映画『借りぐらしのアリエッティ』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「借りぐらしのアリエッティ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

借りぐらしのアリエッティの概要:スタジオジブリによる長編アニメーション。人間と共に暮らす小人の姿を描き、人間の道具をうまく使い日々を暮らすまるでお伽話のような世界観を巧みに描き出している。

借りぐらしのアリエッティの作品情報

借りぐらしのアリエッティ

製作年:2010年
上映時間:94分
ジャンル:ファンタジー、ヒューマンドラマ、アニメ
監督:米林宏昌
キャスト:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子 etc

借りぐらしのアリエッティの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『借りぐらしのアリエッティ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

借りぐらしのアリエッティの登場人物(キャスト)

アリエッティ(志田未来)
14歳を迎える小人の少女。初めての「借りぐらし」の際に、翔に姿を見られてから彼との不思議な交流が始まる。勝気な性格。
翔(神木隆之介)
生まれつき心臓に問題を抱えた少年。手術を間近に控え、この屋敷を静養の為に訪れた。生きる事を諦めている節があったが、アリエッティとの出会いによって変化していく。
ホミリー(大竹しのぶ)
アリエッティの母親。心配性で、すぐパニックに陥る気弱な性格。
ポッド(三浦友和)
アリエッティの父親。家族を大切に思い守りながらも、長年暮らしたこの借りぐらしの家に愛着があり出ていく事を渋っている。
ハル(樹木希林)
屋敷のお手伝いの老人。好奇心旺盛な性格をしており、アリエッティ達小人を捕まえようと企む。

借りぐらしのアリエッティのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『借りぐらしのアリエッティ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

借りぐらしのアリエッティのあらすじ【起】

都会から遠く離れた郊外に、広い敷地と荒れ果てた庭を持つ一軒の古い屋敷がありました。その屋敷には14歳の少女アリエッティとその父ポッド、母ホミリーが暮らしていました。しかし、暮らしているといっても他の人間達とは大きく異なる部分がありました。実は彼らは人間ではなく、マチ針より少し大きいくらいの小人だったのです。

本当に屋敷に暮らしているのは68歳の貞子という老女、そしてそのお手伝いのこちらも65歳と高齢のハルです。アリエッティ達は屋敷の床下で、人間の食べ物や電気などを少しだけ借りて、人間に見つからないように密かに暮らすという借りぐらしの生活を送っていました。彼らは人間にとっては存在の知れ渡っていない、貴重な存在なので見つかればどんな仕打ちを受けるか分かりません。

その為彼らは床下に身を隠しながら生活していたのですが、とある夏の日、その屋敷に新たな住人がやってきました。12歳の翔という少年です。生まれつき心臓の悪い翔は、手術を間近に控え、養生の為にこの屋敷を訪れたのです。

借りぐらしのアリエッティのあらすじ【承】

翔の来訪は、アリエッティ達にとっては一大事でした。人間の数が増えれば増えるほど、彼らが人間に見つかる可能性が高まるからです。そしてその不安は見事に的中する事となりました。今迄幼いという理由から床下を出て人間の物を「借り」に行く事を許されていなかったアリエッティが、とうとう14歳の誕生日を迎え借りぐらしデビューをする事となったのです。

張り切った彼女は見事に角砂糖を「借り」ることに成功しますが、その後ティッシュを借りようとした際に翔にその姿を見られてしまったのでした。驚いたアリエッティは角砂糖を落とし、慌てて床下へと逃げ込みます。ホミリーは直ぐにでもこの家を出ようと言いますが、長年住み続けた床下から出る事を惜しんだポッドは、もう少し人間の動向を観察してから動こうと提案します。

一方翔は、アリエッティに角砂糖を渡すべく、「わすれもの」と書いた小さな紙と共にその角砂糖を通風孔の前に起きました。その行為を翔からの挑戦状と受け取ったアリエッティは、ポッドに止められているにも関わらず再び翔に会いに行くのでした。

借りぐらしのアリエッティのあらすじ【転】

翔は、屋敷の中に自分の祖父が作ったというドールハウスを見つけました。実は翔の祖父も小人を目にしたことがあり、彼等が快適に過ごせるようにと特注でこのドールハウスを作っていたのでした。翔はこのドールハウスをアリエッティ達にプレゼントしたいと考え目を輝かせます。

しかし、そんな翔の姿を影から見ている存在がありました。お手伝いのハルです。翔の祖父が昔小人を見たという話を知っていたハルは、もしかすると翔も小人を見つけたのではないかと疑り始めたのです。そんなハルの様子に気がつかない翔は、こっそりアリエッティの家の屋根を剥がし、元々あったキッチンとドールハウスの立派なキッチンとを交換したのです。それは翔の好意によるものでしたが、アリエッティ達からすれば突然家を壊されたも同然です。

彼等は本格的に移住を決意し、ポッドは新たな転居先を探しに出かけます。しかしその途中怪我をしたポッドは、同じく小人であるスピラーという少年に助けられ帰宅しました。自分達以外に既に小人は残っていないと思っていたアリエッティ達は、思わぬ出会いを喜びます。

借りぐらしのアリエッティの結末・ラスト(ネタバレ)

一方、ハルはアリエッティ達を捕まえる事を諦めてはいませんでした。小人を捕まえれば世紀の大発見として有名になれます。そして執拗に翔の行動を監視し続けたハルは、とうとうアリエッティ達の住処、そしてその中にいたホミリーを見つけたのでした。ハルはホミリーを捕まえ、瓶の中に隠してしまいます。

帰宅後、荒らされた屋内と居るはずのホミリーの姿がない事に気がついたアリエッティは、母親が誘拐されたという事に気がつきます。アリエッティは翔に助けを求め、2人は何とか瓶の中に閉じ込められたホミリーを助け出す事に成功するのでした。

そしてその夜、一家はとうとう屋敷を出る決意をしました。スピラーと彼の仲間がいる場所へと移り住む事としたのです。翔とアリエッティにも別れの時がやってきました。翔はアリエッティに角砂糖を、アリエッティは翔に自身の髪を束ねていた洗濯バサミを手渡します。翔はアリエッティに、彼女のおかげで生きる勇気が湧いた事を伝え、アリエッティはゆっくりとその屋敷から川の流れになって立ち去っていくのでした。

借りぐらしのアリエッティの感想・評価・レビュー

セシル・コルベルの主題歌が印象的な作品です。

イギリスの小説がもとになっているためか、人間たちの名前は日本風で、小人の名前は外国風ですね。ちぐはぐな感じもしますが、原作のエッセンスを取り入れたかったのでしょうか。

借りるというよりは、盗んでるという方が正しい気はしますが、人間の世界のものを、自分たちのサイズに合わせてアレンジしている様子が可愛らしくて夢があります。アリエッティが使う洗濯ばさみの髪留めが素敵です。(女性 20代)


幼い頃に、シルバニアファミリーのお城を買ってもらって時の、ワクワク感を思い出す作品でした。小さい者の世界にワクワクドキドキしてしまう、ちょっと意地悪なハルさん(お手伝いさん)の気持ちも分からなくはないな・・・と思ってしました!心臓に病気を抱えた、優しいけれどどこか弱弱しいイメージのある翔と、小さいけれど力強く生きる借りぐらし達の、ファンタジックなお話です。ですが、本当に借りぐらしが居たりして!?と期待を込めてみてしまう映画でした。翔の”病気である”という現実的な部分と、小人という非現実的な部分が妙にマッチしているなと思いました。(女性 20代)


架空の存在が、いかにも現実にいそうに描くジブリ作品特有の描き方が素晴らしい。
アリエッティが人間に気付かれずに生活していく為の小さな知恵や、翔の純粋な優しさは、見ていて心が温まる。
とはいえ、人間が全て同様に考えるかと言えばそうではなく、当然ハルのように、物珍しさを優先にしてしまう考えもあるわけで、これはこれで当然の事なのだろう。
結局アリエッティ達は、住み慣れた家から出て別の住処に行くのだが、又先の未来で再会できると良いなと思ってしまう、なんとも切ない気持ちになる終わり方である。(男性 30代)


小人の捕獲をネズミ捕りの業者に依頼するハルに突っ込みを入れたくなりました。後で知ったのですが、原作で彼女は昔小人を見て誰にも信じてもらえなかった悔しさから小人の捕獲に固執していたのだとか。それで、自分で捕まえずに業者に依頼するのも解りました。森の中を小人目線で描いていたのがとてもきれいで印象に残っています。
最後は別れることになってしまった翔とアリエッティですが、翔が元気になってからまた再会できると良いですね。(女性 40代)

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    気になるのは監督を務める米林宏昌の手腕です。本作において、彼は宮﨑駿の十八番である魅力的なアニメーションを描くことができていません。題材が動きの少ない話なのでしょうがないのですが、アニメーションを見ているだけで楽しいというレベルには達していません。『思い出のマーニー』も同じように動きが少ないのです。米林監督は宮崎吾朗に比べれば腕はあると思いますが、原恵一や細田守など、同世代のアニメーション監督と比べると明らかに腕が落ちると言わざるを得ません。

  2. 匿名 より:

    翔もアリエッティも未来のない存在として書かれています。病気療養のため家にやってきた翔はつねに死の存在を感じながら暮らしているし、小人のアリエッティは家から出て行かなくてはいけません。アリエッティがマイノリティのメタファーであることは間違いないです。おそらく、この物語のメッセージは「弱い物同士が力を合わせることで成長していくことができるし、状況を脱却できるかもしれないよ」ということでしょう。ただ、物の本によれば、本作はジブリのアニメーターたちと宮﨑駿の関係性を描いた物語だということなので、いろんな解釈が可能なお話です。