「マン・ダウン 戦士の約束」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

マン・ダウン 戦士の約束の概要:海兵隊のガブリエルはアフガニスタンでの任務から帰還する。故郷に帰ってきた彼だったが、そこは人気のない荒廃と化していた。いなくなった家族を探す彼に待ち受けるものとは…

マン・ダウン 戦士の約束の作品情報

マン・ダウン 戦士の約束

製作年:2015年
上映時間:91分
ジャンル:ヒューマンドラマ、戦争
監督:ディート・モンティエル
キャスト:シャイア・ラブーフ、ゲイリー・オールドマン、ケイト・マーラ、クリフトン・コリンズ・Jr etc

マン・ダウン 戦士の約束の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『マン・ダウン 戦士の約束』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

マン・ダウン 戦士の約束の登場人物(キャスト)

ガブリエル・ドラマー(シャイア・ラブーフ)
アフガニスタンの戦場から帰還した兵士。過酷な戦争から無事帰還したが、戦場で悲惨な現場を多く経験したことが彼の人生を大きく変えることとなる。
ナタリー・ドラマー(ケイト・マーラ)
ガブリエルの妻。戦場に行く夫と離れ離れになることに不安と寂しさが入り混じる。
ジョナサン・ドラマー(チャーリー・ショットウェル)
ガブリエルの息子。学校では虐めに遭っている。
デビン(ジェイ・コートニー)
ガブリエルの親友で同じくアフガニスタンへ赴任する。

マン・ダウン 戦士の約束のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『マン・ダウン 戦士の約束』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

マン・ダウン 戦士の約束のあらすじ【起】

アフガニスタンから帰還したアメリカ兵士のガブリエル。彼の隣には長年に渡り親交を深めていった親友のデビンもいた。デビンもまた彼と同じく、アメリカ兵としてアフガニスタンに派遣されていたのであった。

戦場から帰還したガブリエルは、軍の面談を行った後、真っ先に自分の故郷に戻るのであった。

故郷へ帰還するとそこは人気のいなくガブリエルの家族もいなかった。ガブリエルはデビンと協力し周囲の散策にあたる。そこで一人の見知らぬ男が生存していた。彼に事情を聞くも何も答えてくれなかったため、ガブリエルは一旦彼を連れて荒廃した故郷を周ることにする。

時は遡り、ガブリエルが故郷に帰る前に帰還兵との面談を担当するペイトン大尉と行った面談の話に戻る。

戦争から疲弊した彼は、ペイトン大尉に戦争のことを話そうとしなかった。だが、規定時間は面談をする必要があるとの話を受けたガブリエルは、アフガニスタンの戦場に行く前の過程や戦場で起きたこと、自身の身に起き体験したことを話し始めるのであった。

マン・ダウン 戦士の約束のあらすじ【承】

アフガニスタンへの赴任前、ガブリエルは自分の息子ジョナサンを学校に送り届けようとしていた。妻のナタリーからジョナサンが学校でいじめを受けていることを聞いていたガブリエル。

学校へ送る車の中でジョナサンにいじめの経緯を聞く。いじめの発端は、ナタリーが周囲の子供や保護者の前でジョナサンに「愛している」と言ったことがきっかけであった。ガブリエルは、今後は直接的な言葉ではなく代わりの言葉を代用しようと提案する。その言葉とは「マンダウン」というアメリカ軍が戦場で仲間に危険を知らせるために使用する言葉であった。ジョナサンもこの言葉を使用することを了承し、2人だけの約束の言葉となる。

その後、アフガニスタンへの赴任が正式に決まる。ナタリーは夫と離れ離れになることに不安と寂しさを感じていた。だが、ガブリエルは必ず戻ると約束する。

相棒のデビンは負傷していたため、後から戦場に行くこととなった。妻や子供をデビンに頼み、ガブリエルは戦場へ向かうのであった。

マン・ダウン 戦士の約束のあらすじ【転】

アフガニスタンでの戦場は悲惨なものであった。敵兵士を殺害し、仲間は殺される惨劇を繰り返すことで彼の精神は次第にすり減っていく。

彼の心の支えである妻ナタリーに電話をするもナタリーは電話に出なかった。そこでデビンに伝言を頼み、戦場に行く生活を繰り返していた。

その後、デビンも戦場に復帰し任務をこなす。敵地を制圧するため居住地に侵入するガブリエル。だが、そこでデビンは何者かに撃たれて死んでしまう。銃声が聞こえたほうにすぐさま発砲するガブリエル。発砲したのは民間人であった。だが、彼はそれに気が付かず殺害してしまうのであった。

デビンの遺品を整理すると、妻ナタリーとデビンが不倫関係であったことを匂わせるチャットのメッセージを見てしまう。その後ガブリエルは、デビンのアカウント経由でナタリーに連絡する。事実を知ってしまったガブリエルへの罪悪感からナタリーはかける言葉を見つけられずにいた。ガブリエルも無言のままチャットを終わらせてしまう。

マン・ダウン 戦士の約束の結末・ラスト(ネタバレ)

ここまでの経緯をペイトン大尉に話したガブリエル。面談の終了時刻となり、彼は故郷へ戻るのであった。

自宅の前に着いたガブリエル。家に入るのを躊躇しデビンと話し始める。そこへナタリーが玄関の扉を開き、ガブリエルを見つける。だが、彼女はガブリエルの姿に驚愕する。彼は独り言をずっと言っていたからであった。ガブリエルは、アフガニスタンでの経験や妻の不倫などがきっかけでPTSDに陥っていた。それによりデブリの幻覚を幻覚と認識していなかった。それ以外にも彼は現実と幻の区別ができなくなっており、異常な行動を繰り返していた。故郷が荒廃し、街から人の気配がしなく家族も消えていたのは、全てガブリエルが見ていた幻であった。

その後、ガブリエルの行動はエスカレートし、ついには夜中寝ているジョナサンを連れ去ってしまう。すぐにナタリーは警察を呼び、ガブリエルは追い込まれる。そんな状況下でも戦場と勘違いし必死にガブリエルは息子を守るべく行動する。

立て籠もったガブリエルのもとへナタリーも駆けつける。そして悲しむ2人の姿を見てようやく幻であったことに気が付く。すぐさま2人に謝罪しようとしたところガブリエルは警察に撃たれてしまう。撃たれたあとガブリエルは「マンダウン」と書かれた紙をジョナサンに渡す。手紙を見たジョナサンは瀕死の父のもとに駆け寄り、「愛している」と伝えるのであった。

マン・ダウン 戦士の約束の感想・評価・レビュー

戦場から帰還した兵士のその後を描いた本作。イーストウッドが監督した『アメリカン・スナイパー』とテーマは類似している。

戦争を経験した兵士がPTSDに陥ってしまう過程を最初は伏線として散らばせ、最後の数分で一気に回収するという少しサスペンスチックな作風。物語の大半をガブリエルの経験談に割いているので途中話が長く感じるが、それがあるからこそ最後数分、ガブリエルのシーンに重みが増し鑑賞者の心を締め付けるクライマックスとなっている。

戦争から帰還した兵士がどれだけ心を痛めているか。ある人は病気となり、ある人はホームレスとなり、そしてある人は命を絶ってしまう。そんな現実がアメリカ社会では起きている。兵士と言えど人間であることに変わりはない。その事実を一人でも多くの人が考えるきっかけとくれる貴重な作品だと思うので多くの人に鑑賞していただきたい。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする