「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

1998年、長野オリンピックが開催された。その年オリンピック、スキージャンプの競技ではとある問題が選手達を直面する。歴史に残るそんな大事件を切り取った作品。

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちの作品情報

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち

タイトル
ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち
原題
なし
製作年
2020年
日本公開日
2020年
上映時間
不明
ジャンル
ヒューマンドラマ
監督
飯塚健
脚本
杉原憲明
鈴木謙一
製作
宇田川寧
辻本珠子
刀根鉄太
製作総指揮
不明
キャスト
田中圭
土屋太鳳
山田裕貴
眞栄田郷敦
小坂菜緒
落合モトキ
菅原大吉
八十田勇一
製作国
日本
配給
東宝

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちの作品概要

国の代表という責任のある立場を任され、各国と技を競い合うオリンピック。オリンピックでは、競技の結果は勿論のこと、そこで生まれる様々な人間関係に注目が集まっている。本作は、1998年に日本を背負って戦った男達の激動を描いた、史実に基づいた物語。彼らの存在がなければ、オリンピックの勝敗の行方は大きく変わっていたに違いない。決して大きく取り上げられることのなかった、しかし、間違いなく国を救った隠れた英雄達の物語。感動のストーリーが、人気俳優達によって再現される。

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちの予告動画

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちの登場人物(キャスト)

西方仁也(田中圭)
オリンピックを目指していたが、代表から漏れてしまったスキージャンプ選手。テストジャンパーとして、オリンピックに貢献することになったが…?
高橋竜二(山田裕貴)
生まれながらにして聴覚障害を持つスキージャンプ選手。目で開始の合図を見られる、という理由からこの競技を選んだ。
西方幸枝(土屋太鳳)
仁也の妻。オリンピックの夢破れ苦しむ夫を献身的に支え続けた。

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちのあらすじ(ネタバレなし)

西方仁也は、スキージャンプのオリンピック代表を目指し鍛錬を重ねてきた。しかし、現実は厳しかった。彼は代表選考から漏れてしまったのだ。雪辱を誓った、1998年の長野オリンピック。しかし、次に彼を待っていたのは予期せぬ腰の故障。またしても、彼は代表から落選してしまったのだ。悔しさを募らせる西方だったが、テストジャンパーとしてオリンピックに同行することになった。そして、オリンピック当日。しかし、そこで事件が起こる。突如迫り来る猛吹雪によって、競技断念の危機に陥ってしまったのだ。勿論、このために全てを捧げてきた選手側からしたら、競技中断は避けたい話。そこで、運営側が条件を出した。その条件とは、『テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技を再開する』というものだった。

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちの感想・評価

オリンピックに想いを馳せる

2020年、オリンピックが東京で開催されることになった。開催が決定した時、人々は歓喜に沸き、そのためにこの数年間準備をしてきた。しかし、突如として世界中を襲ったコロナウイルスの恐怖。その蔓延によって、オリンピックはこの長い歴史史上、初の延期に追いやられてしまった。この中止によって、選手や関係者、飲食店など、多くの国民が大ダメージを受けた。しかし、いずれこの事態が収束した時、必ずオリンピックが開催される時が来る。その時は、国同士の競い合いということを一旦忘れ、全ての国が手を取り合い、世界平和の有り難みを改めて知る、これまでにない感動的なオリンピックになることだろう。そんな日が、1秒でも早く訪れることを祈ろう。

裏方の想い

オリンピック、それは世界中の人々が注目するスポーツの祭典。言うまでもなく、非常に華やかな舞台である。そこで優秀な成績を収めれば、自国では英雄として扱われる。しかし、オリンピックで栄光を手にする者がいる一方で、涙を流す人もいるのである。そもそも、オリンピックに出場できる選手はほんの一握り。殆どの選手が、自分の全てを賭けても尚その舞台に手が届かず悔しい想いをしているのだ。しかし、それでも尚、何か国のためにできることはないか、と裏方に回ることを決意する選手達もいる。本作は、そんな裏方の選手達に焦点を当てた作品。焦がれた舞台に裏方として参加する、彼らの複雑な心境は察するに余りある。しかし、彼らのような献身的な存在がいるからこそ、日本は各国と戦えているのである。そんな彼らに、感謝を捧げたくなる一本。

出演陣の努力

自分と異なる人格を演じることになる俳優にとって、役作りは重要となる。そして、本作に出演する俳優陣に求められるのは、最低限のスキー技術。勿論、実際にジャンプをするのはスタントマンだとは思われるが、しかし、ゲレンデを自由自在に滑るくらいの技術は必要不可欠。特に、主要人物の一人を演じる山田裕貴に至っては、なんとこれまでスキーをした経験すらないという。監督にも「スキー練習、頼むね」と念を押された山田裕貴。勿論、他のメンバーも今作のために訓練を積んだはず。そんな彼らの、練習の成果を見届けよう。役者の集中力の凄まじさ、役になり切るプロ意識に脱帽。

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちの公開前に見ておきたい映画

映画『ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル

様々なドラマが生まれ続けるオリンピック。そのため、オリンピックを題材とした映画は数多く存在する。本作もその一つ。本作は、90年台に起こった一つの時間を切り取った伝記作品。本作の主人公は、フィギュアスケート選手のトーニャ・ハーディング。彼は、アメリカ人史上初、トリプル・アクセルを成功させた偉大な選手だった。しかし、1994年、彼の栄光は陰りを見せる。なんと、彼は次のオリンピックの選考会で、ライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃し、出場不可能に追いやってしまったのだ。なぜ、英雄である彼は、そんな蛮行に走ってしまったのか。人生を一夜にして大きく変えてしまうオリンピック。その熱は、時に人を狂わせてしまう。

詳細 アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル

イーグル・ジャンプ

オリンピックでのスキージャンプを題材とした実話を基にした作品、という点で最新作と共通している一本。2016年に、アメリカ、イギリス、ドイツの3カ国が共同して製作したという、力の入った一本。主人公は、イギリス人初となるスキージャンプオリンピック選手のエディ・エドワーズ。エディは、幼い頃からオリンピックに憧れを抱いていたものの、運動神経が悪く、周囲からは馬鹿にされる毎日を送っていた。しかし、そんな彼の運命を大きく左右する出会いが訪れる。練習のために、ドイツの雪山へと向かったエディ。そこで彼が出会ったのは、かつて天才スキー選手として名を馳せたものの、その態度の悪さからスキー界を追放されたブロンソン・ピアリーだった。そうして、二人は共に、オリンピックの夢に向かって進みだす。

詳細 イーグル・ジャンプ

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE

最新作の監督を務めた飯塚健が、2012年に手がけた作品。元々は『聖☆おにいさん』や『ブラックナイトパレード』で知られる中村光が2015年まで連載していた漫画。金星人や河童、超能力者など個性的なメンバーが、荒川で生活を共にしているという設定。そんな本作は、言うまでもなくコメディ作品。コメディでは見事に成功を収めて見せた同監督だが、最新作は真面目なヒューマンドラマ。全く本作とは系統が違うジャンルでも、果たして飯塚健の名を轟かせることができるのか。出演している、驚くほどの豪華俳優陣のラインナップにも注目。荒川に立ち寄った際には、思わず彼らの姿を探してしまうはず。

詳細 荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちの評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たちのまとめ

2020年、それは、日本にとって歴史に刻まれる記念すべき年になるはずだった。日本国民全体、世界中が待ち続けた、東京オリンピックが開催されるはずだったのだ。しかし、本来予定していたものとは別の形で、その年は人々の記憶に残ることになった。突如人々を襲ったコロナウイルスの恐怖。オリンピックも、人々の安全のためにやむなく延期となった。しかし、オリンピックがここで完全に終わったわけではない。選手達は再び前を向き、来たる日に向けて備えている。応援する側である私達も、その気持ちを途切らせないようにしたい。本作を見て、オリンピックへの思いを再び燃え上がらせよう。

この記事をシェアする