映画『暗いところで待ち合わせ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「暗いところで待ち合わせ」のネタバレあらすじ結末と感想

暗いところで待ち合わせの概要:乙一による同名小説を映画化。視力を失っているミチルの家に、殺人容疑で警察に追われるアキヒロが逃げ込んでくる。アキヒロの姿が見えないミチルとの奇妙な共同生活が始まる。

暗いところで待ち合わせの作品情報

暗いところで待ち合わせ

製作年:2006年
上映時間:129分
ジャンル:ラブストーリー、サスペンス、ミステリー
監督:天願大介
キャスト:田中麗奈、チェン・ボーリン、井川遥、宮地真緒 etc

暗いところで待ち合わせの登場人物(キャスト)

本間ミチル(田中麗奈)
失明をしている。点字を読んだり、白杖を使って外出するのは苦手で、1日中部屋の中で過ごすこともある。家の中ならば、どこに何があるのかを正確に記憶している。
大石アキヒロ(チェン・ボーリン)
印刷所で働く青年。中国での生活が長く、日本語が少し苦手な所がある。そのせいで、対人関係がうまく築けず、孤立している。
二葉カズエ(宮地真緒)
ミチルの友人。ミチルのことを心配して、一緒に外出をするなどして、ミチルが少しでも社会と接点を持っていて欲しいと思っている。
三島ハルミ(井川遥)
ミチルの家の近所に住む女性。洗濯物が飛んで来たと、ミチルの家を訪ねてくる。その時初めて彼女が盲目であることを知る。

暗いところで待ち合わせのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『暗いところで待ち合わせ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

暗いところで待ち合わせのあらすじ【起】

ミチルはいつものように父と一緒に朝食をとる。母は、ミチルが幼い頃にいなくなったようだ。ミチルは目が見えない。まだ点字も上手く読めない。しかし父は、点字スタンプで手紙を書いている。ミチルの誕生日プレゼントとともに、その点字の手紙を受け取るミチル。プレゼントはオルゴールで、その中に音声時計のペンダントが入っているのだった。

ミチルが洗濯を干していると、電話がかかってきて父の訃報を告げられる。通夜の最中、母が玄関先まで来ていたことを聞いたミチルは、窓を開け、眼下にある駅のホーム向かって「お母さん!」と泣き叫ぶのだった。

ミチルの一人暮らしが始まる。いつものように朝、窓を開ける。外からは電車のブレーキ音、そして救急車のサイレン。救急車のサイレンを聞き、ミチルは自分の事故のことを思い出していた。その事故の後、ミチルは視力を失ったのだった。

玄関のチャイムがなり、ミチルが扉を開けると男が立っていた。いつもホームから窓際に立つミチルの姿を見つめていた男だった。玄関の扉が開いたすきに、こっそり家の中に入る男。盲目のミチルは、それに気がつかないのだった。

暗いところで待ち合わせのあらすじ【承】

夜、ミチルはテレビのニュースで、すぐ側の駅で転落事故があったことを知る。事故は、事件の可能性もあることを伝えていた。男が、突き落としたという目撃証言が出ているのだった。ミチルの家に忍び込んだ男も、そのニュースを部屋の隅で聞いているのだった。

ミチルが二階の寝室に行くのを見計らって、男はゴミ箱からペットボトルを取り出し、その中に用をたし、窓から庭に捨てる。冷蔵庫をあけ、食パンを頬張り、牛乳を飲む。そして、ミチルの父親の部屋から服を取り出し、着てうずくまるのだった。

男は、アキヒロといい、印刷会社で働いていた。ホームから突き落とされた男、松永も同じ会社に勤めていた。アキヒロは、国籍は日本だが中国で育ったため日本語が少し不慣れだった。そのため、職場でちょっとしたイジメにあっているのだった。それを主導しているのが、松永だった。松永は群れることを嫌うアキヒロのことが、気に入らなかった。怒りをぶつける場所もないアキヒロは、あの日、ホームに立つ松永の背後に立ち、鋭い視線でその背中を見つめていたのだった。

ニュースは、アキヒロが行方不明だということを伝えていた。そして警察は、容疑者としてアキヒロを探しているのだった。

ハルミが風で飛んでしまった洗濯物を届けにきてくれる。それがきっかけで、ミチルは、ハルミの店にカズエと一緒に行く。食事をしながら、ミチルはカズエと、事件のことを話す。ミチルは、家に何か居るみたいだとカズエに話すが、カズエは請け合わない。家に帰ってきて戸締りを確認するミチル。そして、いつものように寝ようとした時、物音がして、部屋に戻るミチル。しかし、ミチルにはアキヒロは見つけられない。「誰かいるの?」と声を出してみるが、もちろん返事はない。

暗いところで待ち合わせのあらすじ【転】

数日後、カズエが訪ねてきて部屋に上がり込む。カズエは、杖をついて外に出ることを勧めるのだが、一人で家にいる方がいいというミチル。カズエの来訪中、アキヒロは父の部屋の戸棚に隠れているのだった。

ミチルは、カズエに言われ一人で杖をついて外に出てみる。しかし、慣れないミチルは、自転車にぶつかりそうになったり、横断歩道で車からクラクションを鳴らされたりする。家に帰ったミチルは、高いところのものを取ろうと椅子に上がり手を伸ばすが、バランスを崩し倒れてしまう。棚の上のものが落ちて来て、倒れたミチルの顔の上に土鍋が落ちてくる。その土鍋をアキヒロは、ギリギリで受け止め、そっと横に置くのだった。ミチルは起き上がろうとした時に、その土鍋の触れ、この部屋に誰かが居ることを確信する。そして、見えないアキヒロに「ありがとう」と言うのだった。

その日の夜、ミチルは夕飯を二人分作り、テーブルに用意する。そのテーブルで一緒に食事をするアキヒロの姿があった。こうして、ミチルとアキヒロの奇妙な共同生活が始まる。

ハルミの店に行くカズエとミチル。ハルミは近々結婚するらしい。家に帰り、カズエは外に出る練習をしようとミチルに提案する。しかし、ミチルは外に出ても楽しいことは何もないと渋る。そんなミチルにカズエは腹をたて、「さようなら」と言い捨て、出て行ってしまうのだった。残されたミチルは、買い出した食材を撒き散らし、寝室に駆け込む。アキヒロは、ミチルの散らかしたものを片づけながら、あの日のことを思い出すのだった。

暗いところで待ち合わせの結末・ラスト(ネタバレ)

翌朝、一人だって生きていけると呟きながら台所に降りてきたミチルは、散らかしたものが片付けられていることに気がつく。ミチルは一人ではなかった。

あの日、アキヒロは松永を突き落とそうとしたが、実際に突き落としたのは別の女だった。

一人でないことに気がついたミチルは、カズエに謝りの電話を入れる。しかし、何も聞いてもらえぬまま切られてしまう。ミチルは意を決し、杖を持って外に出ようとする。アキヒロは、その手を引いて一緒に外に出て、カズエの家まで行くのだった。

カズエの家の前でアキヒロと別れ、カズエと話すミチル。アキヒロは、交番の前で立ち尽くしていたが、背を向け立ち去る。カズエと和解したミチルは、帰り道、駅で事件のことを詳しく聞く。そして、家に帰るとアキヒロの姿はなかった。

アキヒロはミチルから借りたコートから写真を見つけ、あの日、松永を突き落としたのが、ハルミだったことを知る。イブの日、アキヒロはミチルに真実を話す。部屋ではハルミが待っていた。ミチルは、ハルミを問い詰める。自分の犯行がバレたハルミは、ミチルの首を絞める。駆け込んでくるアキヒロ、そこへカズエも帰ってきて、ミチルは助かるのだった。

アキヒロはあの日、自分が殺していたかもしれないことをミチルに話す。ミチルはアキヒロを散歩に誘う。そして、二人は寄り添いながら歩いて行くのだった。

この記事をシェアする