を担当するお姉さん。ユウキの先輩、剛志と付き合っているが、ノボルと浮気する。
香川拓也(林剛史)
勇気の地元仲間で勉の兄。東京で出会い系サイトを経営している。
ヒロト(落合扶樹)
勇気の舎弟。
鬼丸(阿部良平)
サーフショップの店員でヤクザ構成員。剛志に頼まれ、ノボルに復讐する。

ヒーローショーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ヒーローショー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ヒーローショーのあらすじ【起】

芸人志望の鈴木ユウキはオーディションの舞台で失敗し、落ち込んでいた。そこへ、先輩で元相方の剛志が声を掛けてきた。剛志は勇気を新しいバイトに誘った。

住宅展示場に集まった親子連れを前に「ギガレンジャーショー」が行われている。五人組ヒーローが悪役と戦うお決まりのショーの中で剛志は悪役を演じていた。面接にやって来たユウキは下っ端の悪役として一座に加わった。

ショーを終えた一座は打ち上げへと向かうが、剛志の恋人でショーの進行役である美由紀とギガレッド役のノボルはメンバーから離れてホテルで密会した。

翌日、デパートの屋上。ショーの進行中、美由紀の浮気を確信し、嫉妬に狂った剛志がステージ上でノボルを殴り、観客の前で流血の大乱闘に発展した。

剛志はユウキを連れて、サーフショップを経営する鬼丸兄弟のところへ出向き、ノボルを締め上げてほしいと依頼する。帰り際、ユウキは明日も来るようにと剛志に誘われ、仲間に引き込まれた。

大学の学食に乗り込んだ剛志たちと鬼丸兄弟は、そこにいたノボルとギガブルー役の勉たちを痛めつけ、金を要求した。

ヒーローショーのあらすじ【承】

東京で出会い系サイトを経営する拓也のもとに、弟の勉とノボルが助けを求めてやって来た。拓也は弟たちの話を一蹴し、断固戦う姿勢を見せた。

配管工事をしている石川勇気のもとに、東京の拓也から連絡が入った。勇気と拓也は千葉の勝浦で落ち合うことにした。

あさみが働いているコンビニに誘いに来た勇気は、二人でアパートへ向かった。二人の夢は石垣島で店を開くことで、そのため勇気は調理師を目指していた。別れた夫が飲酒運転で死亡したと報せを受けたあさみは幼い息子に会いたがった。勇気は初めてあさみに息子がいることを知った。

東京から来たユウキたちのバンを勝浦の勇気たちが襲撃し鬼丸を引きずり出し、しばき倒した。怯えるユウキは運転席から引きずり出された。剛志も殴られている。鬼丸は金属で殴られ気絶した。剛志は命乞いをし、逃げようとするが捕まってしまう。

駅前のファミレスで待機している拓也に呼ばれて、ショベルカー運転手がやって来た。その間、駐車場に停めてあった車から瀕死の鬼丸が逃げ出した。

ヒーローショーのあらすじ【転】

山中に来た拓也たちは、ショベルカー運転手に穴を掘らせて、剛志を中に突き落とし、全員で土をかけ生き埋めにした。仕事を終えた運転手は、殺人の口止め料として30万円を請求してきた。ユウキは消費者金融から借り受けることを提案した。

消費者金融に来たユウキはパニックを起こし、金を借りずにその場から逃げ出した。

息子に会おうと前夫の葬儀にやってきたあさみだったが、親戚に阻止され叶わなかった。勇気と共に駆けつけたユウキが機転をきかせ、ギガレンジャーの舞台衣装を着けてあさみの息子を誘い出した。

4人は水族館に来た。勇気と母子の仲睦まじい様子を見届けたユウキは、逃げ出そうとするが勇気に見つかってしまう。

実家に戻っていた拓也と勉の元へ勇気から電話が入り、金が調達できなかった報せを受ける。いら立つ拓也。

あさみの息子を家族の元に帰した勇気は、ユウキを開放した。

勇気の舎弟ヒロトは、ヒーローの衣装を着て、剛志のバンでドライブしていた。バンは追突事故を起こしてしまう。

ヒーローショーの結末・ラスト(ネタバレ)

勇気とあさみはアパートに戻った。勇気は父親との確執をあさみに語り、犯罪に手を染めたことを泣きながら話した。

一方、自宅でテレビを見ていた拓也と勉は、ヒロトが衝突事故を起こし意識不明というニュースを見て青ざめた。

勇気は拓也に呼び出された。拓也は遺体から足がつくことを恐れ、勇気に剛志の遺体を掘り起こすことを命じた。勇気はユウキを東京まで迎えに行き、生き埋め現場へと向かった。
ユウキと共に現場にやってきた勇気は、剛志が埋められた土の上にタバコを立てて弔った。

自宅アパートに戻り、あさみの書き置きを見た勇気は、手紙への返事を残した。そして家を出ようとした矢先、顔面に血を流した勉の案内で訪れた鬼丸兄弟と鉢合わせた。買い物から戻ったあさみは、玄関先に倒れた勇気を発見した。

ユウキは郊外のショッピングモールの駐車場に来ていた。そこではユウキの両親が鯛焼き屋台の仕事に精を出していた。突然のユウキの帰郷に驚いた両親に代わって、ユウキは手伝いを申し出た。鯛焼きを売るユウキの目に、一瞬、剛志の笑顔が見えた気がした。

ヒーローショーの感想・評価・レビュー

主演のジャルジャルを含め、出演者たちの顔が良い。無名の役者たちを起用して確かな人物像に肉薄する井筒和幸監督の演出は、いつもながら見事だ。アメリカンニューシネマを彷彿とさせる、行き場のない怒りや倦怠感が際立っている。若者たちの鋭利な暴力描写も手慣れている。『パッチギ!』では脇役を演じていたちすんが、本作では重要な役として登場し、井筒組を支える役者の層を成している。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする