「るろうに剣心 最終章 The Final」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

緋村剣心は「人斬り抜刀斎」の異名を持つ伝説の人斬りだった。現在は不殺の誓いを立て、平穏に暮らしていた。そんな彼の前に、雪代縁という男が現れる。縁は剣心のことを憎んでおり、復讐しようとしていた。

るろうに剣心 最終章 The Finalの作品情報

るろうに剣心 最終章 The Final

タイトル
るろうに剣心 最終章 The Final
原題
なし
製作年
2020年
日本公開日
2020年7月3日(金)
上映時間
不明
ジャンル
アクション
監督
大友啓史
脚本
大友啓史
製作
福島聡司
高橋雅美
池田宏之
千葉伸大
瓶子吉久
森田圭
田中祐介
製作総指揮
小岩井宏悦
キャスト
佐藤健
武井咲
新田真剣佑
青木崇高
蒼井優
伊勢谷友介
土屋太鳳
三浦涼介
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画

るろうに剣心 最終章 The Finalの作品概要

和月伸宏原作の少年漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の「人誅編」を元に制作された作品で、シリーズの最終章となる物語。雪代縁を筆頭に「六人の同志」と呼ばれる者達が、緋村剣心と死闘を繰り広げる様子が描かれている。佐藤健、武井咲、青木崇高、蒼井優、伊勢谷友介など主要キャストが続投している他、新田真剣佑、有村架純、北村一輝など人気俳優達が新たに本作から参戦している。ロックバンドの「ONE OK ROCK」が書き下ろした楽曲が主題歌に起用された。

るろうに剣心 最終章 The Finalの予告動画

るろうに剣心 最終章 The Finalの登場人物(キャスト)

緋村剣心(佐藤健)
伝説の人斬りで、「人斬り抜刀斎」の異名を持つ。古流剣術「飛天御剣流」の使い手。現在は不殺の誓いを立てており、逆刃刀を手に困っている人達を助けている。流浪人。
神谷薫(武井咲)
神谷活心流道場・師範代。正義感が強く、困っている人を放っておくことができない。剣心の良き理解者。
雪代縁(新田真剣佑)
雪代巴の弟。幼い頃に母を亡くしたため、巴のことを母のように慕っていた。とある理由から、剣心のことを激しく憎んでいる。
相楽左之助(青木崇高)
怪力と打たれ強さを生かした戦いが得意。熱血漢。剣心に一目置いている。幕末時代は赤報隊の一員だった。
高荷恵(蒼井優)
名医家・高荷家の出身の女医。悪徳実業家の武田観柳の下で阿片を作らされていたが、剣心に助けられる。
四乃森蒼紫(伊勢谷友介)
御庭番衆の御頭。戦いにおいて、天才的な才能を持つ。剣心との間に、様々な因縁がある。
巻町操(土屋太鳳)
御庭番衆・先代御頭の孫娘。四乃森蒼紫のことを慕っている。元気で明るい性格。
雪代巴(有村架純)
剣心の妻。とある理由から、剣心に斬殺されている。

るろうに剣心 最終章 The Finalのあらすじ(ネタバレなし)

緋村剣心はかつて「人斬り抜刀斎」の異名を持つ人斬りだった。現在は不殺の誓いを立て、神谷活心流道場に身を寄せていた。ある日、剣心の頬にある十字傷の謎を知る男が現れる。その男の名は、雪代縁。剣心に対して、深い恨みの感情を持っていた。二人の因縁には、剣心の亡き妻・巴の存在が大きく関係していた。

縁は剣心に復讐をするため、「六人の同志」達と行動を共にした。そして、剣心を苦しめるため、周囲にいる人達に攻撃の手を伸ばした。剣心は自分のせいで関係のない人達が傷つくことに苦悩する。神谷活心流道場の師範代である神谷薫は、そんな剣心のことを心配していた。果たして、剣心と縁との間に、一体何があったのか?彼らの戦いの行方とは?

るろうに剣心 最終章 The Finalの感想・評価

緋村剣心と雪代縁の因縁

1990年代に人気を博した和月伸宏原作の少年漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の「人誅編」を元に制作されている。「人誅」は「天誅」をもじった造語で、「天が裁かぬならば自分たちが裁く」という意味を持つ。

本作では、剣心への復讐を果たすために「六人の同志」と呼ばれる者達が現れる。首謀者となる雪代縁は、剣心と間に特に深い因縁がある人物である。彼らの間にあるのは、縁の姉で剣心の亡き妻である雪代巴の存在。巴は剣心の手によって斬殺されている。一体、剣心と巴の間に何があったのか、剣心は縁相手にどう戦うのか注目して欲しい。

またそれだけでなく、剣心と神谷薫との間にも一波乱起きるため、二人の思いの行方にも注目して欲しい。「人誅編」は「緋村剣心」を語る上で欠かせない重要な物語になっている。

豪華俳優陣の共演

2012年に実写版『るろうに剣心』が公開された。シリーズ累計興行収入は125億円以上にも上り、異例の大ヒットを記録している。主人公の緋村剣心を演じたのは、女性を中心に支持を集めている俳優の佐藤健。その他に、神谷薫役・武井咲、相楽左之助役・青木崇高、斎藤一役・江口洋介、四乃森蒼紫役・伊勢谷友介など前作に出演していた俳優達が再出演している。

雪代縁役の新田真剣佑を始め、本作から新たに仲間に加わった俳優達もいる。物語のキーパーソンである雪代巴を演じたのは、若手人気女優の有村架純。儚い美しさを持つ巴という難役に挑戦している。旧幕府直属の隠密組織「闇乃武」のリーダー辰巳役・北村一輝、ウーヘイシン役・音尾琢真の出演も決まっている。新たに仲間に加わった彼らの演技にも注目して欲しい。

迫力のあるアクションシーンは必見!

物語と共に、アクションシーンも魅力の作品となっている。アクション監督を担当したのは、スタント・コーディネーターとしても活躍する谷垣健治。谷垣はシリーズを通して作品に携わっており、「第1回ジャパンアクションアワード・ベストアクションコーディネーター賞」を受賞している。

主題歌を担当したのは、ロックバンドの「ONE OK ROCK」。こちらもシリーズを通して作品に関わっており、主題歌を担当してきた。本作では映画のために書き下ろされた楽曲が起用される予定である。そして、監督・脚本を担当したのは、大友啓史。原作の『るろうに剣心』の世界観を壊さず、魅力ある作品に仕上げている。2020年8月7日にはシリーズ完結となる作品『るろうに剣心 最終章 The Beginning』も公開する予定のため、本作と共に合わせて楽しんで欲しい。

るろうに剣心 最終章 The Finalの公開前に見ておきたい映画

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『るろうに剣心 最終章 The Final』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

るろうに剣心

実写映画シリーズ第一作目。原作の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の「東京編」の一部を元に制作されている。30億円を超える興行収入を得ており、大ヒットを記録している。ロックバンドONE OK ROCKの楽曲『The Beginning』が主題歌に起用された。「第30回ゴールデングロス賞・全興連特別映画賞」を始め、様々な賞を受賞している。

幕末。周囲から「人斬り抜刀斎」と呼ばれ、恐れられた男がいた。その男は後に流浪人となり、刀を捨てた。1878年東京。「神谷活心流の人斬り抜刀斎」の名を語り、暗躍している者がいた。「人斬り抜刀斎」こと緋村剣心は、全く身に覚えのないことだったため困惑する。神谷活心流の師範代である神谷薫との出会いを通じて、事件に巻き込まれていくことになる。

詳細 るろうに剣心

億男

大友啓史が監督を務めており、渡部辰城と共に脚本も手掛けている。そして、佐藤健が主演を務めた。川村元気原作の長編小説を元に制作された作品で、兄の借金を返済するために奮闘する男性の姿が描かれている。人気俳優の高橋一生が、主人公の親友で物語の重要人物である古河九十九を演じている。

大倉一男は失踪した兄が残した3000万円の借金の返済に追われていた。そんな時、宝くじで3億円が当たる。一男は借金を返済することができれば、別居している妻子と一緒に暮らすことができると喜んだ。しかし、総資産100億円ある親友の古河九十九に、その3億円を持ち逃げされてしまう。一男は九十九の行方を捜しながら、お金、家族、人生に向き合うことになる。

詳細 億男

テラフォーマーズ

武井咲の代表作で、ヒロインの秋田奈々緒を演じた。作:貴家悠、画:橘賢一による人気漫画を元に制作された作品。原作の漫画は累計発行部数1600万部を超える大ヒット作で、アニメ化も行われている。人型へと進化したゴキブリ「テラフォーマー」と人間との激しい戦いが描かれている。

人口増加に悩んだ人々は、火星へ移住することにした。火星の環境を整えるため、とある計画が実行に移された。西暦2599年。15名の何も知らない男女が、火星へと送り込まれた。そこで出会ったのは、「テラフォーマー」と呼ばれる人類史上最悪の敵だった。15名の乗組員は体に埋め込まれた昆虫のDNAの力を使い、生きて地球に帰るために「テラフォーマー」と戦った。

詳細 テラフォーマーズ

るろうに剣心 最終章 The Finalの評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

るろうに剣心 最終章 The Finalのまとめ

本作と2020年8月7日に公開予定の『るろうに剣心 最終章 The Beginning』をもって、シリーズが完結する。本作では緋村剣心と「六人の同志」の死闘が描かれており、次作では「追憶編」と呼ばれる緋村剣心の秘められた過去が描かれている。緋村剣心の十字傷の秘密、緋村剣心と亡き妻との悲しき関係など「緋村剣心」を知る上で大事な部分がピックアップされている。原作ファンはもちろんのこと、シリーズを追ってきた人もぜひ物語の最終章となる本作を楽しんで欲しい。

この記事をシェアする