映画『ヒトラーに屈しなかった国王』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は? | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』の概要:第二次世界大戦中の1940年4月、中立国であったノルウェーにドイツが侵攻を始める。主要都市が次々と占領されていくなか、時のノルウェー国王ホーコン7世はドイツから降伏を求められるが…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』の作品情報

ヒトラーに屈しなかった国王

製作年:2016年
上映時間:136分
ジャンル:ヒューマンドラマ、歴史、戦争
監督:エリック・ポッペ
キャスト:イェスパー・クリステンセン、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カール・マルコヴィクス、ツヴァ・ノヴォトニー etc

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu×
Amazonビデオ
dTV×
TELASA
TSUTAYA DISCAS
ビデオマーケット
Netflix×

※動画の配信情報は2022年5月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』の登場人物(キャスト)

ホーコン7世(イェスパー・クリステンセン)
ノルウェーがスウェーデンから独立する際、国民によって選ばれた国王。「すべては祖国のために」という理念を掲げ、民主主義を重んじている。
オラフ(アンドレス・パースモ・クリスティアンセン)
ホーコン7世の息子で、ノルウェーの皇太子。短気な一面もあるが、家族や国民を大切に思っている。
ブロイアー(カール・マルコビクス)
ノルウェーに赴任しているドイツ公使。娘がノルウェーで生まれたこともあり、ノルウェーには愛着を持っている。ドイツとノルウェーの戦争を防ぐため、国王との交渉に尽力する。

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』のあらすじ【起】

第二次世界大戦中の1940年4月9日。それまで中立を保っていたノルウェーの沿岸部に、軍艦が現れる。ドイツが侵攻を始めたのだった。時のノルウェー国王ホーコン7世は、首都オスロにある王宮でドイツ軍が侵攻してきたとの知らせを受けた。

ノルウェーに赴任しているドイツ公使のブロイアーは、ノルウェー政府に降伏を求める書類に署名させるようドイツ軍から命じられる。ノルウェーは中立国だが、沿岸部に基地を置けるなどの利点からドイツの総統ヒトラーは占領に意欲的なのであった。ノルウェーへの侵攻作戦は、ブロイアーには事前に伝えられていなかった。

ブロイアーはノルウェーのコート外務大臣のもとへ出向き、書類への署名を要請した。ノルウェーに愛着を持っているブロイアーは、戦争は避けたいという考えだった。イギリスの侵略からノルウェーを守る代わりに、ドイツに協力してほしいと説得を試みる。しかし、ノルウェーは主権国家であるため応じることはできないとコートは断った。

朝早く、ホーコン7世は息子であるオラフ皇太子、その妻、そしてその子供たちとともに王宮を出た。列車に乗り込み、避難先のハーマルへと向かうことになる。道中で空襲に遭い、国王一家は自国が侵攻されているということを思い知った。

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』のあらすじ【承】

ハーマルに到着し、ホーコン7世は首相をはじめ政府の閣僚らと合流した。ノルウェーの主要都市がドイツ軍によって占領されたことを伝えられる。侵攻は不意打ちだったと内閣は主張し、軍の総動員令も書簡で発令したばかりだった。それを聞いて、侵攻は予想できたはずだとオラフは憤った。ホーコン7世の兄が治めるデンマークは降伏したとも知らされた。今後の対応について、臨時議会が開かれることになる。

議会の冒頭、首相は辞任、内閣は総辞職すると宣言した。しかし、ホーコン7世は議長とともにそれを認めなかった。そして、武力ではなく交渉で解決すべきだと主張した。武力行為の即停止を条件に、交渉に応じるとの意向をドイツ公使館へ伝える。和解を望むブロイアー公使はその意向に沿うつもりだったが、ドイツ軍には武力行為を止める意思はなかった。

翌朝、国民連合党のクヴィスリングがクーデターを起こし、ラジオでスピーチを行った。自分が新首相に就任しドイツに協力するとを述べ、旧政府を批判した。ドイツ軍がホーコン7世を捕えようとしているため、国王一家は再び避難することになった。ノルウェー軍は国王を追ってきたドイツ軍と応戦した。ブロイアー公使のもとには、ヒトラーから直々に命令が下される。ホーコン7世に謁見し、2人きりで話し合うようにというものだった。

逃亡中、まだ少年のような兵士も戦っているのを目の当たりにしたオラフは、自身も兵役につくとホーコン7世と妻に告げた。妻は子供たちを連れて、スウェーデンに逃げることになった。家族はいつも一緒にいるべきだという考えのホーコン7世にとって、これは苦渋の決断だった。オラフは涙ながらに妻や子供たちとの別れを惜しんだ。

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』のあらすじ【転】

ドイツ軍はノルウェーの防塞を突破し、逃げる国王たちに迫ってきていた。ノルウェー政府の閣僚たちは、ドイツ軍が指定した場所、エルヴェルムへブロイアー公使との交渉に向かってほしいとホーコン7世に頼んだ。敵が指定した場所へ行くのは危険だとオラフは反対するが、これ以上の犠牲を出したくないホーコン7世は出向くことを決意した。

オラフと別れ、出発するホーコン7世。もしも自分に何かあったときのために、家族と離れないようにということ、そして「すべては祖国のために」という自身の理念をオラフに伝えた。エルヴェルムに着き、閣僚たちと合流する。しばらくして、ブロイアー公使も到着した。

国王と2人きりでの対談をブロイアーが希望したため、ホーコン7世は閣僚らを退室させた。ブロイアーがヒトラーから命じられていたのは、ノルウェーを降伏させ、クヴィスリングを新首相に据えるということであった。しかし、政府からも国民からも支持されていないクヴィスリングを首相とすることは、ノルウェー側にとって認めがたいことだとブロイアーは理解していた。そのため、クヴィスリングに関する項目を削除した別の提案書を独断で持参していた。

ブロイアーが必死の説得にあたるが、ノルウェーは民主主義であるため国民の総意なく決めることはできないとホーコン7世は拒否した。ブロイアーがホーコン7世の兄を引き合いに出し、彼が治めるデンマークはすでに降伏したと言うと、それがホーコン7世の逆鱗に触れた。平和に解決すると主張しながら降伏を要求していることを糾弾し、席を外していた閣僚たちを呼び戻した。外務大臣たちが交渉を続けようとするも、国王以外とは交渉するつもりのないブロイアーはその場を去った。

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』の結末・ラスト(ネタバレ)

ホーコン7世は、国民に選ばれた王である自身の道義としてドイツの要求を受け入れることはできないこと、クヴィスリングを首相には任命しないこと、多くの命が失われることも覚悟の上でこの決断をしたことを正式に発表した。

降伏を拒否したことへの報復として、ホーコン7世たちの避難先でドイツ軍が空襲を行った。そして、1940年4月11日よりノルウェーでも戦争が始まる。ブロイアー公使は兵士として東部戦線に送られ、その後ソ連の捕虜となり8年を過ごした。

6月7日、ホーコン7世とオラフはイギリスに亡命し、その3日後にノルウェーは降伏した。国王は亡命してからもドイツに抵抗し続けた。1945年5月8日にドイツが降伏し、欧州の第二次世界大戦は終わりを告げる。ノルウェーに帰国するため、アメリカに避難していたオラフの妻と子供たちもロンドンに集った。ホーコン7世は1957年、85歳で死去。第二次世界大戦における彼のドイツへの抵抗は、主権国家ノルウェーの民主主義の象徴となっている。

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』の感想・評価・レビュー

降伏しなければ戦争になるということをわかっていながらも、ノルウェーという国の尊厳を守ることを選んだホーコン7世の苦悶が伝わってくる作品だった。戦争が始まり、ノルウェー軍や国民から多くの犠牲者が出るのを見て、降伏した方が良かったのではないかと思うこともあったかもしれない。しかし、国民に選ばれた王であることに誇りと責任を持ち、民主主義を尊重するホーコン7世の姿はノルウェー国民にも響いただろう。本作はノルウェーで大ヒットしたということで、ホーコン7世は今も国民から愛されている王なのだと思った。(MIHOシネマ編集部)


第二次世界大戦の際のノルウェーの立場という、歴史の勉強の中でもあまり馴染みのなかったことに、あらためて興味を喚起させる一本。恥ずかしながらこの辺りについてはこの映画で初めて知ったので、この映画に描かれていることの全てを額面通りに受け取って良いのかは分からないが、少なくともこの国王は国民に愛されたことは分かった。そしてドイツ人の側にも、戦争を望まず奔走した人がいたというのも興味深かった。極限の状態で人がどんな選択をするか、そんな普遍的な話でもあった。(男性 40代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒューマンドラマ映画歴史映画戦争映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました