映画『ノクターナル・アニマルズ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ノクターナル・アニマルズ」のネタバレあらすじ結末と感想

ノクターナル・アニマルズの概要:離婚した夫が自分を捨てた元妻に自筆の小説を送って復讐を図るサスペンス映画。小説世界が劇中劇として展開する入れ子構造になっている。ファッションデザイナーとして知られるトム・フォードの監督第2作。

ノクターナル・アニマルズの作品情報

ノクターナル・アニマルズ

製作年:2016年
上映時間:116分
ジャンル:サスペンス、ミステリー、ヒューマンドラマ
監督:トム・フォード
キャスト:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン etc

ノクターナル・アニマルズを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『ノクターナル・アニマルズ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ノクターナル・アニマルズの登場人物(キャスト)

スーザン・モロー(エイミー・アダムス)
若くしてエドワードと結婚する。しかしエドワードが小説家として花開かなかったことで愛想を尽かして離婚し、裕福な現在の夫を選ぶ。
トニー・ヘイスティングス / エドワード・シェフィールド(ジェイク・ギレンホール)
エドワードは小説家を志しており、スーザンと結婚したが捨てられてしまう。トニーはエドワードの小説の主人公で、旅行中に妻子を殺されてしまう。
ボビー・アンディーズ(マイケル・シャノン)
エドワードの小説の登場人物。トニーの妻子殺人事件の捜査を担当する。肺癌を患い余命幾ばくもない。
レイ・マーカス(アーロン・テイラー=ジョンソン)
エドワードの小説の登場人物。数々の悪事に手を染めており、トニーの妻子を誘拐して殺害する。

ノクターナル・アニマルズのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ノクターナル・アニマルズ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ノクターナル・アニマルズのあらすじ【起】

アートギャラリーでの展示会を終えたスーザンが豪邸に帰ってくる。翌朝、小包が届けられる。中身は前夫のエドワードが書いた小説の草稿だった。スーザンは夫とビーチで週末を過ごそうと提案するが、夫は仕事が忙しいからと断る。スーザンは結婚生活がうまく行っていないと感じており、夫がギャラリーに見に来てくれなかったことへの不満を口にする。夜に友人らを招いてディナーパーティーを開くが、夫は途中で出張に出てしまう。パーティーの後、スーザンはエドワードの小説を読み始める。タイトルは「夜の獣たち」で、本はスーザンに捧げられていた。

トニーは荷造りをして妻と娘と共に車で遠出する。トニーは夜通し運転を続け、途中で道を塞いで走行している車に遭遇する。トニーはクラクションを鳴らして相手に道を譲らせた。しかし、今度は相手がトニーのことを煽ってきて乱暴な運転を繰り返す。その弾みでトニーは相手の車に追突してしまうが、そのまま逃げようとする。すると、相手の車が横からぶつかってきてトニーの車を強制的に路肩に止めさせる。車からレイと仲間たちが降りてきて、トニー達に絡みだす。レイはトニーに近くの町まで一緒に移動して事故を通報するように要求する。そして隙を突いてトニーの妻と娘が乗った車を奪って走り去ってしまう。

ノクターナル・アニマルズのあらすじ【承】

スーザンは途中で本を読むのを止め、頭を抱え込む。スーザンは夫に電話をするが、夫が女性と一緒にいるのを察する。

トニーはレイの仲間と共にレイの車に乗って、レイの後を追う。途中でトレーラーの近くに止まっているトニー自動車を見かけるが、レイの仲間はそのまま車を走らせて荒れ地にトニーを置き去りにする。しばらくするとレイ達がトニーを捜しに現れるが、トニーは岩場に身を隠す。その後、トニーは荒れ地を歩いて何とか通りにまで辿り着く。そこから更に民家まで歩き警察に通報する。トニーにモーテルに泊まって警察からの知らせを待つ。車が谷間で見つかったとの連絡があり、アンディーズ警部補がトニーを迎えに来る。アンディーズはトニーに民家から荒れ地までの道を逆に辿らせる。トニーとアンディーズは荒れ地で妻と娘の裸の遺体を見付ける。

本を読んでいたスーザンはショックを受けて娘に電話を掛ける。そして結婚する前に街角でエドワードと再会して一緒に食事をした時のことを思い出す。当時エドワードは小説家を目指しており、スーザンは芸術家になることを諦めていた時期だった。

ノクターナル・アニマルズのあらすじ【転】

スーザンはエドワードと結婚しようとして母親に反対されたことを思い出す。母親は、エドワードは豊かな生活を与えてくれず、結局傷つけて終わるだけだと警告する。スーザンはエドワードに本が素晴らしく、ぜひ火曜に会いたいとメールする。

事件から1年近くが経ち、トニーはアンディーズに呼ばれて警察署にやって来る。アンディーズは容疑者の1人が捕まったことを説明し、トニーに面通しをさせる。トニーは男がレイの仲間であることを断定するが、レイの仲間は事件のことは知らないとしらばくれる。アンディーズは必ずレイも見付けると約束する。

スーザンは眠れない夜を過ごす。心配してきた同僚にエドワードから「夜の獣」と呼ばれていたことを話す。エドワードの才能を信じられず、酷い方法で別れたことを打ち明ける。スーザンは職場でもうつろに過ごすことが多くなってしまう。

レイを見付けたアンディーズはトニーをレイの元に連れて来る。トニーはレイがあの夜の犯人であることを確認する。アンディーズはレイを連行して車に乗せる。アンディーズはトニーに事件のことを話させるが、レイはしらを切り続ける。アンディーズはレイを犯行現場のトレーラーまで連れて来る。トニーは妻と娘がどんな状況で殺されたか説明するようにレイに迫る。しかしレイは黙り続け、レイを殴り倒す。

ノクターナル・アニマルズの結末・ラスト(ネタバレ)

アンディーズはトニーに連絡を取り、レイが証拠不十分で釈放されることになったと告げる。レストランでトニーと落ち合ったアンディーズは肺癌で余命が残されていないことを打ち明ける。そして法を無視しても正義を行いたいかと尋ねる。トニーは肯定する。アンディーズはレイとレイの仲間を自分の家に連行して来る。しかし、アンディーズが吐き気をもよおした隙に2人は逃走を図る。アンディーズは急いで追い掛けレイの仲間を撃ち殺す。

大学の授業で今の夫と出会ったスーザンは路上でエドワードに別れを切り出した。自分たちには将来がないと言って関係を終わらせたのだ。更に、エドワードの子を身籠もっていたスーザンは今の夫に付き添われて堕胎した。しかし、スーザンはその様子をエドワードに目撃されていた。

トニーとアンディーズは二手に分かれてレイを追う。トニーは犯行現場のトレーラーに向かい、そこでレイを見付ける。レイはトニーに向かってあの晩の犯行を認める。トニーはレイを銃で撃つが、レイに鉄棒で殴られて気を失ってしまう。目覚めたトニーの目の前に、死んだレイが横たわっていた。トレーラーの外に出たトニーは倒れるようにして自分のことを撃ち、息絶えてしまう。

エドワードからスーザンに会う時間と場所は任せると書かれたメッセージが届く。スーザンはめかし込んでレストランに出掛けるが、幾ら待ってもエドワードは現れない。

ノクターナル・アニマルズの感想・評価・レビュー

冒頭のアートギャラリーのシーンからただならぬ映画が始まる雰囲気に満ちている。そしてスーザンが小説世界に引き込まれるのと同様に、観ている側も劇中劇の展開から目が離せなくなってしまう。エドワードの甘美な復讐劇には舌を巻くばかりだ。トム・フォード監督作だけあって色彩も際立っており、目を引きつける。アーロン・テイラー=ジョンソンの鬼気迫る演技に、役者として一皮剥けたのを感じる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする