「ザ・アウトロー」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ザ・アウトローの概要:ロサンゼルスで銀行強盗が発生。保安局のニック刑事は空の装甲車が盗まれたことを不審に思い、捜査を開始する。犯人は元海兵隊のメリーメンで、近々大きな盗みを働こうと計画していた。

ザ・アウトローの作品情報

ザ・アウトロー

製作年:2018年
上映時間:148分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:クリスチャン・グーデガスト
キャスト:ジェラルド・バトラー、カーティス・“50 Cent”・ジャクソン、パブロ・シュレイバー、オシェア・ジャクソン・Jr etc

ザ・アウトローの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ザ・アウトロー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ザ・アウトローの登場人物(キャスト)

ニック・オブライエン(ジェラルド・バトラー)
保安局の刑事。チンピラ刑事と呼ばれるほど素行が悪く、FBIからは嫌われている。仕事には熱心だが、その反動で家庭はないがしろに。妻は冷たいが、二人の娘からは愛されている。相手を挑発するのが得意。
メリーメン(パブロ・シュレイバー)
元海兵隊。以前に働いた犯罪のせいで服役しており、8ヵ月前に出所した。海兵隊時代の仲間を集め、連邦準備銀行から金を奪取する計画を立てる。
ドニー(オシェア・ジャクソン・ジュニア)
犯罪歴を持つバーのウェイター。メリーメンに運転の技術を認められ、ドライバーとして計画に参加する。ニックに目を付けられ、情報を流すように指示される。

ザ・アウトローのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ザ・アウトロー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ザ・アウトローのあらすじ【起】

銀行強盗が多発する町ロサンゼルスで、今夜も強盗が発生していた。元海兵隊のメリーメン率いるプロの強盗集団は、ドーナツ店に止まっている装甲車に近づくと警備員を威嚇。その後、銃撃戦となって二人の警備員を射殺すると、装甲車を奪って逃走した。

事件を担当するのはチンピラ刑事と揶揄されるニック・オブライエンのチームだ。現場には強盗仲間の一人の死体が転がっていたが、装甲車の情報や用意周到な行動力からただの強盗犯ではないと推測。

強盗犯が盗んでいったのは空の装甲車だった。なぜそんなものを盗んだのか疑問だったが、その手口の鮮やかさから犯人を絞り込んでいく。その結果、8ヵ月前に出所したメリーメンの名前が挙がった。

バーで働く前科者のドニーから情報を聞き出したニック。ドニーはメリーメンの仲間となり、高い運転スキルを見込まれてドライバーの仕事をしていた。メリーメンが何かでかいヤマを踏むらしいことを知ったニックは、ドニーを泳がせて情報を得ようとする。

ニックはやり手だったが、そのせいで家庭はないがしろにしていた。妻は浮気を疑い、とうとう二人の娘を連れて家を出て行ってしまった。

メリーメンの狙いは連邦準備銀行だった。銀行から札を盗んだとしても、全て番号は登録されてしまっている。盗んだ金を使えばすぐに足がついてしまう。だが、連邦準備銀行には札を刷新するために古い札を集めて裁断し、捨てるシステムがあった。裁断される前に奪えば、その金から足がつくことはない。捨てられる札の金額は、なんと3000万ドルにも上った。

ザ・アウトローのあらすじ【承】

日本食レストランで顔を合わせたニックとメリーメンたち。ニックはドニーをきっかけにしてメリーメンに話しかけるが、挑発的な言葉で相手を威嚇してばかり。メリーメンにニックとの関係を聞かれたドニーは、ジムで会ったと答えたがメリーメンには全て分かっているようだった。そして、計画実行は金曜だとニックに伝えるように言った。

ドニーはニックの行動に怒りながらも、計画実行日を報告する。どの銀行を襲うかニックに聞かれたが、それは知らされていないと答えた。

ニックの妻から離婚届けが届いていた。ニックはそれを持って妻の元を訪ねると、その場でサインをして立ち去っていく。その後、彼はメリーメンたちが練習する射撃場に現れ、彼らを挑発。怒らせてボロを出させるのが目的だが、メリーメンはなかなかしぶとかった。

ニックはナイトクラブでストリッパーを引っかけるが、その女はメリーメンの恋人だった。翌朝、彼女を抱いた後にメリーメンと出くわす。だが、彼はニックに何もせずに部屋に閉じこもった。ニックは女から彼らがピコ・リベラ銀行を襲うことを聞かされたが、実はそれもメリーメンの計画だった。

金曜日、ニックとメリーメンは双方とも装備を整え、ピコ・リベラ銀行へと向かった。

ザ・アウトローのあらすじ【転】

メリーメンたちはピコ・リベラ銀行を占拠すると金と移動手段を要求。ニックたちは犯行の直前で彼らを捕まえようと待機していたが、そこにFBIが現れたせいで予定を狂わされる。FBIは交渉に出るがメリーメンは応じず、人質の一人を射殺。焦るニックたちの前で、今度は爆発音が鳴り響いた。

様子がおかしいことに気がついたニックは単身で正面から銀行に突入したが、中には人質の姿しかなく、射殺されたと思っていた人質も無事だった。メリーメンたちは爆発で穴を開けて地下水路から脱出していたのだ。全ては彼らの計画のうちだった。

メリーメンの標的は連邦準備銀行から金を盗むことで、ピコ・リベラ銀行はその計画の一部だった。ピコ・リベラ銀行から連邦準備銀行に金を輸送するふりをして乗り込み、金を強奪しようという算段だ。彼らは盗んだ装甲車を使って金とドニーを輸送箱に詰め込むと、連邦準備銀行のカウントルームへと潜入。停電を起こして隙を作り、その間に箱から出たドニーが金を袋に詰めてゴミ箱へと投げ捨てた。

無事に銀行から抜け出たドニーとメリーメンたち。だが、血眼になって彼らを探すニックたちにドニーが発見されてしまう。金が入ったゴミ収集車を奪取したメリーメンたち。その後、解体工場で落ち合う予定だったが、捕まったドニーがその情報を暴露。メリーメンは大急ぎで金を積み替えて逃走。しかし、ニックは逃げていくメリーメンの車を見逃さなかった。

ザ・アウトローの結末・ラスト(ネタバレ)

メリーメンに追いついたニックたち。だが、渋滞のため車に近づくことができない。ニックは手錠でドニーを車に繋ぐと、車を降りて彼らに接近していった。そこを狙って武装したメリーメンたちが攻撃を仕掛ける。渋滞で車が列を成す道で壮絶な銃撃戦が始まってしまう。

ニックはメリーメンを追い詰めた。絶対に捕まらないと決めていたメリーメンは空の銃を向け、警戒したニックによって射殺される。事件は解決したが、車に積んであった袋の中身を見て仰天。金だと思っていたものは裁断された紙の束だった。そして、車に繋いでいたドニーの姿もいつの間にか消えてしまっていた。

失意の中、ドニーが働いていた店を訪れたニック。店主に聞くと彼は二日前に辞めたという。ニックはビールを飲みながら店に飾られた写真を見ていたが、ある事実に気がついて驚愕する。実は、今回の強奪計画を考えたのは全てドニーだった。彼がメリーメンと手を組み、彼をリーダーにして計画を実行したのだ。ドニーは自分用の別チームを作っており、ゴミ収集車をすり替えて金を紙くずと交換していた。そして、その金をタイヤに隠して輸送したのだった。

大金を得たドニーはロンドンに移り住み、バーを経営しながら優雅に過ごしていた。

ザ・アウトローの感想・評価・レビュー

捻りをきかせようとしすぎた感じがする。『ヒート』のような泥棒と警察の人間ドラマのような始まり方をする。だが、ニックの離婚劇やメリーメンの仲間の家族愛などを描いても、重みや人間臭さを伝えきれていない。中途半端なドラマを展開していくと、今度はケイパーものの様相を見せ始める。そして、アクションと続いて最後はどんでん返し。幕の内弁当のような作品でこれという決め手に欠ける気がする。スパイク・リー監督の『インサイド・マン』と共通するような印象の作品。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. ガッカリ より:

    ヒートとユージュアル・サスペクツを合わせたような映画。ラストのありきたりなドンデン返しは、いらんかった…