「マレフィセント」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

マレフィセントの概要:眠りの美女に登場する悪い妖精、”マレフィセント”。そんなマレフィセントに幼少期から憧れを抱いていたというアンジェリーナ・ジョリーが、『眠りの森の美女』をマレフィセント視点で再度実写化に挑戦する。

マレフィセントの作品情報

マレフィセント

製作年:2014年
上映時間:97分
ジャンル:ファンタジー、ラブストーリー、アクション
監督:ロバート・ストロンバーグ
キャスト:アンジェリーナ・ジョリー、シャールト・コプリー、エル・ファニング、サム・ライリー etc

マレフィセントの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『マレフィセント』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

マレフィセントの登場人物(キャスト)

マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)
ステファンに裏切られ人間を恨むようになった妖精。ステファンの娘であるオーロラに呪いをかけるが…。
オーロラ(エル・ファニング)
ステファンの娘で次期王女。美貌と優しさを兼ね備えているが、マレフィセントによって16歳で死ぬ呪いをかけられている。
ステファン王(シャールト・コプリー)
人間の国の国王。マレフィセントのかつての恋人であるが、自らの野心のため彼女を見捨てた。
フィリップ王子(ブレントン・スウェイツ)
オーロラに一目惚れした隣国の王子。オーロラに口づけ彼女を生き返らせようとする。

マレフィセントのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『マレフィセント』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

マレフィセントのあらすじ【起】

今では誰もが忌み嫌う”悪い妖精”、マレフィセントにも他の者と同じく幼少期がありました。マレフィセントが小さい頃、人間が暮らす国と妖精が暮らす国とはきっぱりと区別がされていました。人間の王国はヘンリーという王様が統治しており、一方妖精の国、ムーア国には王という概念はなく、誰もが平等に過ごす平和な毎日が訪れていました。

そんな時、人間の国からムーア国へとこっそり忍び込んだ者がいました。早くに両親を亡くし貧しい生活をしている、ステファンという男の子です。ステファンはムーア国から宝石を盗み出そうとしますが、その様子をたまたま幼いマレフィセントに見つかってしまうのでした。人間の国に興味を持っていたマレフィセントは、ステファンから様々な話を聞き出します。

そして2人は、いつかあの王宮に住むといったステファンの野望などを聞きながら、楽しい時間を過ごしたのでした。その後もステファンは時折ムーア国を訪れ、マレフィセントとステファンの距離は徐々に縮まっていきます。

マレフィセントのあらすじ【承】

そして16歳の誕生日、マレフィセントとステファンはこれからも変わらない愛を誓い、口づけを交わしました。しかし、元々野心に溢れていたステファンの心は成長と共に少しずつマレフィセントから離れて行きます。ステファンは上り詰めるためにはどんな手でも使い、とうとうヘンリー王の側近にまで出世するのでした。

その頃、ヘンリー王は隣国であるムーア王国の支配を企んでいました。しかし成長したマレフィセントが強靭な魔力を手に入れ、幾度となく襲撃してくる人間たちを追い返していたのです。マレフィセントに敵わない事を悟ったヘンリー王は消沈し寝込んでしまいました。そして、マレフィセントを倒したものを次の王にするといい渡したのです。

そこで名乗りを上げたのはあのステファンでした。ステファンは久しぶりにムーア王国を訪れます。久しぶりの再会に喜ぶマレフィセントでしたが、ステファンに薬によって眠らされてしまいます。マレフィセントを殺そうとするステファンでしたが、どうしても彼にはそれが出来ず、代わりに彼女の翼を切って持ち帰ったのでした。

マレフィセントのあらすじ【転】

そしてステファンは、念願であった王の座に君臨します。ヘンリー王の娘との間に子供を授かったステファンは、その可愛らしい女の子にオーロラという名前をつけました。一方のマレフィセントは、愛していたものに裏切られ憎しみに取り憑かれていました。そしてマレフィセントはオーロラの洗礼式に現れ、オーロラに対して16歳の誕生日までに糸車に指を刺されて死ぬという呪いをかけるのでした。

その呪いを解くためには、真実のキスをする他ありません。それはかつて自分がステファンと交わしたはずで、そして裏切られたものでした。マレフィセントは自分の過去の経験から、この世に真実の愛はないと思っていたのです。オーロラに呪いをかけたマレフィセントでしたが、幼少期から彼女を見続けていたことによって、オーロラに対して不思議な感情を抱きつつありました。そして一方のオーロラも、時折現れては自分を助けてくれるマレフィセントを慕うようになりました。

次第にオーロラに愛情を感じ始めるマレフィセントでしたが、自分がかけた呪いを解くことがどうしても出来ません。苦しむマレフィセントでしたが、その時フィリップという1人の王子がオーロラの前に現れます。

マレフィセントの結末・ラスト(ネタバレ)

一方、とうとうオーロラが自分に呪いをかけたのがマレフィセントである事、そして自分が生まれるまでの経緯を知ってしまいました。オーロラは父親、ステファンに本当のことを確かめるべく城へと戻りますが、ステファンはオーロラを守る為に彼女を塔の上に監禁してしまいます。しかし、オーロラはこっそり塔から抜け出し、そしてその先で糸車に指を刺されて倒れてしまうのでした。

その事に一番悲しんだのは、呪いをかけたマレフィセント本人でした。マレフィセントはフィリップ王子を連れ城へと向かいます。しかし、フィリップの口づけを持ってしてもオーロラは目を覚ましません。マレフィセントは自らの行いを悔い、今後命をかけて彼女を守り続けることを誓い、オーロラに口づけを落としました。するとなんと、マレフィセントの真の愛によってオーロラは目を覚ましたのでした。

騒動の最中、ステファンは足を滑らせ城から落下、命を落としてしまいます。王女となったオーロラは、マレフィセントに羽根を返し、そしてムーア王国と人間の国を一つの平和な国へとまとめ上げるのでした。

マレフィセントの感想・評価・レビュー

まさかのフィリップの口づけではなく、マレフィセントの口づけで目覚めるとは思わなく、びっくりした。またアンジェリーナ・ジョリーが演じた幼少期のマレフィセントが可愛く、そして大人になったマレフィセントも綺麗で強い女性になっていた。オーロラ姫を見守りながら育て、マレフィセントと共に行動するカラスのディアヴェルも面白く、見所であった。全体的に少し暗い部分が多かったが、最後はハッピーエンドで、分かりやすい映画だと感じた。(女性 20代)


ディズニー最強のヴィランの呼び声も高いマレフィセントをメインに描いたストーリー。
今までのディズニー映画の中では、とても恐ろしく無慈悲な存在として描かれて彼女だが、本作品では、マレフィセントが受けた裏切りや、不器用ながらもオーロラを見守る、マレフィセントなりの愛情表現などに触れる事ができ、想像していたより安らぎを感じる内容である。マレフィセントが抱えている葛藤なども描かれている為、この作品を見た後のマレフィセントの印象が結構な角度で変わってしまった。(男性 30代)


マレフィセントの美しさが、画面からダイレクトに伝わり、アンジェリーナ・ジョリーがマレフィセント役で良かったなと心から思いました。オーロラを陰ながら支え、母性(愛)に目覚めていくマレフィセントがとても愛しいです。「真実の愛のキス」の定義が「出会ったばかりの男女のキス」ではなく、女性同士による真実の愛のキス(恋愛関係ではないので、おでこにキス)というものに変更されており、人間(マレフィセントは妖精ですが)本来の愛を深く感じました。男女の恋愛関係だけが愛ではないと強調されており、「その通りである」と、観ていて頷いてしまいました。(女性 20代)


眠れる森の美女の悪役、マレフィセントを主人公にした物語です。眠れる森の美女では、勿論悪者扱いされていたマレフィセントですが、実際は見た目は怖いけど心優しい魔女だと言う事が分かりました。見た目だけで判断してはだめだと分かりました。

きっと、主人公の屈託ない素直な性格に影響されたのではないかと思います。一緒に暮らして育てていくうちに、マレフィセントには情が移ってしまったのだと思います。(女性 30代)


アンジェリーナ・ジョリー演じるマレフィセントが君臨する姿は圧巻。ただならぬオーラを醸し出していて、彼女にぴったりの役だった。
その見た目から悪役のイメージが強いが、オーロラ姫を見守り続け愛情を持つというところに、彼女の優しい一面を見た。
欲望が渦巻く、人を欺いて幸せになることはできない。
誰もが皆真実の愛や無償の愛を求めていて、恋愛関係だけが愛ではなく色んな愛の形があるということを教えてくれる。
原作の『眠れる森の美女』とは一味違う展開なので、そこも含めて楽しめる作品。(女性 20代)


大人にもおすすめのファンタジー作品である。世界観や映像の美しさは期待を大きく超えてくる。重苦しい雰囲気にしたことは大正解で、マレフィセントの心の闇や美しさが強調されていた。
ストーリーはそこまで期待していなかったのだが、なかなか良かった。愛とは何かについて考えさせられる。マレフィセントは妖精だが、心情の描き方が丁寧なので感情移入してしまう。このストーリーで独特な世界観と映像の美しさがあるのだから、ヒットしない訳がないのだ。(男性 20代)


ディズニー作品の中でも特に有名なヴィランである、マレフィセントをメインに据えた作品。悪役は、生まれた瞬間から悪役ではなく、彼女たちにも子どもの時代があったという導入が非常に好ましかった。
裏切られたことによりヴィランになったマレフィセントが、ステファンに裏切られた証であるオーロラを呪うが、それを後悔しているのも新鮮な切り口だと感じた。実際、オーロラは王子のキスではなく、マレフィセントの口づけで目を覚ましているのも新しい。
アンジェリーナ・ジョリーの演じるマレフィセントの美しさも然る事ながら、作り込まれた映像の美しさにも圧倒された。
普段ならプリンセス側の視点から繰り広げられる物語が、ヴィラン側の視点から観ることによって新しい見方ができる特別な映画だった。(女性 20代)

関連作品

次作 マレフィセント2

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. しげ より:

    予告やマレフィセントのビジュアルから、マレフィセントは悪と思って鑑賞していただけに、意外と根は優しい人物だと知って、嬉しい発見。

    そして王子の口づけでオーロラ姫の目が醒めるものと思っていただけに、マレフィセントがオーロラ姫のおでこに軽い口づけをした事で目が醒めるという展開に、一人騙されたと思って見終わりました。

    ディズニー作品、悪が主人公になることはないのだなと、勝手に納得させられる作品でした。

  2. 匿名 より:

    『マレフィセント』は超有名なストーリーのアレンジなので、皆知っている結末がどう変わるのかが見どころの映画でした。そこを見事にまとめあげているのが素晴らしい点です。アンジェリーナ・ジョリは恐ろしい雰囲気を醸し出していて素晴らしかったし、オーロラ姫を演じたブレントン・スウェイツはこれぞディズニー映画のお姫様という感じの佇まいでしたね。映像表現も良かったし、かなり満足度が高い映画です。

  3. 匿名 より:

    ドラゴンになったディアヴァルが兵士に攻撃されなかった理由。
    クライマックスの戦闘シーンで、ディアヴァルはマレフィセントによってドラゴンに変身させられ、勇猛果敢に戦いました。しかし、兵士たちによって鎖で身動きを取れなくされてしまいましたね。しかし、彼は兵士の持つ剣・槍・弓矢で攻撃されませんでした?なぜでしょう。その理由は2つ。この映画はディズニー映画だからということ、兵士たちがドラゴンを攻撃するとドラゴンスレイヤーの要素が入ってきてしまうので邪魔だったということです。

  4. 匿名 より:

    マレフィセントはなぜオーロラ姫と行動を共にしていたのか。
    これは単純な話で、オーロラ姫が赤ちゃんの頃から毎日彼女を見張っていて、マレフィセントの部下・ディアヴァル(カラス)はオーロラ姫と何度も一緒に遊んでいます。そういう中でどんどん成長していくオーロラ姫に情が湧いたというわけです。彼女がオーロラ姫にかけた「とても美しく育ち、誰からも愛される」という呪いの影響を自らも受けていたんですね。

  5. 匿名 より:

    眠れる森の美女とどう違うか。眠れる森の美女はオーロラ姫が主役で、マレフィセントはヴィランとして登場しました。本作ではマレフィセントを主役に据え、オーロラ姫は準主役の立ち回りをしています。もう一つ大きく異なったのは、オーロラ姫は王子様のキスで目覚めなかったことですね!これはびっくりした人が多かったと思いますが、近年のディズニーは女性の自立をテーマにした作品を作っており、これを踏襲した形なのだと考えられます。だから、ラストで王子様がでてきたのが私は不満です。メッセージ性が薄れてしまうと思うんです。