8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ナラタージュ』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『ナラタージュ』の概要:高校生の工藤泉は葉山という教師に出会い、次第に恋心を募らせるようになる。自分の気持ちを伝えられぬまま卒業した泉だったが、文化祭の演劇の手伝いをお願いされ、葉山と再会することとなった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『ナラタージュ』の作品情報

ナラタージュ

製作年:2017年
上映時間:140分
ジャンル:ラブストーリー、青春
監督:行定勲
キャスト:松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳 etc

映画『ナラタージュ』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『ナラタージュ』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ×
dTV×
TELASA×
TSUTAYA TV×
ビデオマーケット×
Netflix×

※動画の配信情報は2021年5月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『ナラタージュ』の登場人物(キャスト)

工藤泉(有村架純)
葉山のことを恋い焦がれる女性。高校の頃は自殺を考えたが、葉山という支えを得て思いとどまる。葉山への思いを伝えようと考えるがなかなか実行できない。高校卒業後も一途に葉山を思い続けていた。大学卒業後は映画の配給会社に勤務。
葉山貴司(松本潤)
高校の教員。妻が精神的に不安定になり、そのせいで別居している。離婚はしていない。妻とのことで落ち込んでいた時に泉と出会い、彼女を支えることで活力を取り戻していく。
小野怜二(坂口健太郎)
演劇経験のある大学生。泉の同級生が連れてきたことで出会い、やがて泉と付き合いだす。

映画『ナラタージュ』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ナラタージュ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ナラタージュ』のあらすじ【起】

映画の配給会社に勤める工藤泉は、後輩の宮沢から持っていた古い懐中時計について聞かれた。その懐中時計には思い出があり、泉は当時のことを振り返り始めた。

泉は高校生の頃、クラスで孤立しイジメにあっていた。雨の日、屋上から飛び降りようと考えたが実行できず、ずぶ濡れで校舎を歩いていた。その時、一人の教員に声を掛けられる。葉山貴司というその教師は、演劇部に入ってみないかと彼女をスカウトしてきた。心の拠りどころが無かった泉は葉山の言葉に誘われるままに演劇部に入った。

泉は次第に葉山を一人の男性として意識するようになり、お昼休みを葉山の所で過ごすようになっていく。自分の気持ちを伝えたくなった泉は、恋文を渡そうと葉山を訪ねた。だが、葉山から過去の話を聞かされ、告白をためらってしまう。

葉山には妻がいたが、母と同居したことで精神的に不安定になり、遂には家に火を放って母を焼き殺そうと考えるまでになってしまった。妻は納屋を燃やしただけだったが、それにより二人は距離を置くこととなり、妻は東京の実家に戻って行ったのだそうだ。葉山は泉に、妻とは別れたと告げた。

卒業の日がやってきた。泉は葉山に別れを言いに来たが、その時、不意に葉山からキスをされる。しかし、その後に何があるわけでもなく、二人の関係は途絶え、泉は大学に進学していった。

映画『ナラタージュ』のあらすじ【承】

大学生になってからしばらくして泉のところに葉山から連絡が来る。演劇部の部員が少ないので文化祭の劇を手伝ってくれないかという誘いだった。泉はかつての母校に戻り、懐かしい顔ぶれと後輩たちに再会する。その場には、別の大学に進んだ友人が連れてきた小野怜二という青年もいた。演劇経験があったため、連れてこられたのだ。

葉山との久しぶりの再会に胸をざわつかせる泉。泉に対して小野も好意を持っていた。今回の劇の主役をやる高校生の柚子は明るい性格だったが、何か悩みを抱えているようだった。稽古は順調に進んで行ったが、ある日、葉山に予定ができて稽古が中止になる。

夜、葉山から電話をもらった泉が駆けつけると彼は酒に酔い、いつもと違う表情を見せていた。妻の父親から連絡を受けた葉山は、彼女の状態が回復していることを知らされ、また一緒に暮らさないかと言われていた。思いがけないことに動揺する葉山に泉は、何かできることはないかと問いかけた。

葉山の家にやってきた二人は、お互いの気持ちを正直に伝えあう。近づきたいという気持ちに泉は積極的だったが、葉山はまだためらいがあった。そのため、二人は一線を越えることもできず、狂おしい時間だけが過ぎていった。

何事も無かったように稽古が続き、やがて本番の日がやってきた。舞台は大成功したが、それは葉山との接点を失うことでもあった。寂しそうにする泉に小野は声を掛け、今から自分の実家に行こうと誘った。小野の優しさに触れた泉は、彼の気持ちを受け入れて付き合いだす。

映画『ナラタージュ』のあらすじ【転】

泉と小野は順調に関係を築いていったが三ヵ月が過ぎようとする頃、深夜に突然、葉山から電話が来た。話したくなったという葉山に、泉はためらいがちに小野と付き合っていることを告げた。それを知った葉山は謝り、もう連絡はしないと電話を切った。

後日、その電話のことを小野に尋ねられる。泉は正直に答えたが、電話があったことをすぐに言わず、内緒にしているような態度に小野は不信感と嫉妬を募らせていった。二人の間にはギクシャクした空気が流れ始める。

夜の帰り道、誰かに後を尾行されている気配を感じた泉は、怖くなって小野に電話した。だが、小野からは冷たい態度を取られてしまう。泉は高校時代に葉山に渡そうとしていた恋文を未だに大切に持っており、小野はそれに気がついて激怒していた。

夜道が怖くなった泉は自然と葉山の家の前に来てしまう。帰ってきた葉山と鉢合わせるが、バツが悪くなって早々にその場を去った。泉は恋文を破り捨て小野に謝罪すると彼の元へと戻って行った。

ある夜、再び葉山から電話があった。しかし、それは柚子が飛び降り自殺をしたという悲しい知らせを告げるものだった。柚子は一命を取り留めていたが意識不明で危険な状態だった。演劇部員と泉たちが集められ、落ち込んだ表情の葉山が状況を説明した。

その夜は一度帰ろうということになり、小野は泉を連れて自宅へと戻ったが、その時、泉は葉山の所に戻ると言いだす。小野は熱心に自分の思いを告げたが泉もまた、同じように葉山を思っていた。

泉は小野に別れを告げて葉山の元へ。柚子に何もできなかったと自分を責める葉山に泉はそっと寄り添った。柚子は知らない男に強姦されており、そのことで悩んだ末に自殺を図ったのだ。入院から三日後、柚子はそのまま帰らぬ人となった。

映画『ナラタージュ』の結末・ラスト(ネタバレ)

泉は葉山から今までのことを正直に告白される。妻に何もしてあげられなかったことを悔いていた頃に泉と出会い、泉から頼りにされるうちに次第に自分も泉に寄りかかるようになっていったのだと。

葉山は東京に行って妻と再び暮らすことを決めていた。泉は最後に葉山の家に行きたいとお願いし、そこで二人は初めて関係を持つ。葉山は父が残していったという懐中時計を取り出すと泉に渡した。翌朝、夜も明けきらぬうちにベッドから抜け出し、葉山を起こさないようにその場を去った泉だったが、電車の窓から見送る葉山の姿を見つけて号泣する。

懐中時計の針は止まったままになっていた。葉山がネジを巻いてくれたが、それが切れて以来、そのままになっていたのだ。会社で眠りこけていた泉が目を覚ますと、宮沢があることを教えてくれた。懐中時計の蓋の裏には文字が彫ってあったが、それはポルトガル語で“幸せであるように”という意味なのだと。ネジはいつの間にか宮沢によって巻き直されていた。動かなかった時計の針が時を刻み始めていく。まるで、泉の心のように。

映画『ナラタージュ』の感想・評価・レビュー

純愛を描いている映画だと思う。そのせいで現実感が少し乏しく、ファンタジーのような印象が強い。誰もが一度は憧れそうな関係が時間をかけて描かれているが、感情に訴えてくるものは弱い感じがした。同じような経験がある人ならば共感を生むだろう。モヤモヤした感情を表現するにはある程度の時間が必要だが、浮き沈みの少ない中で2時間越えの上映時間はさすがに長すぎた。登場人物は皆、子供っぽい純粋な感情で動いており、ある意味では観る者のピュアさが試されているのかもしれない。(MIHOシネマ編集部)


何回も観てようやくわかる作品であった。純愛を描かれている作品で、それぞれの登場人物の切ない表情は胸を苦しめるものだ。フィルムの中の話、と割り切れなくなったりするようなリアリティはなんだろうか。どこか実話のような要素を感じたりもする。原作も良かったが、この作品もなかなかキャストが適役だったこともあり良かった。松本潤がキラキラしていないこのような役柄というのも少し珍しく感じたが適役で流石であった。
雨が降る日はふと思い出してしまう。(女性 20代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラブストーリー映画青春映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました