「賭ケグルイ」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

シリーズ累計500万部を突破した、大注目の人気コミック『賭けグルイ』が今春実写映画化で登場。文字通り命を懸けた“ギャンブル”に、『君の膵臓をたべたい』で新人賞を総なめにした浜辺美波が挑む。

賭ケグルイの作品情報

賭ケグルイ

タイトル
賭けグルイ
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年5月3日(土)
上映時間
119分
ジャンル
青春
サスペンス
監督
英勉
脚本
高野水登
英勉
製作
依田巽
細野義朗
中野伸二
松浦克義
勝股英夫
藤倉尚
佐竹一美
渡辺章仁
吉川英作
舛田淳
製作総指揮
小竹里美
丸山博雄
阿部隆二
楮本昌裕
宇田川寧
キャスト
浜辺美波
高杉真宙
宮沢氷魚
福原遥
伊藤万理華
松田るか
岡本夏美
柳美稀
製作国
日本
配給
ギャガ

賭ケグルイの作品概要

漫画家川村ほむらの大ヒットコミック『賭けグルイ』を、川村自身が原案・監修を務め、完全オリジナルストーリーで実写映画化。“ギャンブルの強さ”のみが生徒の階級を決める、私立百花王学園に突然転校してきたギャンブル狂の蛇喰夢子が、学園の支配者生徒会との対決に挑む。主演の蛇喰夢子を、『君の膵臓をたべたい』のヒロインを演じた浜辺美波が演じ、ドラマ版に出演していた高杉真宙や池田エライザなども登場。『ヒロイン失格』の英勉が監督を務める。

賭ケグルイの予告動画

賭ケグルイの登場人物(キャスト)

蛇喰夢子(浜辺美波)
百花王学園の2年華組に転校してきたギャンブル狂いの少女。清楚でお淑やかな見た目だが、ギャンブルでハイリスクを負うことへ快感を覚える性格。
鈴井涼太(高杉真宙)
百花王学園2年華組の生徒。ギャンブルで負け、最下層の“ポチ”にまで身を落とし、周りから虐げられている存在。
早乙女芽亜里(森川葵)
百花王学園2年華組の凄腕ギャンブラー。ポチの鈴井を顎で使う。夢子の転校初日、夢子にギャンブルを挑むが敗北する。
桃喰綺羅利(池田エライザ)
私立百花王学園の絶対的支配者である生徒会の生徒会長。強力な権威とカリスマ性、そして圧倒的なギャンブルの強さを見せつける。夢子に興味を持っている。
皇伊月(松田るか)
百花王学園の1年生ながら、生徒会に入っていた大企業の令嬢。夢子にギャンブルで負けたことで生徒会を追われる。
村雨天音(宮沢氷魚)
反生徒会組織“ヴィレッジ”のリーダーで、「非ギャンブル、不服従」を胸に掲げる。過去に、生徒会長にギャンブルで勝利している。

賭ケグルイのあらすじ(ネタバレなし)

「勝てば天国、負ければ地獄」、そんな言葉を地で行く学園が、名門私立百花王学園である。ここは、“ギャンブルの強さ”のみが己の学校での階級を決定する、弱肉強食の学園でもある。

そんな学園に、清楚でお淑やか、才媛の美少女・蛇喰夢子が転校してくる。彼女は、その可憐な見た目からは想像もできない程のギャンブル狂で、2年華組に転校してきた初日、華組を仕切っていた早乙女芽亜里をギャンブルで撃破。それ以降、学園の絶対的支配者である生徒会からも一目置かれる存在に。

華組の最下層に位置している“ポチ”こと、鈴井涼太は、夢子の案内役となったことで芽亜里から解放され、夢子の賭け狂う姿を間近で体験する羽目になる。

そして、生徒会長桃喰綺羅利との対決を心待ちにしていた夢子の元に届いたのは、非ギャンブル、不服従を掲げ生徒会と対立するヴィレッジと、生徒会による学園史上最大のギャンブルトーナメントの開催であった。全校生徒を対象に、2人1組で強制参加させるシステムで、夢子は同じクラスの小心者・鈴井涼太と共にトーナメントに挑むのであった。

賭ケグルイの感想・評価

大人気コミックの実写映画化に、原作者の完全オリジナルストーリー

これまで原作漫画の他に、小説・アニメ・実写ドラマなど数々の作品かがなされ、世に送り出されてきた『賭けグルイ』。今回、実写映画化に伴い、原作者の河本ほむら自身がシナリオの原案・監修として作品に参加。

主人公・蛇喰夢子と生徒会の戦いに加え、生徒会に対抗する組織ヴィレッジの存在も明らかになる。ギャンブルの規模も、個人同士の戦いから全校生徒を巻き込んだ三つ巴の争いとなり、スケールもこれまで以上に壮大なものに仕上がった。

物語を左右するギャンブルゲームにも、多くの趣向が凝らされ、ゲームマーケット大賞の受賞歴を持つオインクゲームズ監修による奇抜なオリジナルゲームが誕生した。手に汗握る展開に加え、誰も予想できない大どんでん返しの数々。「勝てば天国、負ければ地獄」の百花王学園で繰り広げられる史上最大規模のギャンブルゲームから、目が離せない。

私立百花王学園と絶対的支配者の生徒会

“生まれながらの勝者が集う、学びの園”、それが、名門私立百花王学園である。全校生徒全てが、一般的な高校生とは違い生まれながらにして社長令嬢・令息、大企業の御曹司、財閥の娘などが通っている。

普通の人間からすれば、これだけで人生の勝ち組と言われ、羨ましい生活を送っていることと想像できるが、この学園で唯一絶対のルールが、その学園生活をいとも簡単に崩壊させる。

そのルールとは、“ギャンブルによる弱肉強食”である。このルールがあるからこそ、どんなに金持ちでどんなに社会的高位置にいようとも、ギャンブルで負け更に生徒会への上納金が払えない者は「家畜」となり果てる。しかも、その上納金の額は高校生のアルバイトで稼げるような金額ではない。この学園では常に1千万円単位のお金が、ギャンブルによって動いているのだ。

スケールの全く異なる、高校生たちの繰り広げるハイリスクギャンブル。そして、絶対的支配者として学園の頂点に君臨する生徒会の存在。ここに挑んでいく賭け狂った少女・蛇喰夢子。彼女は、ギャンブルの勝者となるか、それとも負けてルールに則り“家畜”となり下がるか。

賭ケグルイの公開前に見ておきたい映画

映画『賭ケグルイ』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『賭ケグルイ』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ハンサム★スーツ

英勉の長編映画デビュー作品。鈴木おさむによる小説を実写映画化した作品で、映画の他にドラマや漫画も存在する。

物語は、亡き母が遺した定食屋を経営している非モテ男性・大木琢郎の人生を転身させるヒューマンドラマ。料理上手でとてもやさしい性格なのに、デブな上にブサイクなため、モテるどころか女性との交際経験もない冴えない男が大木琢郎である。お店の美人アルバイトに心奪われ、思いを告げるとあえなく玉砕した上にお店まで辞められてしまう始末。

そんなある日、友人の結婚式に着ていくためのスーツを購入するため、紳士服売り場に行ったことで、大木の人生は大きく変わる。そこで手に入れた「ハンサムスーツ」を着ると、大木が見事なまでのハンサムな男に生まれ変わったのだ。

ここから大木は、ハンサムスーツを着用し、モテモテの人生を経験する。だが、次第に彼は本当に大切なものを見出していくのであった。

お笑い芸人ドランクドラゴンの塚地武雅が主演を務め、原作の鈴木おさむの妻・大島美幸がヒロインを務める。大木がハンサムスーツでハンサムになった光山杏仁には谷原章介が、お店の美人アルバイトには北川景子が出演するなど、豪華配役も見逃せない。

詳細 ハンサム★スーツ

君の膵臓をたべたい

住野よるによる、大ヒットを記録した青春小説。2017年に同名で実写映画化され、キャストに『賭けグルイ』の蛇喰夢子を演じる浜辺美波が抜擢される。北村匠海とのダブル主演で、その年の新人賞を総なめにするほどの話題となる。

物語は、原作にはない12年後の世界が描かれており、小説のエピソードは過去として扱われている。元々は、北村匠海演じる主人公「僕」が拾った1冊の文庫本から始まる。文庫本には「共病文庫」というタイトルがつけられており、同級生の山内桜良(浜辺美波)の秘密の日記が綴られていた。

桜良は、明るい性格で表情豊かな少女。だが、膵臓の病気を患っており、秘かに病院に通っている。その秘密を「僕」に知られたことで、僕と桜良の秘密の関係が始まる。

映画オリジナルストーリーの12年後では、北村匠海ではなく小栗旬が「僕」役を演じており、このキャスティングにもファンからは絶賛の声が上がった。

詳細 君の膵臓をたべたい

ぼんとリンちゃん

『賭けグルイ』で、賭け狂っている蛇喰夢子の同級生であり、学園の案内役に任命された“ポチ”こと鈴井涼太を演じる高杉真宙の長編映画デビュー作品。高杉は男の子でありながらボーイズラブ・通称BLをこよなく愛し、同人誌やアニメ、ゲームなどが大好きな青年・友田麟太郎こと“リン”を演じる。

リンは地方都市に住み、そこで大学生をやっている幼馴染の四谷夏子・通称“ぼん”とよくつるんでいる。2人は東京に行ったっきり連絡の取れなくなった親友のみゆちゃんを探すため、一大奮起して東京へ向かう。道中、ネットゲームで仲良くなった会田直人に協力してもらいながら、リンとぼんは東京でみゆちゃんが彼氏と同棲していると言う部屋まで辿り着く。

“リアルオタク”の特徴をよく捉えている映画で、オタクファンからは大絶賛を浴びる。通常では放送禁止用語と言われる言葉も多く登場し、それがまた笑いを誘う。キャラクターを良く作りこんである作品としても知られており、作品の始まり方から映画のオタクワールドに引き込まれてしまう。

詳細 ぼんとリンちゃん

賭ケグルイの評判・口コミ・レビュー

賭ケグルイのまとめ

映画『賭けグルイ』の完成披露試写会が4月に東京都内で行われ、主演の浜辺美波や、高杉真宙・森川葵・池田エライザなどのキャストと、監督の英勉が登場した。挨拶時、誰が一番賭け事に強そうかと言う問いには、ダントツで浜辺美波が選ばれた。だが、池田エライザとのじゃんけん勝負にはあっさり負けてしまい、「弱いんです」と照れながら会場の笑いを誘う。和やかな雰囲気を持ちながらも、勝負事では一切手を抜かない夢子と生徒会、そしてヴィレッジとの戦いに、期待が高まる。

この記事をシェアする