映画『密偵』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「密偵」のネタバレあらすじ結末と感想

密偵の概要:日本統治下の朝鮮半島を舞台に、日本政府の密偵として働く朝鮮人と革命軍との諜報合戦をスリリングに描く。エンターテインメントとしても上質だが、メッセージ性の高さも秀逸。

密偵の作品情報

密偵

製作年:2016年
上映時間:140分
ジャンル:サスペンス、歴史
監督:キム・ジウン
キャスト:ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、鶴見辰吾 etc

密偵の登場人物(キャスト)

イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)
日本政府で働く朝鮮人の警務。もともとは上海の臨時政府で通訳をしていたが、その時の情報を日本に売り、今の地位を手に入れた。妻と幼い息子がいる。朝鮮人という立場から、主に密偵の仕事を任されている。
キム・ウジン(コン・ユ)
義烈団の核心メンバー。表向きは写真館と古美術商の店を経営している。
ヨン・ゲスン(ハン・ジミン)
義烈団の団長、チョン・チェサンの秘書。
ヒガシ(鶴見辰吾)
日本政府の高官でジョンチュルの上司。
ハシモト(オム・テグ)
日本政府の警部。ジョンチュルと組むことになるが、敵意を示しており、必死に彼を出し抜こうと画策する。
チュ・ドンソン(ソ・ヨンジュ)
義烈団のメンバー。
キム・ジャンオク(パク・ヒスン)
義烈団のメンバーでジョンチュルとは同郷で旧知の仲。
チョン・チェサン(イ・ビョンホン)
義烈団のリーダー。普段は全く表に顔を出さない謎の男。

密偵のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『密偵』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

密偵のあらすじ【起】

1920年代。日本政府の統治下である朝鮮半島。日本政府が頭を悩ませている存在、それは独立を夢見る運動団体・義烈団だった。彼らを捕らえるため、一人の朝鮮人が抜擢される。彼の名は、イ・ジョンチュル。上海の臨時政府で通訳として働いていたが、日本に情報を売り、今では日本政府で警務として働いていた。

義烈団メンバーのキム・ジャンオクは、資金を得るため高価な仏像の闇取引を行うが、情報が洩れ、日本警察に取り囲まれてしまう。そこにジョンチュルが駆けつけた。ジョンチュルとジャンオクは同郷で親しかったが、お互いに別々の道を歩んでいた。日本の犬に成り下がったジョンチュルを売国奴と罵ったジャンオクは、そのままピストル自殺した。

日本政府の高官・ヒガシは、ジャンオクが取引しようとしていた仏像が、義烈団への足がかりになると考え、ジョンチュルに捜査を指示した。ジョンチュルは手始めに、ジャンオクと一緒に取引現場に来ていたチュ・ドンソンを釈放し、様子を伺うことにした。

密偵のあらすじ【承】

三坂通りの人力車の店が、京城での義烈団のアジトだった。そこに戻ったドンソンは、寝返ったのではないかと尋問を受ける。だが、義烈団の核心メンバーであるキム・ウジンによって命を救われ、京城を離れろと命令される。

ジョンチュルはキム・ウジンが多額の資金を調達し、上海に流しているという情報を掴む。その資金で、爆弾を仕入れているらしい。そのことをヒガシに報告すると、ウジンを利用しろと指示を出される。ヒガシはもう一つ、ジョンチュルに指示を出した。それは、ハシモトという警部と組むこと。ハシモトは義烈団の団長、チョン・チェサンの秘書と言われるヨン・ゲスンを捕まえようと躍起になっていた。

ウジンが経営する写真館にやってきたジョンチュル。ウジンに押収したジャンオクの仏像の鑑定を依頼する。ジョンチュルの口から警務局の者だと知らされたウジンは、すぐさま態度を変え、頼みごとをしてきた。商売の話になった二人は、そのまま飲みに行き、すっかり酔っぱらってしまう。ウジンは別れ際、ジョンチュルのことをアニキと呼ぶようになる。別れた後、ウジンはチョン・チェサンに、日本警察に嗅ぎつけられたことをモールス信号で送った。

翌朝、ジョンチュルはゲスンの居所と、ウジンが義烈団員だという確固たる情報を得る。しかし、その情報は先にハシモトに横取りされていた。先手を取ろうとしたハシモトだったが、焦って失敗してしまう。結果、修女会に隠れていたゲスンを取り逃がし、ウジンにも姿を消されてしまう。このことで、ジョンチュルとハシモトは対立し始める。

ヒガシからウジンが上海入りしたことを告げられる。爆弾の専門家を集めているのだそうだ。ジョンチュルとハシモトはすぐさま上海へと向かった。

密偵のあらすじ【転】

ジョンチュルは上海にいるウジンの居所を突き止め、相談したいことがあるので上海に行くと手紙を出した。ウジンとゲスンは、チョン・チェサンに身の危険を知らせに行く。だが、チェサンはジョンチュルを自分たちの密偵にしようと提案する。

上海でウジンと合流したジョンチュル。事業を始めたいので、実力者を見つけてほしいとウジンに頼む。早朝、ウジンに朝飯に誘われたのでついていくと、なんとそこにはチョン・チェサン本人が待っていた。驚くジョンチュルにチェサンは“あなたの力を貸していただきたい”と説得してきた。逃げ場のなくなったジョンチュルは、否応なしに手を貸すしかなかった。

ジョンチュルの裏工作のおかげで、安東駅から京城行きの列車に乗ることが出来たウジンら義烈団メンバー。その情報を得たハシモトとジョンチュルも列車に乗り込む。彼らを逃がしたいジョンチュルだったが、義烈団の中に密偵がおり、情報は全てハシモトに筒抜けだった。

列車内でウジンに密偵のことを知らせると、ウジンは策を練って密偵を見つけ出した。しかし、同時にハシモトにも見つかってしまい、ウジンは追い詰められる。ジョンチュルはハシモトを撃ち殺してウジンを助けた。ジョンチュルは“次に会うときは敵同士だ。どちらかが死ぬことになる”と言い残し、列車を飛び降りた。

京城駅は警官隊で包囲されていた。義烈団は次々に捕まり、抵抗する者は撃ち殺されていった。そしてゲスンも日本警察の手に落ちる。警務局に戻ったジョンチュルは、拷問されてボロボロになったゲスンと再会し、ヒガシから口を割らせろと拷問を強要される。

潜伏している義烈団が次々と逮捕されていく中、久しぶりにウジンの写真館へとやってきたジョンチュル。そこでチュ・ドンソンに出会い、ウジンが身分証を欲しがっていることを告げられる。ウジンの隠れ家に身分証を届けに行くが、それは罠だった。ジョンチュルを尾行した日本警察はウジンの逮捕に成功した。

密偵の結末・ラスト(ネタバレ)

ジョンチュルは警察の目を盗み、なんとか逃亡したが、程なくして逮捕されてしまった。そして裁判が開かれる。ジョンチュルは裁判官に“全て上司の命令でやったこと。私は義烈団ではなく、日本警察として職務を全うしただけ。ウジンとは仲間でも友でもない”と証言する。

投獄されてから一ヵ月後、ゲスンは獄中で死亡。ジョンチュルは釈放されるが、その時、偶然にもゲスンの死体と遭遇し、嗚咽する。ジョンチュルは強い決意を胸に、ヒガシらが集まる晩餐会へと向かった。実はジョンチュルはウジンから爆弾を預かっていた。裁判での証言も計画的なものだった。全ては、この作戦のために。ジョンチュルは爆弾を使い、晩餐会の会場を爆破。ヒガシを含む大勢が死亡した。

ジョンチュルは次なる計画をたてた。実行役はドンソンだった。ドンソンは、チェサンにこの計画を話すと号泣していたとジョンチュルに伝えた。ジョンチュルは、“チェサンにまた会おうと伝えてくれ”とドンソンに告げると、静かに立ち去って行った。ドンソンは爆弾を持ち、その足で朝鮮総督府へと向かうのだった。

獄中のウジンは、壁に文字を掘った。壁には“義烈団 ここにあり”と刻まれていた。衰弱し、横たわるウジン。だが、その顔には笑みが浮かび、ひどく満足気な様子だった。

この記事をシェアする