「熊座の淡き星影」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

熊座の淡き星影の概要:巨匠ルキノ・ヴィスコンティを映画界へと向かわせる転機となった作品。のちに大作『山猫』を生む彼は、貴族の血を引く自らの生い立ちを時に皮肉り、時に美しく描きだす。禁断の恋をテーマに、姉弟の悲痛な運命をたどるサスペンスとなっている。

熊座の淡き星影の作品情報

熊座の淡き星影

製作年:1965年
上映時間:100分
ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
キャスト:クラウディア・カルディナーレ、ジャン・ソレル、マイケル・クレイグ、マリー・ベル etc

熊座の淡き星影の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『熊座の淡き星影』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

熊座の淡き星影の登場人物(キャスト)

サンドラ(クラウディア・カルディナーレ)
妖しい美貌の持ち主。実家の屋敷に帰り、弟と再会したことで、封印していた忌まわしい過去が明らかになる。ユダヤ人の亡き父を心から尊敬している。
アンドリュー(マイケル・クレイグ)
サンドラの夫。妻を愛しているが、彼女の実家を訪れたことで、その異常な雰囲気に飲み込まれてゆく。サンドラ姉弟の過去を知り、一度は絶望するが、彼女への健気な愛情を見せる。
ジャンニ(ジャン・ソレル)
サンドラの弟。姉に異常な執着を見せ、禁断の過去の出来事を小説に書いてしまう。最後は狂気に蝕まれ、毒薬を飲んで自殺してしまう。
ジラルディニ(レンツォ・リッチ)
サンドラの義父。市庁舎で働いており、サンドラ姉弟とは犬猿の仲。彼らの忌まわしい過去に耐えられず、アンドリューに真実を打ち明けてしまう。
コリンナ(マリー・ベル)
サンドラの母。子供達の起こした問題のせいで心を病んでしまい、入院していた。今は屋敷の別荘で暮らしている。元ピアニスト。
ピエトロ・フォルナーリ(フレッド・ウィリアムソン)
コリンナの担当医師であり、サンドラの初恋の相手。屋敷に出入りすることで、姉弟の問題に巻き込まれてゆく。
フォスカ(アマリア・トロイアーニ)
屋敷のメイド。ジャンニやサンドラの身の回りの世話をする。最後はピエトロと共に、ジャンニの亡骸を見つけてしまう。

熊座の淡き星影のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『熊座の淡き星影』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

熊座の淡き星影のあらすじ【起】

華やかなホームパーティーの主催者である、サンドラとその夫・アンドリュー。サンドラはにこやかに接待して回るが、ふいに聞こえるピアノの旋律に、顔を曇らせる。

翌日、夫婦はサンドラの実家に向かう。大きな屋敷で出迎えたのは、メイドのフォスカだけだ。フォスカはサンドラに、弟・ジャンニが度々帰ってくることを告げ、二通の電報を渡す。続けて、母・コリンナが別荘にいることや、義父・ジラルディニが話したがっていることを伝える。サンドラは電報を読むと、親戚が集まらないことを知って憤る。

サンドラは庭へ向かうと、幕を掛けられた父親の像の前に立ち、抱きつく。その横には、「ナチに踏みにじられた偉大な才能と命を惜しんで」と記された石碑。庭は公園として、町に寄付される予定であり、像の除幕式を行うためにサンドラは戻ってきたのだ。そこへ、長らくサンドラの前から姿を消していたジャンニが現れる。うっとりするような抱擁で再会を喜ぶ姉弟。アンドリューもやってきて、ジャンニと挨拶を交わす。

ジャンニはたまに屋敷に帰ると、家財を売って生活資金を工面していたらしい。そして、彼の過去について小説を書いていることも聞かされ、サンドラは不安げな顔を見せる。ジャンニがアンドリューを誘って酒場へ向かうと、サンドラは一人屋敷に残り、ジャンニの寝室を必死で漁り始める。ジャンニの手を象った彫刻を見つけると、恋しそうに触れる。

熊座の淡き星影のあらすじ【承】

アンドリューはサンドラの過去を聞きだそうとするが、ジャンニは挑戦的な態度を取る。酒場に居合わせた医者のピエトロは、サンドラの初恋相手らしく、アンドリューに鋭い睨みを効かせる。

その夜、サンドラは何かを警戒し、施錠をして眠りにつく。しばらくすると、誰かがサンドラの部屋のドアを強引に揺すり、去ってゆく。サンドラ、アンドリュー、ジャンニは皆落ち着かない様子で、それぞれ眠れない夜を過ごす。

翌朝、心を病み、別荘に隔離されているコリンナの看病のために、ピエトロが屋敷を訪れる。ピアノをめちゃくちゃに弾き狂う母の姿に、顔を歪めるサンドラ。コリンナは、夫をユダヤの悪党だと罵り、娘のサンドラも同族だと言い放つ。

サンドラ夫婦が市庁舎を訪れると、すでにジャンニとジラルディニの姿もあった。サンドラは明朝の除幕式のために、書類にサインを済ませる。ジラルディニは、コリンナを早期退院させたことで非難されると思い、サンドラに対して脅すような言葉を掛ける。

一方サンドラは、父を強制収容所に送り込んだのは、母とジラルディニの密告だと推測する。彼らとサンドラ姉弟は、幼い頃から対立していたのだ。彼らの目を盗むため、姉弟は秘密の場所をメモで伝え合い、密会していたという。その話を聞いた矢先、アンドリューは待ち合わせ場所と共に、愛の詩が書かれたメモを見つけてしまう。サンドラは、昔にピエトロが書いたものだと誤魔化す。

熊座の淡き星影のあらすじ【転】

得体の知れぬ不安を感じ、一刻も早い帰宅を望むアンドリュー。だがサンドラは、夫に隠れて、メモに書いてあった場所へと向かう。そこにはジャンニの姿があった。ジャンニは、昨夜サンドラの寝室を訪ねたのは自分だと打ち明けるが、サンドラは驚かない。ジャンニはサンドラと心が繋がっている証拠に、彼女の結婚指輪を預からせてほしいと迫る。

ジラルディニは、サンドラ姉弟への嫌悪を募らせていた。彼らは家族を崩壊させた問題を抱えている、二度と会いたくないとアンドリューに話し、憤怒する。

その頃、ジャンニはサンドラに自筆の小説を読ませていた。姉弟の肉欲の過去について書かれたもので、サンドラはひどく慌てる。だが、ジャンニの病的なほど深い愛の告白を聞き、微かに顔を綻ばせる。彼の想いには応えられないことを告げ、無垢な少年時代を回顧して涙する。ジャンニは、小説の題名は「熊座の淡き星影」だと発表し、詩を引用して聞かせる。

アンドリューの説得により、ジラルディニと姉弟はディナーを共にする。ジラルディニは友好的な態度で臨むが、サンドラは相変わらず尖った対応をする。コリンナのことをきっかけに口論になり、ジラルディニはついに憤ると、姉弟の近親相姦の過去を暴露する。

熊座の淡き星影の結末・ラスト(ネタバレ)

アンドリューは激怒し、逃げるジャンニに殴りかかる。必死で制止するサンドラに、過去を忘れて家に帰ろうと懇願する。だがサンドラは、夫の中に不信の心を見いだし、一生屋敷で暮らすことを告げる。

アンドリューは屋敷を去ってしまう。ジャンニは、サンドラの欲望を見透かすような言葉で捲し立て、関係を迫る。自殺を仄めかすと、戸棚にある毒薬の瓶まで見せつける。そんな弟に、「もう死んだも同然でしょ」と吐き捨てるサンドラ。

部屋に戻ったサンドラは、アンドリューからの置き手紙を見つける。サンドラの帰りを待っているという切実な文章に、屋敷を出る決意をする。一方、毒薬を飲んでしまったジャンニは、サンドラの名前を呼びながらもがき苦しむ。その横には、姉を求める手紙が残されている。

サンドラは、過去を忘れて家に帰ると、アンドリューに返事を書く。そして真っ白なヴェールに身を包み、除幕式へと向かう。そこにはコリンナとジラルディニの姿もあった。サンドラの父への弔辞が読み上げられるなか、フォスカとピエトロは、床に転がっているジャンニの亡骸を発見する。ピエトロはジャンニの死を告げるため、除幕式へと向かう。

熊座の淡き星影の感想・評価・レビュー

山猫』でもヒロインを務めたクラウディア・カルディナーレだが、本作とのキャラクターの類似性は疑いようもない。サンドラの爪や唇を噛む仕草、低い笑い声は、アンジェリカそのものである。貴族社会の衰退というテーマを持つ、ヴィスコンティの徹底した皮肉と、そこにすら美を見いだす鋭い感性が伺える。

サンドラを揺るがす運命は、二通の電報に始まり、二通の手紙によって幕を閉じる。ジャンニは、禁断の恋を題材にした神話に登場する、天使の彫刻にサンドラへのメモを挟んで残す。絶望と死の香りが漂う中に、散りばめられた甘美な演出が、姉弟の悲劇をよりドラマチックに映しだしていた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする